FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


いやー、本日も暑苦しい熱帯夜になりそうですね。
私、あまりエアコンは好きではないし、昔エアコンを掛け過ぎたことが一つの原因となって
クーラー病というか、自律神経失調症寸前の診断までいきそうになったことがあります。
それ以来、寝る時のエアコンは極力自粛しています。
こういう時は、窓を全開にして、天然の風が入るのが一番!!と思いたいのですが、
その天然の風が、ここ何日間もほとんど入ってきません・・・
だから、冷たい氷枕を頭にひいて、
何か軽い感じの音楽をBGMにするのが効果的なのかもしれません。
結構お勧めなのは、
メンデルスゾーンの劇付随音楽「真夏の夜の夢」序曲かな・・・
この音楽は、結婚行進曲ばかりやたら有名なのですけど、
序曲とか他にもスケルツォとか夜想曲とか素晴らしい部分がたくさんあったりします。
中でも、この序曲は、夜の音楽の雰囲気は十分あり、ホント真夏の深夜に聴くのは
お勧めです。
ちなみにこの序曲は、メンデルスゾーンが17歳の頃の作品であり、元々はこの劇音楽とは何ら
関係がないものです。
後年、このシェークスピア原作の戯曲を音楽化するにあたって、この序曲をそのまんま転用し、
他の部分にもこの序曲のフレーズを色々と転用したとの事です。
17歳でこんな霊感溢れる曲を書けるのもすごいけど、
後年17歳当時の感覚をそのまんま劇全体の音楽として成立させてしまう
メンデルスゾーンの才能は凄過ぎる・・・

シェークスピアの戯曲を音楽化した例って色々ありますよね。

オセロ・ロメオとジュリエット・マクベスなど色々ありますけど、
小品なのだけど、印象的な作品として
ニコライの歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」があると思います。
ちなみに、ニコライという方は、ウィーンフィルの創設指揮者です。
詳細は私もよく分かりませんが、ニコライは、作曲家というよりは指揮者としての仕事の方が
忙しかったのかもしれませんよね。
だから現代で残っている作品は、
この歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」くらいなのかも・・・
だけどこの序曲は8分程度で短いけれど、
底抜けに楽しくて明るくて軽くてノリがよくて、それでいて品が良い
素晴らしい名曲だと思います。
出だしは、ゆったりと始まるのですが、展開部以降はずっとアレグロで進展し、
ラストまでキビキビと曲を進めていきます。
シェークスピアの戯曲自体も一度読んでみたことはあるのですが、
要は一言で言うと、浮気好きのバカ亭主どもを、策略と機智で懲らしめる
奥様方のユーモアを描いた作品なのですけど、
そうしたウイットが実に8分足らずの序曲に集約されていると思います。

この曲何度か生の演奏会でも聴いたことがありますが、
結構印象的だったのは、N響のホルストシュタイン指揮の演奏だったかな・・・
O.レナルド指揮の新星日本の演奏も地味ながら印象的でした。

この曲真夏に聴いても
メンデルスゾーンの真夏の夜の夢ほど涼しい気持ちにはなれないけど、
新年のニューイヤーコンサートのオープニングには
何かぴったりとはまりそうな気はします。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/639-73ce169c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |