FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
5位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


この当時、私は甲府市内のあるアパートに住んでいましたけど、
場所は確か甲府・湯村温泉の近くだったと思います。
土日なんか、アパートのユニットバスなんかよりは、近くに日帰り温泉場とか
天然温泉の銭湯が当時は結構あったもので、
何気に温泉は楽しんでいたと思います。
会社へは当時自転車通勤をしていましたけど、片道25分程度と結構遠かったのですが、
一つ良かった点は、通勤途中に富士山を拝めるポイントがあって
(勿論裏富士ですけど・・・)
その景色は結構気に入っていました。
会社からの帰り、山梨県内ではおなじみの地元のスーパーであるオギノとかいちやまマートなんかに寄っては
弁当とか惣菜を買っていたのも何だか懐かしい思い出ですね。
山梨名物「ほうとう」なんかも色々近くに名店があって、たまーに食べにいったりしたものですが、
個人的には「かぼちゃほうとう」がお勧めです。
特に冬に食べると、ホント身も心も温まります。

〇新屋高校

 B/「ガイーヌ」より

 この年の高校の部の課題曲はAとCに比較的人気が集まり、
 Bの「フューチユリズム」は、この新屋高校の一団体だけでした・・
 個人的にこの課題曲が大好きだった自分としては、少し寂しい限り・・・
 出だしが非常に薄く書かれていて演奏しにくい面があったのがパスされた理由かな・・?
 この年の課題曲A「ネレイデス」は演奏時間が短い割に演奏効果が高かったので、人気が
 あったのかもしれません。
 課題曲Bは、リズムの歯切れ良さも面白いし、ロマンチックな中間部も好きだったのですけどね・・
 新屋高校の課題曲Bは、恐らく全部門を通じて最高の演奏だと思います。
 テンポが少し早目だったけど、その分迫力もあったし、中間部もしっかりと歌っていました。
 この年の新屋は、サウンドがこれまでの「洗練された音・清潔・気品」という路線ではなくて、
 何か荒ぶる魂みたいな感覚の音であり、
 これまでのフランス音楽系の音から、ロシア系の荒っぽい感じの音に
 生まれ変わっていました。
 だからこそ、自由曲の「ガイーヌ」は、この年のこのチームのサウンドにドンピシャという感じ
 だったと思います。
 それとも、例年に比べてサウンドが粗いから、自由曲も荒っぽいロシア系を選曲したのかな・・?
 「ガイーヌ」は、
 これまでのパターンで言うと、
 藤田玄播アレンジ系⇒アイシェの目覚めと踊り

 林紀人アレンジ系⇒序奏・ヌーネの踊り・バラの少女の踊り・レスギンカ
          (又は、序奏・友情の踊り・アイシェの孤独・剣の舞・収穫祭)

 というまとめ方が多かった中、
 このチームは、
 序奏・近づく嵐・ガイーヌとアルメンのデュエット・収穫祭という
 少し独創的な構成を取っており
 それが何か新鮮にも感じられました。
 特に近づく嵐のドラのロールとかデュエットにおけるクラリネットの長いソロとか
 色々聴きどころ満載でしたし、
 収穫祭もホルンの雄叫びはほぼ完璧に決まり、
 やはり全体的に荒っぽい感じが実にこの曲にマッチしていて、大変気持ちが良かったです。
 個人的には「金賞」と思っていたのですが、
 実際は銀賞にとどまり、何か意外な感じもしました。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/619-56d3e60e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |