FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


現在夏の甲子園大会では毎日熱戦が繰り広げられていて、
何かいかにも「青春だなー」と感じてしまいます。
選手の皆さんは当然の事として、暑い中頑張っている応援の皆様や運営関係者の皆様に
対して心から敬意を表したいと思います。

もっとも埼玉県代表の浦和学院が初戦で姿を消してしまったので
何かあまり甲子園は見る気がしないです。
浦和学院も春の大会で全国優勝を果たしたのに、初戦敗退とは内心悔しいものはあるでしょうね。
初戦の相手は仙台育英でしたけど、仙台で高校時代を過ごし、
毎年毎年東北高校とか仙台育英に県予選で敗れていた自分としては、
「江戸の敵を長崎で討つ」ではないけど、
何とか浦和学院に頑張ってほしかったけど
こればかりは「時の運」ですからね・・・

先日、車での移動中にカナブンが目に飛び込んできた話を書きましたけど、
それはさいたま市岩槻区のある顧客へ行く途中での出来事でしたけど、
そこへ行く途中に、浦和学院高校を発見しました。
私、1997年に埼玉県民となったのですけど、実は浦和学院高校がどこにあるのか
この時まで知りませんでした・・・
浦和学院というのだから、
さいたま市浦和区とかさいたま市中央区にある学校なのかなと思っていたら、
まさかさいたま市緑区と見沼区の境というか、限りなく岩槻に近いこんな場所にあるとは
何か予想外でした・・・

ま、それはどうでもいい話なのですけど・・・

さてさて、夏の甲子園大会をボーっと見ていると、
聴こえてくるのは吹奏楽部による様々な応援歌ですね。
よく耳にするのは、

〇タッチ

〇さくらんぼ

〇ルパン三世のテーマ

〇サウスポー

〇宇宙戦艦ヤマト

〇狙い撃ち

あたりかな・・・

だけど考えてみると、さくらんぼ以外は最近の曲ではないし、自分が高校生の時から
野球部の応援で吹いていたものだから、
いかに甲子園での吹奏楽部による応援ソングは「定番」が存在し、
それが30年以上もずーーっと代々受け継がれている事には
すごいものがあると思うし、
逆に最近の歌謡曲と言うか、アニメ曲には
「誰の耳にもすーーっと入ってくる曲」が少なくなっているのかを
立証しているのかも・・・

でも一番演奏されている曲ってもしかして「タッチ」なのかな・・・
何かそんな気さえします。
「タッチ」って漫画は、確か自分が高校生あたりからサンデーで連載が開始され、
大学の頃まで連載されていて、
当時貧乏学生だった自分なんかは、毎週タッチとうる星やつらだけをコンビニかなんかで
立ち読みしていたような記憶があります。
当時は現在のように、漫画雑誌とか週刊誌などがいちいちビニール袋で梱包されている
ような時代ではなかったし、
エッチな本や雑誌も堂々とコンビニで売られている
ゆるい時代でしたよね・・・
一般的には、アニメって原作にない余計な部分を創作してしまうケースも多いのですけど、
「タッチ」はその逆という珍しいパターンで、
原作では、夏の甲子園の予選が終了し、最終回までが何か異常にダラダラした展開が
続いていましたけど、
タッチのアニメ版では、その辺りはバッサリとカットされていましたけど
何かそれは当然だと思うし、
かえって引き締まったような感じもしました。

ま、別に私は「タッチ」というか足立さんの作品って基本的に苦手のものなので・・・
だけど岩崎良美さんのように「タッチ」で
しぶとく芸能生活を生き残っている方がいるのは何か面白い感じもします。
その辺り、最近岩崎良美さんが、TBSラジオの日曜日の「爆笑問題の日曜サンデー」の
四時からのゲストで来た際に色々と話をされていて、
とても興味深かったです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/642-53ee43b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |