FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


私、育ちは基本的に仙台なのですけど、仙台のお土産というと定番が出来ていますので
迷う事はまずないと思います。
仙台のお土産と言うと、何といっても、萩の月・笹かまぼこ・牛タンが王道なのかなーと
思います。
この他にも、支倉焼とかずんだもちとか白松がモナカみたいなものも
地元では人気があると思います。
個人的には、萩の月よりも支倉焼みたいな白あんのお菓子の方が好きですけど・・・
1992年当時、自分は山梨在住でしたけど、
山梨も仙台ほどではないにしても、お土産にはやはり定番があり、
選ぶことは全く苦労はしませんでしたね。
山梨の場合、
定番は何といっても桔梗屋の信玄餅だと思います。
この他にも、ワイン・煮貝・ほうとうが有名なのかなとも思います。
食べ物以外では、水晶・印鑑・象牙が有名なのかな・・

当時、これら定番以外ですごーーく気に入っていたお菓子が二つほどあります。
一つは信玄餅で有名な桔梗屋の「信玄桃」というやはり支倉焼みたいな白あん系
もう一つは、やまなしロマンロールケーキといってこれは洋物のスイーツ系
どちらも全国的な知名度は低いかもしれませんが、
かなり美味しくて気に入っていました。
数年前、妻と二人で河口湖に旅行に行ったとき、富士吉田近辺で桔梗屋のアウトレットセールが
開催され、結構安い値段で信玄餅とか信玄桃などのお菓子が販売されていて、
お土産として結構大量に買って行った記憶があります。


〇永山高校

 C/Ode

これは正直評価が分かれる演奏家もしれません。
シンフォニックバンドのための「Ode」は1985年にヤマハ浜松が初演し素晴らしい名演を
 残していますが、それ以来の全国での演奏です。
 ゆったりとした出だしから開始され、徐々に緊迫感で押し潰されそうになる息苦しい曲でも
 あるのですが、この緊張感をいかに終始持続させるかが、この曲のポイントとなると
 思うのですが、
 ある程度は緊張感を持続できた良い演奏だったとは思います。
 だけど、よーく聴いてみると、メロディーラインがどこにあるのか、時に副旋律や低音部に
 埋没してしまいそうな箇所も多々あり、結果として何か散漫な印象を与えてしまったことは
 否定できないのかなーとも思います。
 このチームは、翌年に「この地球を神と崇める」で突如覚醒してしまいます・・・
 この年は、そこに至る一つの過程のような演奏なのかな・・・

〇愛工大名電高校

 C/プラハのための音楽1968

 フーサの「プラハのための音楽1968」は、何とこの年で通算4回目の演奏となります。
 松井先生としては、結果的に最後のプラハとなってしまいます。
 過去4回のプラハを全部聴いた人間として言わせて頂くと、
 技術的には、この年が過去最高と思います。
 表現も申し分ない仕上がりです。
 だけど1992年時点で、過去3回のプラハが記憶と印象として既に固まってしまっていましたので、
 いくら素晴らしい技術・表現をしたとしても、
 「新鮮度・感銘度」にはどうしても欠けてしまうような気もしました。
 この年は、まさかの銀賞でしたけど、
 それは、もしかして新鮮さの点で評価が割れたのかもしれませんよね。
 翌年からは、このチームはアレンジ路線に変更してしまいますが、例えば95年の
 「エル・サロン・メヒコ」とか96年の「ローマの祭り」とか
 以外とこのチームのアレンジものの演奏も新鮮と言うか、骨太な表現がとても面白かったです。
 
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/627-cfd141fb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |