FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、9/22の「ドキドキプリキュア」はありすお嬢様のための回でしたね。
うーん、セバスチャンが陰で大喜びしていそう・・・
序盤のお泊りに伴う「告白ターイム」では、もしも六花さんに順番が廻っていたら
どうなっていたのかな・・・?
マジで好きな人は「マナ・・・」とか本気で言っちゃいそうで怖い・・・
それにしても今シリーズのプリキュアは、
全員聡明な娘ばかりなのに、マナが一人モテモテですよね。
よく「マナハーレム状態」とか言う人が一杯いますけど、確かにそんな感じ濃厚ですよね。

でも何か最近キュアソードが影が薄い感じ・・
現役アイドルなのだからもう少しまこぴーも頑張ってほしいところ・・・
終盤の最終決戦時は、ソードが当事者としての本領を発揮するのでしょうけど
レジーナとマナにとって食われないようにして欲しい感じ・・・

でも今回のありすは、マジ可愛いしかっこよかったです。
幼い時のマナ・六花さんも可愛いけど、ありすが一番可愛い感じがしますね。
だけどありすが幼児期は病弱なんてのも何か意外な設定・・・
確か子供の頃って武道をたしなんでいたんじゃなかったっけ・・・??
ま、マナ・六花さん・ありすの現在の結束の高さは既に子供の頃に確立していたのですよね。
お屋敷内の罠とか抜け道なんてのも何か面白い・・・




でも今回のロゼッタは強かったですね。
普段の1/2の確率で簡単に破られてしまうバリアーも鉄壁な防御でしたし、
新しい技もお見事!!
普段はハートのサポートに徹するロゼッタも今回だけは別格でしたね。

何かこういうロゼッタを見てしまうと、
歴代の黄色系プリキュアの中では
フレッシュのパインと並んで、好きな黄色プリキュアになってしまいますね。
ホント、昨年の毎回じゃんけんをする黄色プリキュアとはエライ違いですよね・・・(笑)

歴代プリキュアでは、初代とかSSでは比較的父親も結構絡むシーンも多く、
特になぎさと親父ギャグばかり飛ばす父親、咲とパンとケーキの職人の父親との触れ合いなんか
印象に残るシーンも多かったのですが、
プリキュア5以降は、父親が登場するシーンは少なくなったような気もします。
妖精系プリキュアは別として、こまち・かれんさん・美希たん(もっとも離婚していますが・・)
いつき・れいか・亜久里は父親の登場シーンすらありませんからね・・・
だから今回初めてありすの父親が登場しましたけど、一話丸ごと父親がメインと言う回も
結構珍しかったような気もします。
最近ではスイートの響と団さんのエピソードくらいだったかな・・

だけどありすの母親がオペラ歌手というのも何か意外!!
というか、歴代プリキュアの母親が音楽家率の何て高いこと!!
だって他にも、かれんさん、響という例がありますからね。
かれんさんなんて、二年間で結局一度も両親は登場すらしませんでしたけどね。
だけどその代わり、坂本のじいやさんが両親不在の穴を簡単に埋めても有り余るほどの
縦横無尽の大活躍をしていましたけど・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ぬくぬく先生、はじめまして。
ご訪問、ありがとうございます。
私も時々お邪魔しています。

娘が保育園の頃、プリキュアになりたいと七夕の短冊に書いていました。まだまだシリーズは続いているのですね。

なかなか更新できないブログですが、よろしかったら相互リンクをお願いできませんか?

宜しくお願いします。

ミイコ様

私のこんなしょーもないブログに目を通していただきありがとうございます。
何か感謝感激と言う感じです。
相互リンクの件、是非宜しくお願いします。
私の方は既にリンクさせて頂きました。

プリキュアですが、いい年こいてと自分でも思っているのですが、
やはり可愛くて面白いものはたまらない・・・という感じです。
多分来年で10年目の節目という事でシリーズ終了になるとは思いますが・・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/731-28ea0b79
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |