FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
20位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「スペイン奇想曲」と言っても別に南欧系の方が作曲したものではありません。
さむーい北方のロシアの当時「ロシア5人組」として一世を風靡したリムスキー=コルサコフの
作曲によるものです。
やはり寒い国の方にとっては南欧の「太陽サンサン」の暖かい気候は何か一つのあこがれだったのかも
しれませんよね。
同時代のロシアの作曲家、チャイコフスキーも
交響曲第四番を作曲していた頃は、押しかけ女房の元・教え子の一方的な愛に困り果てて
離婚の末、「逃避行」みたいな形で
イタリアに傷心旅行に行ったそうです。
そこで交響曲第四番の終楽章を書き上げたとの事ですが、
ロシアで第一~第三楽章を書き上げた頃は、離婚を巡るドロドロの愛憎劇に巻き込まれ
特に第二楽章の陰鬱で哀愁溢れる曲を書いていたのに
第四楽章では、南欧のイタリアの太陽サンサンの力で蘇ったせいなのかは
よく分かりませんけど、楽天的でパワー炸裂の
歓喜のフィナーレを仕上げたものです。
最初にこの交響曲を聴いた時、前半の第二楽章までの陰鬱な世界と
ピッチカートの不思議な第三楽章、そして歓喜のフィナーレのギャップに
「なんだこのテンションの違いは・・・」と戸惑ったものですが、
作曲者の当時の心境を考えるとうなずけるものがあります。

話がそれてしまいました・・・

リムスキー=コルサコフは海軍に在籍した事もあり、恐らくは南欧の太陽サンサンの気候はきっと
分かっていたのでしょう。
だからこそ、寒い国人の感性から書き上げた「スペイン奇想曲」という素晴らしい名曲を
残せたのかもしれません。
スペイン系のアルベニスとかファリアだったら、カスタネットにフラメンコに闘牛みたいなイメージで
リズム感溢れる「スペイン奇想曲」になっていたかもしれませんけど、
ロシアのリムスキーが半分イメージで作曲した曲だからこそ
南欧の独特の開放感とロシアのファンタジーが融合した曲が出来たのかも
しれませんよね。

リムスキー=コルサコフは、このスペイン奇想曲を書いた頃、作曲家としての一つの頂点を
極めています。
スペイン奇想曲の次の作品が「シェエラザード」、その次が「ロシアの復活祭」ですので
丁度脂が乗りきっていた時代だったのでしょう。
スペイン~シェエラザード~ロシアの復活祭で共通しているのは、
ヴァイオリンを部分的に協奏曲風に扱い、ヴァイオリンソロを大胆に活用している事だと
思います。
スペイン奇想曲は、第一曲と第三曲はほぼ同じメロディーと構成なのですけど
ソロ楽器に関しては、第一曲はクラリネット 第三曲はヴァイオリンと楽器を変えることで
曲想にも変化を付けています。
(厳密にいうと、第一曲は静かに閉じられるけど、第三曲は派手なffで終わる)
第四曲では、前半はソロ楽器の競演と言うか、トランペット・ヴァイオリン・クラリネット・ハープ・
オーボエが大活躍します。
そしてハープの夢見るようなファンタジー感溢れるソロも聴きどころの一つ・・・!!
第五曲は、カスタネットのリズムの刻みが「あー、やっぱり南欧の曲はこうでないと・・・」と
思わず感じてしまうほど、リズムの躍動感が素晴らしいし、ラストのコーダも
グイグイ奏者を煽りながら、曲をクライマックスに向けて燃え立つように突進していきます。

全体的に14~15分程度の曲なのですけど
ソロ楽器の活躍あり、第二曲のように退屈な部分もあったり、
第三から第五曲の楽しいリズム感などと
聴きどころ満載の曲です。

お勧めは、何といっても
オーマンディー指揮のフィラデルフィア管弦楽団がいいと思います。

個人的には、この曲は高校三年の時に吹奏楽部時代の高校三年時の最後の定期演奏会の曲の
一つでもあり、
懐かしい曲でもあります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/688-37408474
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |