FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日見てきたイトーヨーカドー内の
「ドキドキプリキュアショー」関連ですが、我ながら「またか・・・」という感じなのですけど
またまた六花さんというか、キュアダイヤモンド関係を少々・・・




「ドキドキプリキュア」は5人の中では、一番身長が高いのは
実はキュアダイヤモンドなのだそうです。
何かこれは少し意外でした・・・
メンバーの中では、一番知的要素が強く、運動が一番苦手という設定なのですけど
実は一番背が高かったのですね。
そう言えば、歴代プリキュアを振り返ってみると、

〇プリキュア5 ⇒ アクア

〇フレッシュ  ⇒ ベリー

〇スマイル   ⇒ ビューティ

という風に各代でもブルー系が一番背が高いというのは最早定番なのかも
しれませんよね。
そんな中、ハートキャッチのブルー系の「マリン」は、ピースとか小学生プリキュアが登場するまでは
歴代で最も背が低かったというのは、
何か「全てにおいて例外的な」マリンらしいエピソードですよね。

今年の「ドキドキ」のメンバーは、ある意味全員聡明なのだけど、なぜか全員突っ込みどころ満載という
キャラが揃っているという印象があります。
メンバーの中で、その点唯一といっていいくらい、切り込んで突っ込めるメンバーって
六花さん以外皆無だから
改めて貴重なキャラですよね・・・(笑)

そうした中でも、一人で自分に突っ込みを入れて墓穴を掘るキャラでもありますので
今回のショーでも見られましたけど
一人で頭を抱え込むシーンも本編でも何度か見られましたけど、
まさかこうした被り物ショーでも、
そうした場面を見られるとは
何か妙に嬉しくもなったりもしたものです・・・

全く、ホントにいい年こいて何しているのでしょうね・・・(笑)

でもなーんか自分の中では、
プリキュアも吹奏楽もクラシック音楽も同じなんですよね。
「嫌な事ばかりの日常の中でも、何かスマイルを取り戻してくれるもの」
「嫌な事があってもそれらを忘れさせて、また明日頑張ろう」
という気持ちにさせてくれるものが
何か一つでもあればとはずいぶん前から思ってはいたのですけど、
自分の場合、それがたまたまプリキュアと音楽だったのかな・・・??

だけど、それは人それぞれでいいと思います。
それが個性であり、その人らしさなのですからね。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/641-b42d19bd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |