FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
28位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


本日、さいたま市見沼区のある顧客宅を伺ったところ、そこのご主人は
マニアとも言えるオーディオ大好きな方で、最近ではスピーカーすら手作りとの事です。
だからこの方は、来客があると、
この特性オーディオを聴かせたくて聴かせたくてどうしようもないみたいで、
自分自身も結局CD1曲分付き合う羽目になってしまいました・・・
でもそのかけるCDがクラシックとか吹奏楽、せめてJ-POPくらいならいいのですけど
美空ひばりとかの歌謡曲ですからね・・・
うーーーん、さすがにこれは少々うんざり・・・
だけど、その方のオーディオラックに何枚かレコードがあり、見せて貰うと
なんとそこに一枚懐かしのレコードが出てきました。
何かと言うと、「アルフレッド=リード作品集」というレコードで、
パンチネルロ序曲、アレルヤ! ラウダムス・テ、イン・メモリアム・ジュビラント序曲
音楽祭のプレリュード、第一組曲が収録されていました。
いやいや、これは懐かしいレコードでした・・・

高校一年の頃、自分自身もこのレコードを購入し、
結構聴きこんでいました。
だけど、改めて振り返ってみると、このレコード今どこにあるのだろう・・・??
上京する際、実家から持ち出したのは記憶にあるけど、現在無いという事は
いつの時代にか処分したのでしょうね・・
あーーあ、何か勿体ない・・・

ジュビラント序曲は1976年の瑞穂青少年吹奏楽団、音楽祭のプレリュードは
1970年のブリジストン久留米でした。
この2曲以外は全てプロの演奏です。

そのお客様に聞いてみると
ご子息が所有していたとの事で、詳細は不明との事でした。

「リード作品集」といってもアルメニアンダンスも第二組曲もエル・カミーノ・レアルも
春の猟犬もエルサレム讃歌も収録されていない
ホントの初期の頃の作品群ですけど、
素朴な頃のリードの魂が満載の曲ばかりですので、
是非聴いてみたいものでした・・・

話は変わるけど、瑞穂青少年がこのジュビラントの名演を残した1976年って、一体
自分は何をしていたのでしようかね・・・??
当時は、小学5年生頃で、
今のように吹奏楽・クラシック音楽・プリキュアなどみたいに特にはまっていたものもなく、
ただ周りがやっているから何となくという感じで、
地域の野球リーグのチームに所属し、
レギュラーと補欠の境界線上にいたような記憶があります。
最終的には、足の速さだけを買われてギリギリ9番・ライトに潜り込めは
しましたけど、
試合で良い結果を出せたという印象は全然ないから、
ダメ選手だったのでしょうね。
だから中学以降は、吹奏楽という文化系になったのでしょうね。

話を戻すと、レコードがあったとしてもそれを再生させるレコードプレーヤーがうちには
ありません・・・
というか、今どきの家でレコードプレーヤーがある家の方が少数派なのでしょうけどね。
自分自身も平成に入ってから、本格的にCDに切り替え始め
それまで持っていたレコードとかプレーヤーなんかは、その頃大量に処分したのかも
しれませんね。
今から見てみると、かなり貴重な音源もあったかもしれないけど、
当時としては、
「どうせCDとして復刻されるだろうから」と簡単に簡単に考えていたのかなーと
思います。

何か少し勿体ない話かも・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/625-062350d9
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |