FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


チルノ時計


リードミス

自分の場合、通算すると
クラリネット奏者歴9年 アルトサックス奏者歴1年という事になります。
結局走者としては10年足らずだったのですね・・・
だからあまり偉そうな事は書けないのかも・・・(笑)

どちらかというと、夢を見るタイプです。
しかも、その日または過去に起きた事を「そのまんま振り返る」というパターンが多くて
時に生々しくて困ったものです。
以前にも書いたことがありますが、
夢の中で、なぜか山中の神社の境内を昇っていると、なぜか航空機がその山に向かって墜落していき
航空機の中の搭乗客と境内を昇っている自分の目と目がなぜか合い、
助けを求めるようにこちらをじっと見つめてくるという
過去の出来事ではない夢をなぜか何回かに渡って同じ夢を見るとという事も
たまにあったりします・・・
一体あれは何を意味しているのでしょう・・・??

それはいいのですが、
いまだに吹奏楽コンクールで一度やってしまった「演奏中のリードミス」の夢を
いまだに見ることがあります・・・
これは紛れもない事実なので、この夢を見るといまだに当時の
「やっちまったー」という感触が蘇ります。

木管楽器は、フルート以外は基本的にはマウスピースの先端にリードというものを
装着し、これを振動させて音を鳴らすのですけど、
ファゴット・オーボエみたいなダブルリード楽器は、自分の経験上
あまりリードミスはないような気がします。
但しダブルリードの方たちは年がら年中リードを削って調整しているというような印象が
あります。
クラリネットやサックスみたいな一枚のリードを使用する楽器は
結構リードミスを起こしてしまいます。
コンクールや演奏会でたまーに
「キーーーッ」というつんざく悲鳴みたいな絶叫音をたまに耳にすることがありますが
あれはほとんどの場合、クラリネットやエスクラのリードミスですね。
自分自身クラリネットとサックスを吹いた経験からいうと、
サックスはほとんどリードミスはないような気がします。
やはりどうしてもクラリネットにリードミスは付き物なのかもしれませんよね。

高校二年の仙台地区予選で、プログラム一番というか朝一番の出演順で
何か頭が目覚めていなかったせいなのかもしれませんし、
調子が悪かったのかもしれませんが、
普段の練習では全然ミスをしなかった箇所で、しかも比較的静かな場面で
「キーーーッ」とやってしまい、
本番中とはいえ、かなり動揺し
「やばい・・・」と瞬間的に頭が真っ白になったものです。
幸い、自分以外のメンバーは普段通りの演奏で、地区予選も無事通過したのですが、
自分一人だけ何かおいてきぼりを食らったかのような気持ちでした。
幸い県大会は、無事にノーミスで終えることがてきましたが、
今度は同学年の奴がまたまた本番中に「キーーーッ」とやってしまい、
思わず苦笑いしたものです・・・

そうした記憶が、あれから既に30年近く経過しているのに
「夢」となっていまだに幽霊のように現れるのかもしれませんよね。

だけど、全国大会でもクラリネットのリードミスは聴きますよね。
印象的な所では、
1982年の尼崎西高校のスペイン奇想曲のクラリネットの壮絶なリードミスかな・・・
ちなみにバスクラもたまにリードミスをすることもあり、
1977年の駒沢大学すらも
自由曲/「春の祭典」の後半で、バスクラがソロをしくじり
壮絶なリードミスをやってくれています・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/693-cc16784b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |