FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


歌劇「リエンチ」は、ワーグナー初期の作品であり、
まだ「楽劇」という総合芸術の域に達していない、比較的若い頃の作品です。
どちらかというと、ウェーバーとかの影響がまだ残存していた頃の作品なのかも・・・

自分が中学で吹奏楽部に所属していた頃、
顧問の指揮者の先生が、大のワーグナーとチャイコフスキーとドビュッシーのファンであり、
必然的にクラシック作品のアレンジものを演奏する場合、
この3人の作品ばかりという感じでした。
もっともワーグナーの場合、その先生の趣味かどうかは今となっては知る由もありませんが、
吹いた曲は、

〇「パルジファル」より聖金曜日の音楽

〇ジークフリートの葬送行進曲

〇森のささやき

みたいに中学生にとっては比較的理解が難しい曲ばかりでしたし、
特に「聖金曜日の音楽」なんてのは、自分にとってはあまりに内容が難解すぎたし
曲自体も面白くもなんともないし、
正直、ワーグナーは苦手という間違った概念が当時の自分の脳みそに
すりこまれてしまいました・・・
この間違った誤解がようやく解けたのは、大学あたりで改めてワーグナーの音楽を
特にクレンペラー指揮の演奏で聴くようになってからでした・・・
せめて例えば、

〇歌劇「ローエングリン」より第三幕への前奏曲

〇楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」前奏曲

〇歌劇「タンホイザー」序曲

〇楽劇「トリスタンとイゾルデ」より愛の死

みたいな曲を最初から聴いていれば、もう少し早い段階からワーグナーに
慣れ親しんだかもしれないですよね・・・

でも、そんな中、歌劇「リエンチ」序曲だけは、何か別格でした。

曲自体、何のひねりもなくシンプルで分かり易いというせいもあったと思いますが、
その豪快さと重厚さに
当時から何かすごく惹かれるものはありました。

よくオーケストラの演奏会に行くと、
指揮者が登場する前に、オーボエが「b」の音を吹き、管楽器・弦楽器が続いてbの音を鳴らし
音合わせというかチューニングをする風景に出くわします。
自分自身も現役時代は、
「チューナー」という音合わせマシーンで音の高低を調整しましたけど、
夏の暑い日なんかおのずからピッチは上がってしまいますし、
基準音=440に合わせるのは結構大変でしたね・・・

リエンチ序曲は、トランペットの一音伸ばしという特殊な形でのソロから開始されますが、
その音が「b」であり、まさにチューニングの音であり、
自分たちは、この序曲の事を影では「チューニング序曲」と呼んでいました・・・

前半は非常にゆったりとした重厚な音楽が展開されていき、
大体4分が経過した頃で、急に小太鼓のロール音がこだまします。
そこから急に曲が俄然盛り上がっていき、
快活なアレグロへと進展していきます。
またこの序曲は、当時としては打楽器が珍しく多彩に使用され、
ティンバニーの他に、小太鼓・大太鼓・シンバル・トライアングルと結構華があったりもします。

曲自体、何の小細工もなく
「一直線」みたいな感じで堂々と終わります。

一時期、自分自身もワーグナーに凝った時期があり、
「指環」四部作はとても見に行けないとしても、その中の「神々の黄昏」の演奏会形式を
聴きに行ったりとか、
歌劇「ローエングリン」の四枚組CDを購入したりとか
していました。
結果論になりますが、そのきっかけを作ってくれたのは
やはり歌劇「リエンチ」序曲なのかもしれません。

蛇足ですが、ギネスにも認定されている通り、
世界最長オペラは、言うまでもなく「指環」四部作ですが、
一晩で演奏可能な単発もの最長オペラは、
実は楽劇「ニュールンベルクのマイスタージンガー」です。
この前奏曲、一度でいいから吹いてみたかったな・・・
そしてあの陶酔感に浸りたかったな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

おはようございます

おはようございます、★赤影★です。
「マイスタージンガー」の前奏曲は私も好きです。
子供の頃、多分始めてまともにワーグナーを聞いたのが
マイスタージンガーだったと思います。
重厚で迫力のあるサウンドに、ちょっと夢中になったのを
思い出します。
リエンチはCDでしか聞いたことが無いので、一度舞台を
観てみたいと思っています。
しかし、この長大なオペラを日本で上演することは、きっと
ないのでしょうね・・。
序曲は、例のクレンペラーで何度も聞きました。(^^)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/724-d257f859
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |