FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


兼田敏というと、どうしても「シンフォニックバンドのためのパッサカリア」が
圧倒的に有名ですし、いまだに全国大会でも演奏される人気曲ですけど、
個人的には、知る人ぞ知る曲という感じなのですけど
「シンフォニックバンドのための交響的音頭」という曲にも惹かれます。

交響的音頭は、人によっては「和製ボレロ」と言われることもあります。
それは何か分かる気がします。
「ボレロ」はラヴェル作曲の大変メジャーな曲で、
曲の開始から小太鼓が一定のリズムを最後まで叩き、
メロディーは終始変わらないものの、ソロ楽器を変えることで曲に変化を付けて
延々15分程度繰り返していくという曲です。
(ラスト3分前あたりから小太鼓がもう一台追加され、二台で叩き、
 ラスト1分前辺りでティンパニーが変調した所から、メロディーラインに初めて変化を
 つけるという構成も面白いです)

「交響的音頭」はボレロと同じように終始打楽器が一定のリズムを叩き、
(ボレロのように小太鼓だけというのではなくて、ティンパニー・小太鼓・大太鼓・シンバルの
 打楽器セクションという事がボレロとの大きな相違点かな・・・)
そのリズムに乗っかる形で
様々な管楽器の組合せが、大体同じような素朴なメロディーを延々と8分近くつないでいくという
感じです。
だけど、この曲誰もが感じると思うのですけど
一言で言うと、「非常に泥臭い曲!!」です。
悪く言うと、「何の突っ込みもボケもなく、淡々と鄙びた旋律を打楽器の一定のリズムに乗っけた
何のオチもない曲」とも言えます。
だけど、この鄙びた感覚、素朴な村祭りの行列みたいな感覚は、
正直西洋の方の感覚では理解しにくいものがあるかもしれません。
何か日本人だから「何となく理解できる・・・」みたいな感覚の曲なのかも
しれません。

ラヴェルの「ボレロ」にヒントを得た曲として
ショスタコーヴイッチの交響曲第7番「レニングラード」第一楽章があけられますけど、
確かにこの曲は、小太鼓の一定のリズムの上に乗っかって
フルート・クラリネット・オーボエ・ファゴット・弦楽などの楽器がソロとして曲想を
展開していきます。
だけどショスタコの場合、確かにリズムは一定なのだけど、リズムセクション・メロディーラインは
手を変え品を変えという風に色々と変化を付けていて、それが非常に目まぐるしい印象を
与えます。
一方「交響的音頭」の場合、そうした「変化」の要素はほぼ皆無・・・
ひたすら素朴に執拗に同じようなメロディーを延々と語り継いでいきます。
この曲のリズムの要であるチューバの「ボン・ボン」という素朴な後打ちも
そうした印象を一層引き立てます。

全体的にすごーーーい単調な曲でモノトーンな感覚なのだけど
一度耳に入るとストーンと脳みそにしみこむという感じの曲でも
あります。

いや、こんな素朴過ぎる曲は今では奏者にも嫌がれるかもしれませんよね。

吹奏楽コンクールでは、全国大会で演奏されたのは
1984年の金津中学校の一団体のみ・・・
だけど、この演奏、
「単調な曲を何の工夫もなく吹いてしまうと、ホントにつまらなくなってしまう」を見事に
証明した「残念な演奏」になっています・・・
金津中は、他の兼田敏の作品(パッサカリア・序曲)とかチャンスの「朝鮮民謡の主題による変奏曲」は
いい感じの演奏なのに、
やはり単調過ぎたのが敗因かな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/701-59b55aa0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |