FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム


歴代プリキュアにおける変身シーンって
各シリーズそれぞれに特徴や見所があってどれも楽しいのですが、
個人的には
ハートキャッチとスイートの変身シーンが本当に素晴らしいと思います。
ただ残念ながら、ハートキャッチの場合、サンシャインの加入以降
スイートの場合、ビートの加入以降は、それ以前の
ブロッサムとマリン、メロディとリズムの二人時代の変身シーンと比べると
大分カットされ、新メンバーの方に重点が置かれた変身シーンになってしまうのが
少々残念な感じ・・・

ハートキャッチでは、キュアマリンの単独変身シーンも数える程度ですけど
何回かありました。
マリンの場合、単独変身回でないと見られない
頭グリグリシーンがあり、あの場面はホント可愛いと思いますし、
変身時のマリンのいたずらっ娘みたいな天真爛漫とした笑顔が最高に可愛く、
あのシーンだけ見ると
「歴代で最高に可愛い!」なーんて思ったりもしますけど、
実際のマリンは、シリーズでも稀有なうざかわキャラですけどね・・・
やはりプリキュアシリーズで一番最高に可愛いのは、「キュアハッピー」かな・・・??
くどいようですけど、シリーズで一番好きなキャラは「キュアドリーム」ですけどね・・・

そんな中、現役のドキドキは、変身シーンこそ歴代と比べると
結構地味という印象がありますが、
何が大好きかというと、
変身終了後のキュアハートの口上、「愛を無くした悲しい〇〇さん、このキュアハートがあなたの
ドキドキ取り戻して見せる」といって
指でハート形を作るところなのです。
このシーン、フレッシュのピーチの「ピンクのハートは愛ある印」という口上時の
指でハート形を作るシーンとうり二つなのですけど、
キュアハートの凛々しさには敵わないかなーとも思っています。




前回9/22のありすの回で
第4話以来ホント久しぶりでロゼッタの口上を言っていましたけど
少し長すぎるかも・・・
やはり口上というのは、キュアハートのように
短くかつインパクトがある方が勝ちです。

この「愛を無くした悲しい〇〇さん」ですけど、
自分自身が先日、
顧客への配慮を忘れ、自分勝手な売り込みに走った部下みたいなものに
思わず
「愛を無くした悲しい〇〇さんは、本当に残念な子だねー」と毒舌を吐いてしまいましたが、
やはり普段見ているものは、
日常的な会話の中にも、時折ボロッと出てくるものなのですね・・・

たまに日常と非日常の境界が崩壊する時があるけど、
これはその一つの典型例なのかな・・・

だけどプリキュアは大好きですけどね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/736-3353900a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |