プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
62位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
10位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


最近、コンクールでもコンサートでも田中賢の名前を聴く機会が全然減ってきたように
思えます。
思えば1988年のヤマハ浜松の「メトセラⅡ」の初演以降、1990年代前半においては
「田中賢」と言えば邦人作品の中では人気No.1という時期もありましたけど、
何か最近は飽きられたせいか、とんとご無沙汰という感じですよね・・・

田中賢というと、やはり

〇メトセラⅡ

〇南の空のトーテムポールⅡ~リラ

〇紅炎の鳥

がやはり人気三部作なのかな・・・

他にもヤマハ浜松がコンクールで、エオリアとか始原Ⅰ~大地の踊り
なんて曲を演奏していますけど、
正直「こんな曲の何が面白いの・・・??」というのが率直な感想です。

個人的な見解としては、メトセラとか紅炎の鳥は、確かに初めて聴く時のインパクトは
凄まじいけど、何か打楽器等の特殊楽器の外面的効果に頼り過ぎて
内面からの感性とか内面からの感動には
少々欠けるような気もします・・・
だけどそれでも「南の空のトーテムポール」は構成的にも感覚的にも効果的にも
大変優れた曲だと思います。

そんな中、知名度は今一つですし、田中賢にしては何か地味な曲ですけど、
「華~吹奏楽のために」という曲は
結構好きな曲です。
出だしはゆったりゆったりと開始され、
前半ゆっくり、後半快速的アレグロという感じの曲です。
田中賢にしては珍しく、打楽器の使用が少なく、
ティンパニー・大太鼓2台・シンバル・ドラ・シロフォーン程度の使用にとどまっています。
そのため非常に地味でシンプルな曲に一見聴こえてしまいますけど、
静と動の対比、緩急の使い分けという点において
まさに「シンプル イズ ベスト」を証明したような作品であり、
印象としては、「紅炎の鳥」みたいな外見的効果のみの曲に比べて確かに地味だけど
音楽的内容は数段上という印象があります。

前半のゆったりとした部分で大太鼓を2台使用して、ドスンという音を使い分けているのが
何か面白いと思います。

この曲は、全国大会では90年の関東一高が演奏しただけです。
というか、自分自身はこの曲は関東一高と
山梨県大会の1991年の上野原高校の演奏しか聴いたことがありません。
(現在ではすっかり埋没した曲ですね・・・)
でも関東一高は素晴らしい演奏を聴かせてくれ、この曲の良さを後世に残してくれたと
思います。
この年まで関東一高は、1987年から89年まで三年連続、全国大会で銅賞・・・
選曲もロメジュリ・ガイーヌ・スパルタカスとロシア系アレンジ路線ばかりで、
演奏も男子高校にしては線がか細く、繊細すぎて豪快さに欠けるもので、
正直、1989年までの関東一高は「下手くそ・無個性」という印象しかありませんでした・・・
(84年のチャンスの二番と85年のバストラーレは、中々良い演奏だとは思います・・)
だけど1990年の「華」の演奏をきっかけに何かが変わったような気がします。
事実、関東一高は、初出場以来7年目のこの年、初めて演奏終了後のブラボーコールを
受けていました。
この年の関東一高は実に伸び伸びとした演奏で、静と動の対比も見事だったし
前半の歌い方も素晴らしかった・・
音楽に自発性が感じられ、とても新鮮な感じがしたものでした。
そして、翌年の「トッカータとフーガ」で内面的世界を掘り下げ、
93~95年の三年連続全国での金賞に繋がっていきます。
何か関東一高が化けたのは、この年の「華」が何かチェンジするきっかけになったような気も
いたします。

中学のB部門あたりなら、技術的にも編成的にも無理がないこの曲は
何かお勧めのような気もします。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

華~、いいですよね。
関東第一が新たな一歩を踏み出したと感じた曲でした。
ただ、田中賢作品では私は「南の空のトーテムポール」しか認められません(笑)
それもヤマハ浜松が1986年に演奏したあの演奏しか。
いまでもたまに聞きますよ。カセットテープで(笑)
あの夜が明けていく漢字と打楽器アンサンブルのところがゾクゾクします。

まったく 様


華~吹奏楽のために という曲はもう少し他でも演奏されるのかな・・?と思っていたらあんまりブレイクしませんでした・・
だけど私としては「隠れた法人作品の名曲」という感じで、
関東第一のあの素敵な演奏を今でも一人楽しまさせて頂いております・・(笑)
あの曲は関東第一の普門館での演奏を見てみると、前半部分の打楽器は大太鼓とドラに各2名ずつ配置させているのですけど
弱奏での中での打楽器のズシーンという低音がかなり印象に残っています。

「南の空のトーテムポール」も中盤のクラリネットアンサンブルが素敵ですね!
あの部分から後半の打楽器アンサンブルは圧巻でした!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/667-f1b5d1a9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |