FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


前回、この年の山梨県大会の会場の一つ、白根桃源文化会館の事を記していたら
その前年度1991年の高校と一般の部が開催された
山梨県・富士五湖文化会館の事も何となく思い出してしまいました。

山梨県というのはご存じのとおり、海がない県であり、
東京都・埼玉県・長野県・静岡県・神奈川県と接しています。
そのせいかは分かりませんが、県民気質というのも、
いわゆる甲州人と言われる気性が荒い甲府市系、
常に信州と喧嘩・戦争を繰り返してきた歴史と伝統のせいか、甲州人よりもより気性が激しい
北巨摩系、
富士山を挟んでいるせいか、静岡に近くてもほとんど接点がないためか
比較的温和な都留系と
色々場所によって県民性にも違いはあると思います。
そのため、この年の会場である富士吉田方面は、比較的おっとりとした土地柄であり、
何となく甲府市内とは雰囲気が違うなーという感覚は多少はあったと思います。

だけど富士五湖文化ホールも周辺には何もない・・・
ホント、何もない・・・
今はどうか分かりませんけど、昼御飯用のコンビニとか定食屋さんみたいな店もない・・・
確か休憩時には、駅周辺まで戻って
サンドイッチかなんか買ってきて、会場近くの公園みたいなベンチで食べたような記憶が
あります。
だげど、ほーんとのんびりとしたところでしたよね。

確か1980年の関東大会もこのホールで開催されたとの事ですけど、
こんな音響の良くないホールでの関東大会開催も何か気の毒ですよね・・・
この年の山梨県大会の審査員として、元・豊島十中の酒井正幸氏とか
神奈川大学の小澤先生も呼ばれていましたけど、
こんなド田舎のド下手くそなチームばかりの演奏ばかりを散々聴かされて
何だかとても気の毒・・・

だけど時々光るチームもあったりして、
例えば笛川中(後に全国でも名演を残した敷島中で指揮を振った大島先生が当時の指揮者)とか
高校Bの山梨高校とか韮崎高校とか高校A部門の甲府商業とか身延高校とか
印象的なチームもたまにあったりもしました。
ちなみに恐らくですけど、この当時サッカーで有名な中田氏は韮崎高校に在学中であったと
推察されます・・・


〇高岡商業

 C/シバの女王ベルキス

 1989年から92年頃の高岡商業って凄過ぎると思います。
 89年のローマの祭り、90年のペトルーシュカ 91年のシンフォニエッタ、そしてこの年のベルキスと
 怒涛の圧倒的名演を残しています。
 89年のローマの祭りはパフフルさと圧倒的音量が売りでしたけど、それ以降はそれに
 「知的さ」・「洗練さ」が加わり、
 エレガントで優雅な名演を残しています。
 特に90年のペトルーシュカは素晴らしい!!
この曲残念ながら、当時は著作権の問題で収録NGの都合上、この素晴らしい演奏を後世に
 残していないのは本当に残念です。
 91年のヤナーチェクも素晴らしい知的な演奏で、なぜこの演奏が銀賞なのか
 今でも理解できません・・
 そして、この年92年のベルキスんのですけど、
 印象としては、「余力を残して、力をセーブしても余裕で金賞」という感じです。
 83年とか89年の同じ作曲家のレスピーギなのですけど、
 ボリューム的には相当セーブをかけていると思います。
 だけど迫力不足という感覚は全くなく、良く鳴っているのだけど
 それが全然うるさいと感じさせない次元の高い演奏を披露しています。
 演奏部分も確か、Ⅱ・Ⅰの中盤部分・Ⅳの後半と静かな部分は少ないのですけど、
 音量的にも音楽の構成的にも「やかましさ」を全く感じさせないのは、
 このチームの一つの頂点だったと思います。
 指揮者が完全にプレイヤーを制御していたある意味凄い演奏です。


〇東海大学第四高校

 A/ローマの祭り

 高岡商業と同じレスピーギを取り上げていますが、
 こちらは自然の摂理というか、自分たちの「この曲をとことん盛り上げたい!!」・「豪快に
 鳴らしたい!!」という気持ちに身を任せた
 実に高校生らしい演奏です。
 知的さ・洗練さ・指揮者の完璧な制御の前述の高岡商業とは
 ある意味対照的な演奏です。
 だけど、こちらはこちらで成功していると思います。
 聴いていて実に心地良いというか、
 鳴っているのに逆に「もっと吹け!! もっと鳴らせ!!」と突っ込みを入れたくなるような
 演奏です。
 演奏が実に生き生きとドライブしていて、躍動感と圧倒的な存在感は
 お見事の一言!!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/638-e07e45a1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |