FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1980年

1980年は、何か不思議な年でした。

当時は中学三年生で、高校受験を控え、何かピリピリしたものは常に感じていた
日々だったと思います。
当時は、吹奏楽部に所属し、この頃はクラリネットからアルトサックスに
コンバートされ、アルトサックスがクラリネットと比べると簡単に音が出せ、
指遣いもそれ程難しくなく、ビブラートも簡単にかけられるので、
音楽というものを初めて楽しむ事が出来た時期でもありました。
(その前は、クラリネットが吹くのが大変だったし面倒だったし、顧問の先生は
 ギャーギャー煩いし、上級生はうざいし・・・本当に音楽が嫌になる寸前の
 状況でした・・・)

受験は不安だけど、音楽を初めて楽しめたという妙なギャップの時期でした。

この年の課題曲はC(北海の大漁歌)、自由曲はエリクソンの序曲「祝典」でした。

課題曲に四小節ほどソロもあったりしたのですが、両曲共にアルトサックスにとっては
それ程難しい曲ではなく、練習中もサックスパートは指揮者の先生からクラリネット時代ほどは
責められず、周囲のパートがギャースカギャースカ責めたてられている時は、
余裕をもって他人の振りをして眺めていたものでした・・・

でもこの年は、冷夏で夏は前々暑くなかったし、当時の大平総理が急死したり、
王貞治選手や山口百恵が引退したり、ピンクレディーが解散を予告したり、
何か時代が変わっていくのかなーと中学生ながら漠然とした不安を感じていたのも
事実なのかもしれません。

吹奏楽コンクール県大会の時は、何か複雑なものを感じていました。

もしも万が一県代表に選出されたら、またもう一ヶ月指揮者から連日怒鳴られる
憂鬱な日々が続くし、
一方県代表に選出されず、この日をもって吹奏楽部を引退する事となったら、
明日から受験勉強が待っている・・・・
どちらに転んでもいいことが無いなーという何かモヤモヤしたものはありました。

それがいけなかったのかなー

演奏の際、出だしの低音がスカスカの状態で始まり、焦ってしまったというせいも
ありますが、普段の練習時のような余裕をもっての演奏が出来ず、ソロは失敗は
しませんでしたが、何かのびのびと吹けなかったなーという後悔は
ありました。

結果は銀賞にとどまり、これをもって中学時代の吹奏楽は終了してしまいました・・・

序曲「祝典」なんか普段はもう少しエンディング付近は、高揚感をもって演奏できたはず
だったのですけどね・・・

演奏全体でも、課題曲は、アルトサックス以外にも、トランペット・オーボエ・フルートに
各々ソロがあったのですが、本番はことこどく外していましたしね・・・

当時の自分としては、これをもって吹奏楽を卒業し、音楽から遠ざかっていくはず
だったのですが、
田舎の県立男子高校に入学してしまったのが、
自分が更に吹奏楽というか、音楽というか、クラシック音楽の深い森の中に
迷い込むきっかけとなってしまったのでした・・・

そーいえば、この年は、モスクワオリンピックを欧米にならって日本もボイコットした
年でしたね・・・
今となっては懐かしい・・・米ソ対立という時代だったのですね。
マラソンの瀬古選手は本当に気の毒でした・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/66-c8d42ffe
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |