プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「プリキュア」がメインになってしまいました・・・
最近は「東方Project」も大好きです!!
吹奏楽もプリキュアも何か自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在は・・・・ラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です・・・
裏の顔は・・・プリキュアと吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは・・・とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に特に・・・さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さんはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
9位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1986年の吹奏楽コンクールの課題曲って四曲共に群を抜いて名曲揃いで
こんなに課題曲が充実した年は珍しいと思います。
(同様に課題曲がここまで充実した年は1990年あたりかな・・)
そんな中、私はなぜか課題曲A/吹奏楽のための変容になぜかすごく惹かれるものがあります。
この曲は、四曲の中では一番演奏頻度は高くなく
他にCの序曲とかDのテイクオフとか歴史的名課題曲が他にあったから
今一つ人気の点では一歩劣るのは仕方がないのかもしれません。
だけど「変容」の魅力に一度引き込まれると、
後は「変容」のなすがまま・・・???

この曲出だしはクラリネットのソロから開始され、
そのソロから複数のメロディーが暗示され、変容していくのですけど
その出だしからしてミステリーみたいなものを感じさせますし、
曲自体、何か躁と鬱の起伏が非常に激しく
決して「聴いていて楽しい」とか「何かを学べる」とかそういう類の曲ではありません。
むしろ少し悪趣味的要素の方が強いのかも・・・
だけどこの曲は、
少々悪魔的な音楽が展開される瞬間瞬間の中で、何かホッと安らぎのある場面も
あったりするもので、
その妙な優しさと悪趣味的要素の両面性を楽しめる曲と言うことなのかも
しれません。
アニメ風に表現すると、ツンデレみたいな曲・・・・
主人公の女の子が普段はツンツンしてクソ生意気なのに、二人っきりになったりすると急に
ベタベタ甘えてくるとか・・・
何かそういう要素も感じ取れるのです。
又、例えは悪いかもしれないけど、
この課題曲を土地に例えると、港区新橋あたりかな・・・
普段の顔は、ビジネス街と親父の街という顔を持っているのに、
街を散策してみると、意外と
「えー、なんでこんなビジネス街にこんな住宅地があるの」
「えー、なんでこんな都心のど真ん中でこんな緑の公園があるの・・」
という発見があったり、
ビジネス街という厳しい側面の中で、何かホッとする安らぎの側面も持っている辺りが
何かこの曲とリンクするのかも・・・

この課題曲、全国大会では中央大学と東海大学第一高校が素晴らしい演奏を聴かせています。
支部大会では、関西大会でスカ金で全国には進めませんでしたけど、
西宮高校が、あの鬼才吉永先生のもと、
非常に個性的で斬新な演奏を聴かせてくれています。
自由曲の「呪文とトッカータ」と合わせて素晴らしい名演で、ヨーイチ節を聴かせて
くれています。

だけど私が個人的に非常に気に入っている演奏が一つあります。
1993年の千葉県文化会館で開催された関東大会・中学B部門で演奏された
新潟県代表、黒崎中学校の演奏です。
かつてのコンクールの課題曲をB部門の自由曲として吹く事も大変勇気がいりますけど、
この課題曲としての曲に新たな息吹を吹き込んだといっても過言ではない
非常に斬新でユニークな演奏を聴かせてくれました。
元々この課題曲は3分30秒程度なのですけど、5分30秒程度かけて
非常に丁寧に演奏していました。
というか、この曲の躁鬱の落差を激しく表現するには、
あのくらいテンポを落とさないと、じっくりと聴衆に表現できないかも・・・
あの音のうねりと曲想の落差の激しさは、これはとても中学B部門の枠を完全に超えていたと
思いますし、
大変素晴らしい演奏を残してくれました。
だけど審査員の受けは悪かったのか、銀賞にとどまってしまいましたけど・・
(だけど私は素晴らしいと思います!!)

この黒崎中は、翌年も関東大会にまで駒を進め、指揮者の自作自演という
まるで「無言の変革」シリーズの市立川口高校みたいな事までやってくれました。
確か「吹奏楽のための三章」より、瞑・興というタイトルだったと思いますけど、
こちらは少し狙いすぎという感じだったな・・・
関連記事
スポンサーサイト

コメント

遡ってみました(笑)
検索しても中央大学?の音源が良く出ていますが、それを聞いても県立西宮のには叶わないんですよね~私の中では。
いつかやってみたい1曲です。
1986年は本当に名作揃いですが、実は松井先生の兵庫高校(こちらは県大会止まり)がB:嗚呼!をやってこれまたスンバらしい演奏だったんですよね。
私の中では1985年と86年の2年は神課題曲の年ですが、、、85年はいかがですか?

1985年の課題曲

まったく 様


私自身の現役奏者時代は1978年~87年の10年間だけなのですけど、この間の課題曲の充実という意味では
86年が一番ではないのかな・・?と思いますね!
1983年の課題曲も素晴らしい曲ばかりなのですけど、
Dのマーチがコンクール史上最大の愚策と大変評判の悪いあの曲でなければもっと印象はよかったと思います。

現役引退以降の課題曲として素晴らしいと感じるのは1990年と2001年あたりかな・・?

1985年の課題曲ですけど「波の見える風景」は本当に素晴らしい名課題曲だと思いますし、吹いているだけで
何か感情が自然とこみあげてくる大変心象的な曲であったと思います。
B以外は・・うーーん、並程度という感じですね・・
Aのティンパニ奏者は奏者冥利に尽きると思います!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/659-b5ad01fd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |