FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


戦う目的

9/8の「ドキドキプリキュア」は、9/1同様に文字通りドキドキさせられる感じでした。
こうした新しいアイテムとかストーリーの展開があったりすると
「あー、今年のプリキュアも何か中盤モードに入ってきたな」と感じてしまいます。

余談ですが、
今年の「ドキドキ」は一番ラストシーンとか次回予告で
「えー、マジかよー」という展開が多々あり、毎回ドキドキさせられるものがあるのですけど
今回もその典型例ですよね・・・
突っ込みどころとしては、ダビィは人間体でいる時は車の運転も出来るのですよね。
これはもしかして、歴代プリキュアの中でも
「一番使える妖精」なのかもしれません・・・
プリキュアシリーズの妖精達は、大半が「役立たず妖精」が多い中、この有能さは
ホント貴重だと思います。
前半で、セリフはなかったものの早乙女純君とか京田さんが登場したのは、何かなつかしかったです。





以前から「ドキドキ」に関して一つ気になっていた事がありました。
それは何かと言うと、「戦う目的」です。
初代からプリキュア5まではどちらかと言うと勧善懲悪的要素が強く、
フレッシュからスマイルまでは、
戦う動機として「皆の笑顔を守る」という事がメインテーマになっていました。
勿論、現役のドキドキにもこうした「皆の普通の生活を守りたい」という意識があるのは
言うまでもありませんが、
元々は、キュアソードの故郷である「トランプ王国」を復活させたいという強い思いが
ドキドキの原点なのです。
だけど改めて考えてみると、
真琴は、その当事者
反面、マナ・六花さん・ありすは別にトランプ王国とは何の利害関係を持たない全くの
善意の第三者
亜久里は、4人とは元々接点がなく、マナ達登場以前より一人でジコチューと戦い続け、
「地球を守る」という抽象的な動機から戦っていた側面があります。
この辺りの5人の意識のズレを完全に払拭させたのが
今回のテーマであり、
今後の「ドキドキ」を占う面でも、その方向性を示唆した重要な回であるような
気がします。
マナ達が三種の神器の一つである鏡を破壊され、街の人達全員がジコチューとして支配されそうに
なったその瞬間に
真琴の気持ち、
1.自分の故郷が滅ばされて故郷を失うという事がどういう事を意味するのか
2.愛する家族や友人を全て失うというのはどんな感覚なのか
という事を当事者として意識させられたというのが
今回のミソなのだと思います。

ま、だけど何よりもマナが一度大泣きした次の瞬間に
「あー、泣いた泣いた。これでスッキリした。ここから次の戦いが始まるよ」という
強い気持ち、決して折れない強い心は、
まさに歴代プリキュアの中でものぞみクラスの「強いハート」の持ち主という事を
立証してくれましたけどね。

だけどもう一つ解消されない問題があります。
それは、「キュアエース」の問題。
勿論、「5分間しかキュアエースの存在を維持できない」という表面的な問題ではなくて、
むしろ亜久里の「内面」の問題・・・
亜久里は小学生なのだけど
「強くなりたい」という強い思いから、自己をあんな大人の「キュアエース」として覚醒させて
いるのですが、
果たしてそれが「自然体」と言えるのか?
何か己に無理をさせているのではないのか?
という問題もあるのかと思うのです。

この問題を解決させる方向性は、
1.マナ達4人のプリキュアを鍛え上げた亜久里自身が更なる成長を遂げる
2.そんなに無理しないで、小学生としての自然体として何か出来ることはないのかという模索
という点があるのかなと思っています。
2の場合は、大人のプリキュアではなくて、小学生のプリキュアとして幼い容姿で戦いに
望むという事になると思いますが、この場合5分間問題は簡単にクリアできるメリットは
あります。

果たして「ドキドキ」はどういう方向性でいくのかな・・・

そして、

イラりつというイーラと六花さんの最終対決(?)を経て
最終的に「爆弾要素」となっているレジーナの問題に進んでいくのかな・・・??

どちらにしても目が離せない展開になりそうです。

初代プリキュア【無印】最終決戦時において、
ベルゼイ・ジュナ・レギーネといった3幹部は最終的に自己保身からジャアクキングに刃向い戦いを
挑んだという実績はあるのですが、
ドキドキのベールには、そうした野望$度胸はあるのか・・・
もしかして、ベールによってキングジコチューに危機が迫り、
それが何か「レジーナ」にも変化をもたらすのか・・・

やはり「ドキドキ」というかプリキュアシリーズはたまらないです・・・・・!!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

こんにちは

個人的には、レジーナは実は洗脳された「1万年前のプリキュア」のひとりで、「王冠」をかぶって記憶の全てを取り戻しプリキュアたちと共闘してキングジコチューを倒す、という展開だったら全部丸く収まっていいのになあ、と思っています。

その中途段階で三種の神器である鏡にレジーナの姿が映り、「なぜレジーナのかわりにプリキュアが映っているの?」などというシーンがあったらさらに燃えるのになあ、などと妄想をふくらませています。

マジで……(-- )

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/707-dc778980
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |