FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


以前少し触れたことがありますけど
現在テレビ東京にて日曜25:35から再放送されている「絶対防衛レヴィアタン」が
結構好きです。
再放送ですので、既にストーリーや感動的な最終回は既に分かってはいるものの
何かしても素朴なもの、分かり易さ・明快さがあるので
再放送も毎回とても楽しみにしています。





こうした魔法少女系は、個人的にはあまり毒的要素は持って欲しくないようにも感じます。
だからこそ、「レヴィアタン」は、複雑なストーリー・複雑な人間関係の交錯・
「実は主人公にはこんな秘密があったのだ・・」みたいな大どんでん返しはありませんし
魔法少女系のバトルにありがちな派手な戦闘シーンはほぼ皆無です。
実に素朴な構成ですので
かえってしっくりくるのかもしれません。
絵柄がほのぼの系で実に可愛いのです。
設定上、主人公の水使い・レヴィアタンは、「笑顔を忘れた」・「滅多に笑わないけど
心の中で爆笑している事もある」という事らしいのですけど
アニメの中では、頻繁に仲間と笑っていますし、その笑顔が実に魅力的でいいと思います。
バハムートの「ぼくっ娘」要素も、ヨルムンガンドの牛丼好き怪力も
何か楽しくていいですね。

こうした魔法少女系に付き物なのは
パートナーの妖精ですけど、
「レヴィアタン」のシロップにせよ、
例えば「プリキュア5」のココにしても
純粋に「自分たちの国を守ろう、復活させたい」という気持ちから
魔法少女として言わば「スカウト」(?)したみたいな要素もあるのですけど
例えば「まどか・マギカ」の場合、
プリキュア5で「ココ」に相当するのが「きゅうべえ」なのですが、
きゅうべえの場合、純粋な要素は皆無で
相当邪悪な要素を秘めていて、なぜまぎか・さやか達を魔法少女として仕立て上げようとしたかと言うと
そこには恐るべき計画があった・・・という感じでした・・・
正直、「まどか マギカ」を初めて見た時、その表面的な絵柄の可愛さ・ほのぼのさとは対照的に
その残酷な悲劇さに
何か言葉を失ってしまい、
世間の評価とは別に、何かこの作品は苦手な部類です・・・

その点、プリキュアシリーズは、そうした残酷性がないから
安心して見ていられます。
私、個人的には「安心して見られるもの」の方が好きなのかもしれません。
映画「プリキュアオールスター NS1」は、
「何か守りたいものがあるならば、女の子は誰でもプリキュアになれる」という事をテーマに
したものですが、
現実世界では、この「プリキュア」を「強い意志・新年を持ち、それが揺るがない子」という言葉に
置き換えてもいいのかもしれませんよね。

だけど、そうなると、プリキュア5で、
当初、妖精の蝶からプリキュアとして覚醒する事を拒否されたかれんさんの
立場はどうなってしまうのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/696-90dc0d29
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |