FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


8/4の日曜の帰宅後に何気なくテレビのチャンネルを回すと
ショスタコの交響曲第一番が流れてきたので、思わず見てしまいました。
EテレのN響の演奏会の模様を収録したもので、
指揮者がフェドセーエフでした。
最近あまり耳にしない名前でしたので、「あ、まだまだ健在なんだ」と何か妙に安心も
しました。
この指揮者を初めて知ったのは、
1981年にビクターから発売されたストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴いた時でした。
冒頭のファゴットが実にワイルドと言うか野太い音だったのも驚きでしたけど、
(この冒頭の部分は、作曲者自身、出ない音を必死で出そうとしている感じが欲しかったと
 述べていますが、フェドセーエフの場合、簡単に出来てしまっている・・)
その後の迫力あるサウンド・構成にも衝撃を受けたような印象があります。
フェドセーエフを初めて生で聴いたのは、
1997年の国際フォーラムで聴いた演奏会だったかな・・
曲目は、
ボロディン/ダッタン人の踊り・交響曲第二番
ショスタコーヴイッチ/交響曲第五番
といプログラムでしたけど、何より気の毒だったのは、
国際フォーラムCは、クラシック音楽を聴くには、あまりにも音響が悪いホールだし
確かこの日は、前々日に山一證券・北海道拓殖銀行の破綻が伝えられ、当時金融機関の破綻に
慣れていなかった日本人全体の心が何か沈んだ日でもありましたので、
せっかく生で聴ける機会だったのに
印象が薄いという事でした・・・

テレビでは、ショスタコの交響曲第一番が演奏される直前にチャンネルを回したので
第一楽章から全て聴くことが出来ました。
だけど、この曲、改めて聴くとホント、内容が深い!!
とても作曲者が19歳の時に書いたとは思えないほど濃密な内容の曲だと思います。
ショスタコというとどうしても「政治とかスターリンに振り回された」という印象が
付きまとうのですが、
この曲は、まだそうした政治との絡みが皆無の頃の作品なので、
純粋に音楽を楽しもうとか新しいことに挑戦してみようという気持ちが伝わってきて、
面白い曲だと思います。
だけど「楽しい」という感覚の曲ではありません。
どちらかというと、「無限の数学」とか「パズルゲーム」みたいな感覚の曲であり、
一見取っ付き難いような印象もあります。
くすんだような第一楽章、ピアノが渋い働きを見せる第二楽章
瞑想的な第三楽章、そして第三楽章のラストから小太鼓のロールで第四楽章に繋がっていくのですけど
このフィナーレも決して「楽しい」という感じではありません。
だけど何か純粋に音楽そのものをのびのびと楽しんでいるという感じがすごーく伝わってくるのです。
何となく、作風は全然異なるのですが
後の交響曲第9番の茶目っ気や皮肉にもリンクしているような気がします。
個人的には、第四楽章後半の大胆不敵なティンパニーソロとそれに続くチェロのつぶやくような
くすんだソロの部分が大好きです。

だけどこんな完成度の高い曲を19歳で書くなんて、
そしこれがショスタコにとって初めての交響曲であることを考えると
やはりショスタコはある意味ホント「化け物」ですよね。
マーラーの交響曲第一番「巨人」も若書きで、初のシンフォニーにしては異常に完成度が高いとか
よく言われますけど、
いやいや、このショスタコの一番の完成度の高さに比べると
両者の差は歴然にも感じられます。

1991年頃にインパル指揮/都響でショスタコの一番を聴いたことがあるのですが、
いや、これは凄まじい歴史的名演だったと思います。
この演奏を聴くと、無限のパズルを一つ一つ解離していくというインパル流の解釈が
感じられ、とても驚いたことがあります。
演奏終了後、奏者は舞台から既に去っているのに
ただ一人インパルだけは、聴衆のカーテンコールに何度も何度も応えているのが
何か印象的でした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/621-e6361592
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |