FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1992年当時は、山梨に異動して早3年目で、甲府盆地特有のあの異常な暑さにも
そろそろ体が慣れてきた時期で、
この年もそれなりに暑かったとは思いますが、特に「暑い」とは最早感じてはいなかったと
思います。
毎年山梨県大会は、甲府市内の山梨県民ホールで開催されることが多いのですが、
前年度は、富士吉田市のホールで、
この年は、白根町の白根桃源文化会館で開催されていました。
前年度の91年は、わさわざ甲府から2時間程度もかけ、中央本線と富士急を乗り継いで
会場に行きました。
92年は、この白根桃源文化会館というのは、自分が当時担当していたエリア内である事を理由に
仕事を途中で抜け出し、高校A部門と大学の2部門だけ聴いていました。
というか、当時は携帯電話も追跡機能があるようなGPSでしたっけ?居所判明機能がついた携帯等もなく
朝、会社を出ると夕方戻るまでは、ほぼフリー状態でしたので、
今から思うと、これでものんびりとした時代だったのですね・・・

この年、会社から自宅までは自転車通勤でしたけど、その途中に甲府西高校という学校があって
たまーに、この学校内から、どっかで聴いたことがある曲が流れていました。
最初は何の曲だったか思い出せなかったけど、
それが渡辺浦人作曲、交響組曲「野人」である事に気が付きました。
ちなみにアニメ「巨人の星」の作曲者である渡辺岳人氏の父親が浦人氏です。
通勤中の遠くから聴いていても、リズムが粗いし、打楽器はうるさいし、金管は荒いし、
何だこりゃ?という感じの演奏でしたけど、
これでも県代表になってしまうのですから、いかに当時の山梨のレベルが低いかは推察できると
思います。
ちなみに交響組曲「野人」は、82年に粟野中が、70年代に前橋商業が見事な演奏を全国で
聴かせています。

あ、そうそう思い出しましたけど、この年の山梨県大会の審査員の一人として
元・前橋商業の大木隆明氏が来ていましたね。

だけど、この白根桃源文化会館って、畑の中の文化施設と言う感じで、
いかにも当時権力の隆盛を極めた金丸信氏による「公共事業・箱もの」建設という
感じでしたね・・・・
何もこんなド田舎に、こんな立派な音楽ホール作らなくても・・・・という印象でした。


〇嘉穂高校

 D/交響的舞曲第三楽章(ラフマニノフ)

 課題曲は、いかにもこのチームらしい選曲で、チームのキャラクターと音が合致していて
 素晴らしい演奏でした。
 自由曲は、一言で言うと、アレンジされた楽譜をそのまんま音にしただけ・・・という印象で、
 アレンジ楽譜をそのまま使用するのではなくて、出来れば自分たちのチームのカラーに応じた
 楽器の割り振りとかを考えるべきで、その辺りが何か個人的には少し印象を悪くしたような
 気がします。
 勿論、演奏自体は非常に素直な演奏です。
 この曲独特のメランコリーもある程度は表現できたと思います。
 だけど、アレンジ楽譜で指定された楽器をそのまんま音にしているので、例えば中間部の
 夢見るような部分でも、木管低音楽器、特にバリトンサックスの濁った音が
 「幻想的」な感じをややぶち壊したような感じもします。
 前半部分のカットもいたたげないし、後半もスピード感・サウンドに切れがなく、
 全体的にもっそりとした仕上がりになっています。

〇兵庫高校

 D/ロメオとジュリエット

 大好きな演奏です。
 全体的に積極的な表現姿勢に好感を持てます。
 指揮者の松井先生のアクの強さが全体に漲っていると思います。
 低音部がチューバを中心にバリバリ過ぎるくらい豪快に鳴らしていて、
 「少しやり過ぎかな・・?」と感じる部分もあるのですが、
 それは大した問題ではないと思います。
 このチームは何が良いかと言うと、第一に自分たちのやりたい音楽の方向性を
 明確に示している点 第二に、明示するだけではなくて、積極的に自分たちの音楽を
 聴衆に伝えられる高度な技術を持っている点だと思います。
 だけど、こういう音楽は、審査員の評価は割れるなーと予想していたら、
 案の定銀賞にとどまってしまいました。
 新屋高校・愛工大名電と並んで非常に惜しい銀賞・・・
 個人的には、新屋と兵庫は、十分金賞に値する演奏だと今でも思っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/634-275f77b2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |