FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「絵のような風景」・「アルザスの風景」とくると
次に来るのは、「劇的風景」(管弦楽組曲第三番)なのかな・・・?

だけどこの辺りに来るとさすがに「マイナー」・「知る人ぞ知る曲」という
感じになってしまいそうですね・・・(笑)
勿論自分自身も残念ながら、劇的風景は生で聴いたことはありません。
編曲ものですけど、全日本吹奏楽コンクール・1982年東北大会にて
青森山田高校の素晴らしい演奏を聴いたのが、この曲の唯一の生演奏体験です。
ちなみに青森山田は、前年度は「アルザスの風景」を取り上げています。

「劇的風景」は、実在する場所の風景を描いた作品ではありません。
シェークスピアの戯曲の中の作品をマスネーの心の中でイメージして作曲されたのが
この組曲なのです。
だからどちらかというと、「絵のような風景」のようにバレエ音楽みたいな美しさとか
「アルザスの風景」みたいな日常的光景を描いた作品と少し異なり、
心理的要素が強いせいか、
上記の二曲の組曲と異なり、心理的葛藤・ドラマのような要素が
強い感じがします。

曲は以下の三つの楽章から構成されています。

Ⅰ.前奏曲とディヴェルティスマン

Ⅱ.メロドラマ

Ⅲフィナーレの情景

Ⅰは、「あらし」から着想を得られているとの事ですが、「あらし」は読んだことがないもので
今一つピンときません。
クライマックスに向けて徐々に盛り上がっていきます。
Ⅱは、シェークスピア四代悲劇の一つ「オセロ」からのシーンです。
副題は、「デスデモーナの眠り」ですが、
副官イアーゴの告げ口を信じ、嫉妬心に狂ったオセロが愛する妻、デスデモーナを殺した後の
後悔を描いたかのような心理的葛藤の感じられる音楽です。
Ⅲは同じく四代悲劇の一つ「マクベス」から着想を得ていますが、
「マクベス」は、妻の余計なアドバイスもありましたけど
魔女からの妙な予言で「自分こそが支配者」と勘違いをしてしまった悲劇なのですけど
その魔女からひらめきを感じたのでしょうね。
甘美な音楽の作曲者、マスネーとは思えないほど
部分的にグロテスクなシーンが聴かれます。
前半のドラがゴーンと派手に鳴る部分も印象的です。

どこかのオケで、こうしたマスネーの管弦楽組曲を演奏してくれないかな・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/717-3554e9c6
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |