FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


吉松隆氏というと、訳のわからん現代音楽に反旗を翻し
「分かり易い現代音楽」を書くという事をモットーに日々作曲されているという
印象があります。
この方の曲を最初に聴いたのは、
確か1990年代前半だったと思いますが、
交響曲第2番「地球にて」(テラにて)でした。
最初にこの交響曲を聴いた時のインパクトはかなりありましたね・・・
というか、とても邦人の現代音楽作品とは思えない「分かり易さ」は確かに伝わってきました。
現在でもそうなのですけど、
自分としては、邦人現代音楽の交響曲というと、
矢代秋雄とか松村禎三のいかにもアジアンエネルギーとか日本的情緒みたいな作風が
大好きなのですけど、
吉松さんみたいな曲も
「これはこれでありなのかな・・・」と感じさせてしまう
圧倒的なエネルギー力は潜んでいると思います。

吉松隆の交響曲第2番「地球にて」って何がいいかというと、
その作風の分かり易さというか、昔の歌謡曲みたいに、シンプルに、メロディー・リズム・ビートが
はっきりとしているというか、
メロディーラインがとても分かり易いという所に魅力があると思います。
確かに20世紀中盤の現代音楽なんて、
どこがメロディーラインなのか全然分からない曲ばかりですし、第一聴いていてドキドキもしないし
楽しくもない作品がほとんどですからね・・・
「地球にて」の第三楽章は、終始一貫してマリンバ等のコトコトコトコトコトコトコというビートの刻みに
乗っかって金管楽器が凄まじい咆哮を炸裂させ、
ストラヴィンスキーの「春の祭典」も真っ青なリズムの躍動とエネルギーの爆発が
ありますからね・・・
最初聴いた時は、マジ、その迫力とあまりの分かり易さに
「現代音楽もこんだけ分かり易くたっていいじゃん」とコロンブスの卵みたいな発見も
感じたほどです。

要は、吉松氏の音楽は、クラシックとかポップスみたいな境界線を消し去ろうというのではなく
両者をうまい具合に融合してしまえみたいな発想がベースに
あるような気がします。
吉松氏の曲って、90年代に日本フィルの指揮者陣の一人だった藤岡氏がしばしば日本フィルで
取り上げることが多く、その一環で
自分なんかも
交響曲第三番とかピアノ協奏曲「メモ・フローラ」とかサイバーバード協奏曲とか
ファゴット協奏曲とか色々聴くことが出来ました。

だけど最近感じるのは、吉松氏の音楽は、分かり易い一方
忘れてしまうのも早いのかな・・・と感じも他方ではする感じもします。
吉松氏は「自分は吹奏楽の作品は絶対に書かない」と公言されていますけど、
悪く言うと、アメリカにゴマンといる吹奏楽オリジナル作曲家が毎年書き上げ
日本に紹介されてくる吹奏楽オリジナル曲みたいに
「分かり易いけど、何となく華麗な響きと圧倒的な強奏だけ・・。そして翌年以降は
きれいさっぱり忘れられる・・・」みたいに
ならないといいなーと思ったりもします。

そんな中、氏のこれまでの作品では
ピアノ協奏曲「メモ・フローラ」がホント、心にしっくりきます。
この協奏曲は、強奏部分やアレグロ的展開はほぼ皆無で、
終始穏やかに静かにゆったりとピアノとオケが融合していきます。
打楽器は、ティンパニーと仏壇のチーンのカネみたいな楽器しか使用されません。

最初にこの曲を聴いたのは、
日本フィルの1996年から始まった「20世紀シリーズ」の一つの公演だったのですが、
「メモ・フローラ」は初演と記されていました。
当日のピアノソリストは田部京子さんでした。
派手さは全くなく、ただただ美しい曲でしたけど、
何か妙に聞き惚れていました。
何となく、グレツキの交響曲「悲歌のシンフォニー」みたいに
「これって何か反則じゃん・・・?」みたいな気もしなくはありませんでしたけど、
あまりに心が綺麗さっぱり洗われるような曲でしたので
それを言うのは止めにしておきましょう・・

「メモ・フローラ」はイギリスのシャンドスというメジャーレーベルから今でも
発売されています。

そう言えば田部京子さんは、吉松隆のピアノ作品集「プレイアデス舞曲集」のソリストも
務めていますから、
余程気に入れられたのかな・・・

吉松隆も「今後の期待すべき若手の一人」とか言われ続けてている内に
いつのまにか還暦を迎えていましたので、
これからも音楽だけは老齢化しないで、
常に自分達に新しいモノを感じさせる曲を生み出し続けて欲しいなーと
思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/644-32095209
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |