FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


「スマイルプリキュア」は昨年一年間ずっと見ていましたけど、
実は第一話と第二話だけ録画していなかったので
改めてレンタルしてきて、見てみました。
いやー、やっぱり面白いですよね。というかハッピーはウルトラ級に可愛い・・・!!!




デザイナーが同じであるため、よくスマイルプリキュアはプリキュア5と比較されることが
多いと思いますが、
第一話というか、主人公(ピンク系プリキュア)の登場に当たっては、
プリキュア5よりはむしろ「ハートキャッチ」に似ているなーと改めて感じました。

例えば・・・

〇転校生の初日という設定

〇妖精との初めての出会いが、いきなり頭上に激突する場面

〇転校時のクラスでの挨拶で緊張してしまう。結果的に後日二番目にプリキュアに
 なってしまう人物に、自己紹介を妨害(?)させられる

〇初めてプリキュアに変身した際、パワーの使い方が最初は分からず
 敵から逃亡してしまう

〇周囲を気にしないで、自分自身に気合の言葉をかけてしまい、周囲から失笑される

だけどつぼみとの決定的な違いは、自己紹介も結局は無難に乗り切り
みゆきはいかにもみゆきらしい挨拶をし、
プリキュアとしての初戦闘も多少の気合の空回りはあったものの
何とか敵を撃破してしまうという事でしようかね。
ま、その辺りがつぼみは、初登場時における史上最弱のプリキュアと呼ばれる
所以なのでしょうけどね・・・

それにしても1クラス30人程度なのに、そこに結局は5人のプリキュアがいたなんて
何てプリキュア率の高いクラスなんだ・・・(笑)
今にして思うと・・・の話になるのですけど、
みゆきがキャンディーとの出会いの直前のシーン(道路の曲がり角)は
最終回のラストシーンと同じであり、
物語の連続性を示唆するものであり、何か面白いものを感じます。

第一話の面白さというと色々あると思いますけど
第一話でのプリキュアとしての初変身時の口上と名乗りをあげるセリフの喋り方・アクセントの置き方・
間合いなんかは、中盤以降声優さんが慣れてきた頃と比較すると、結構違った印象もあり
そのあたりも興味深いと思います。
サニー役の方は声優初挑戦という事で、初期の頃は結構棒読み状態だったんですね・・・(笑)
ハッピーも第一話は、随分と長い間の取り方をしていました。

ハッピーの第一話での可愛さ、そして同時にアホっぷりも決して先輩の「夢原のぞみ」に
勝るとも劣らないものがあると思います。
特にあの気合の空回りの弾けっぷりは面白すぎる・・・
だけど第二話と第三話で既に自身の必殺技である「ハッピーシャワー」を外してしまう所は
いかにもハッピーらしいお話・・・
何て言うか、現役の「ドキドキ」の相田マナと比較してしまうと、マナの異常な優秀さ・聡明さが
際立っているところが面白いし、
逆にみゆきのアホさが全開なのが非常に興味深いです。

話は変わりますが、
DVD第一巻って特典がてんこ盛りなんですね。
例えば、キュアピースとじゃんけん対決ができるおまけがあったり
(毎回ピースばかり出すとなめてかかるとエライ目に合う・・・)
エンディングはスマイルの場合、毎回出だしの登場人物のパフォーマンスが異なるためなのか
一巻の場合、ハッピー・サニー・ピース各々のノンテロップエンディングが収録されているのが
中々気の利いた特典だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

そのシリーズによって 以前のどれに近いかわかりますよね^^
お褒めいただきうれしかったです!!!!
頑張れます!!ありがとうございます!!!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/675-0fcbd6df
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |