FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


昨日(8/13)埼玉県吹奏楽コンクールが開催され、高校A部門の代表校が選出されました。
いやー、体調さえ良ければ会場も近いし、是非聴きに行きたかったところなのですけど、
こればかりは仕方ありませんよね。
ところで、ふと思ったのですが、
埼玉県の吹奏楽コンクールって、地区予選が終了すると同時に
県大会が開催されるのですね。
私自身、中学と高校の吹奏楽コンクールは宮城県大会で迎えたものですが、
大抵、お盆前に地区予選があり、少しのお盆休みを経て
夏休み後半に県大会へ向けての合宿を行い、大体8月末から9月初旬に
県大会という感じでしたので、
埼玉県の場合、地区大会から県大会にかけては仕上がりの精度を高めるという事はあまり
期待できないから結構大変なのかも・・・
だけど逆に言うと、
地区予選で一旦高めた集中力と仕上げをそのまま県大会にまで持っていけそうな
スケジュールだから、
これはこれでありなのかも・・・
大宮にとっては、「首の皮一枚つながった・・」という感じなので、
西関東では素晴らしい演奏を期待したいと思います。
古い話ですけど、
例えば、1988年の東京都大会の大学の部予選会では、中央大学が、まさかの銀賞・都大会代表という
事実もありましたし、
(この年は無事に全国でも金賞・・・だけど少し安全運転し過ぎた演奏家かも・・)
2000年の九州大会でも、全国大会代表3チームのうち、金賞での代表は1チームだけで、
残りの2枠は銀賞チームからの選出でしたから・・・

そんな中、浦和学院が県大会代表になったのは少し驚きでした。
やはり春の甲子園で優勝し、夏も惜しくも仙台育英に敗退したものの、10-11の大激戦を展開した
野球部と同じように
「吹奏楽部も頑張ろう!!」という意識が結果に出たのかな・・・?

私がかつて大好きだった市立川口も、今大会はB部門ではなくて、A部門に出場し
銀賞を受賞してくれたことは、何かオールドファンとしては嬉しい限りです。
反面もかつて全国にまで駒を進めた、与野・所沢・狭山ヶ丘は銅賞の厳しい結果・・・
うーーん、さすが埼玉はレベルが高い・・・

埼玉県大会では、代表校は、埼玉栄・春日部共栄・伊奈学園・秋草学園・松伏・花咲徳栄などが
選出され、大体順当な感じかなと思います。
少し驚いたのは、一昨年全国まで駒を進めた大宮高校が、今回は銀賞にとどまったことかな・・・
だけともっと意外だったのは、埼玉県の場合、この大宮を含めて2チームが
銀賞でも県代表として西関東大会に出場できる事なのかな・・・??
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/633-dfb1f28f
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |