fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


髮ェ隕祇convert_20170324181647

繧・″縺ソ_convert_20170324181713

ロッテの定番大人気アイスの「雪見だいふく」の一例

今年の千葉ロッテマリーンズは結果としてはBクラスの5位に終わり、CS進出も果たせずチームとしては借金生活で
フィニッシュし、タイトルホルダーは盗塁王の高部のみで、
3割を超えた打者は0人、規定投球回数に達したピッチャーは3勝のみにとどまった小島投手のみというなんだかトホホ・・な
一年ではありましたけど、吉井新監督の下で再度気持ちを入れ替えて来年に臨んで欲しいものですし、
たとえどんな結果になったとしてもマリーンズファンの私はあたたかい心でもって千葉ロッテマリーンズを応援させて
頂きたいと思います。
監督が交代したという事も多少は影響があったのかもしれないですけど、FA流出が濃厚とも囁かれていた
セカンドの中村と2020年まではマリーンズの正捕手を務めていた田村が残留となったのはまずは安堵するニュースでも
ありました~♪
マリーンズは大ベテラン選手は荻野と角中と美馬投手ぐらいで、あとは中堅が少しで、チームの中核は若手ばかりという感じで、
その若手も例えば佐々木朗希・安田・山口・藤原・松川などなど20代前半がメインでこれから大輪の花を咲かせる途中と
いうこともありますので、大いに可能性を秘めているという感じでもありますので、そのあたりを吉井新監督が
うまくおだてながらチャンスを与えながらうまく使っていきそうな予感もありますので、可能性的に何の前触れもなく
突然の大ステップを果たしそうな予感も秘めていそうです。
今年のマリーンズ投手陣は実はあの佐々木朗希や開幕投手の石川さんですら規定投球に達していませんが、
その中で唯一規定投球に達したのが小島投手だけなのですけど、小島は好投しても好投してもなぜか小島が登板すると
打線が沈黙し、そのせいもあり防御率は悪くないのに結局今年は3勝のみに終わっていて、なんだか気の毒としかいいようが
ないです。
(西武の新人ドラフト一位の隅田投手も前半は好投しても打線の援護が全くなく結果として1勝10敗に終わり、
小島と隅田はパ・リーグの中でも屈指のツキに恵まれなかった投手ともいえそうですし、この二人はお正月には
是非是非埼玉の一番の人気神社であり初詣参拝客圧倒的一位の大宮・氷川神社にお参りして厄を落として頂きたい
ものです・・
小島投手は埼玉出身ですし、浦和学院在籍時に埼玉に春の甲子園の優勝旗をもたらしていますので、埼玉県民としては
小島投手をついつい応援してしまいます・・)
来年度はマリーンズの貴重な先発左腕としてさらに一段の飛躍を期待したいです。

私自身、プロ野球チームとしてのロッテも大好きですけど、純粋にお菓子としてのロッテも大好きです~♪
というか・・基本的には私自身はお菓子やチョコを買う時はロッテ製品しか購入しませんし、もちろん明治や森永も
不二家も大好きですしこれらのメーカーの商品を購入することも多々ありますけど、購入頻度はロッテがダントツです!
そして最近では明治や不二家の商品を購入する時は大抵はコンビニ×アニメ作品のコラボ企画において
「対象商品を〇個購入すると先着でクリアファイル等を配布」というキャンペーンだと思います。
ごちうさ・艦これ・冴えない彼女の育てかた・バンドリ!・ホロライブ・五等分の花嫁等でそうしたコラボが展開されていると、
ついついコラボ限定配布景品に目がくらんで、対象商品を購入することも多々ありますけど、
その対象商品がカップ麺である場合は問題ないですけど、それがお菓子やチョコの場合、
対象商品のメーカーがロッテ以外の場合は正直かなりガクッ・・となったりもします。

ちなみに私自身はロッテのたくさんの商品の中でも特に大好きなのは、ガーナ・クランキー・雪見だいふく・コアラのマーチ・
バイの実・トッポです~♪
コンビニのアニメコラボの際の対象商品が毎回ロッテ製品だとありがたいですね~♪
30代~40代の男性にコアラのマーチ・ガーナチョコ・パイの実・トッポ・クランキーといったロッテの甘いお菓子は
「ちょっと勘弁してよ・・」みたいにお感じになる方も多いのかもしれないですけど、
私は基本的には甘党ですし、これまで散々書いている通り私自身は小さい頃よりの筋金入りのロッテファンですので、
ロッテのこうした甘いお菓子は別にコラボキャンペーンでなくても大歓迎です~♪

ロッテのアイスもいろいろ商品があるのですけど、その中でも群を抜いて大好きなのは定番商品ですけど「雪見だいふく」です!

雪見だいふくは真冬でも真夏でも今現在のような春でも、そして秋でも要は一年中無性に食べたくなってしまうアイス
なのだと思います。
季節がたとえ厳冬の真冬であっても、とてつもなく寒がりの私ではあるのですけど、
時に雪見だいふくが無性に食べたくなる時があるのも不思議な話だと思います。
例え外は寒くても、温かい車内とか家でこたつに入りながらぬくぬくしながら(?)雪見だいふくを食べる時は、
なんか知りませんけど「至福の瞬間」すら感じてしまいそうです。
こたつでぬくぬくしながら来年度の千葉ロッテマリーンズの躍進を夢見て、ロッテの雪見だいふくを食べている時こそが
最高の幸せの瞬間なのかもしれないですルン~♪

それにしても雪見だいふくを考案された方は天才だと思います。

温かみあるイメージの強い和菓子の大福餅と冷たい洋風のアイスクリームという全く対照的な二つの食材から
作られているというあの意外性は発売当初から斬新だったと思います。



雪見だいふくには既にたくさんの味が毎年のように新商品として登場していますけど、
スタンダードな雪見だいふくにひと手間加えてさらに美味しく食べる方法も既にいろいろなサイトで紹介されています。
その一つが雪見だいふくトーストです。
やわらかなおもちでアイスを包んだ雪見だいふくをオープンで焼いた食パンの上にのせた「雪見だいふくトースト」は
ある意味禁断の味なのかもしれないです。
ちなみにこの雪見だいふくトーストは本家本元のロッテの公式HPでも正式に取り上げられていて、その作り方や
応用レシピなども紹介されています。

雪見だいふくトーストは濃厚なバニラアイスクリームの甘さが食パンに染み込み、チーズの塩気とコク、やわらかなおもちが
組み合わさって一度食べると病み付きになりそうです。

その作り方ですけど、とても簡単です。

まず事前に準備するものとしては、

・食パン……1枚
・雪見だいふく……1個
・とろけるチーズ……1枚 です。

1. パンの上にチーズをのせ、その上に雪見だいふくをのせます。

2. オーブントースターでパンに焼き色が付くまで加熱します。目安は約700Wで4〜5分程度です。

チーズの酸味と塩分がアイスの甘さを引き立たせるので、チーズを2枚にしてみるのもおすすめです。

雪見だいふくの甘さを最大限に味わいたいときは、塩気やコクの強いチーズを選択するのもいいといいと思います。

ロッテの公式HPではその応用編として、例えば、クリームチーズフルーツ雪見だいふくトーストや
いちごミルク雪見だいふくトーストなども紹介されていますけど、自分で色々とおいしそうな素材を見つけて
自分だけのレシピを楽しむのもとてもすてきなことだと思います。

CIMG4227_convert_20221105213206.jpg

さてさて、そうした「雪見だいふくトースト」を菓子パンとして再現した商品がパスコより11月1日より発売されています!

商品名は「#禁断の雪見トーストみたいなケーキ」となっています。

この商品は、ロッテより食パンの上にチーズと雪見だいふくをのせてトーストするレシピ「#禁断の雪見トースト」のおいしさを
楽しめる商品を開発できないか?』とパスコ側に持ちかけたことがきっかけで開発が始まり。
試作回数は延べ30回以上、約1年をかけて今回の発売に至ったそうです。

CIMG4229_convert_20221105213230.jpg

CIMG4231_convert_20221105213248.jpg

パスコとしてのこの使用品の開発にあたってのこだわりとコンセプトとは、

・『#禁断の雪見トースト』をイメージし、ケーキ生地におもちのような生地を合わせることで「雪見だいふく」をトーストした際に
楽しめるおもちの食感“ぷにとろ食感”を再現しました。

・バニラ風味のホイップクリームとチーズクリームで、「あまじょっぱさ」を再現しました。

・「#禁断の雪見トースト」の見た目に近づけるべく、トーストと同様の四角い形と、トーストのような焦げ感をケーキ生地で
表現しました。

という事なそうです。

私自身も先日この商品を購入し実食させて頂きましたけど、味はまさに雪見だいふくトーストそのものの味であり、
特にホイップクリームとチーズクリームの融合が実に巧みだと感じたものでした。
反面、生地にはさまっているおもちはお餅でもないし雪見だいふくの皮でもないし、少しふにゃふにゃしすぎているのが
多少気になりましたし、やはりパンとお餅はあまり相性はよくないかも・・と感じたものでした。

だけど全体的にはこの大胆ですてきなコラボの再現度は大変高くて、この甘くて濃厚な味は一度食べたら忘れられない味に
なってしまいそうです~♪



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララがもしも雪見だいふくはたまた
雪見だいふくトーストまたはパスコのこの新製品を食べたとしたら、おいしさのあまり
「オヨ~!」と言いながら「なにこれ、おいしいルン!」というのは間違いないと思いますルン~♪

千葉ロッテマリーンズの本拠地は残念ながら埼玉ではなくて千葉県なのですけど、それでもロッテと埼玉はかなり深い関係が
ありまして、浦和近辺の武蔵浦和にはロッテの工場もありますし、千葉ロッテマリーンズの二軍球場と練習場と二軍宿舎が
あったりもします~♪
そして新狭山にはロッテ新狭山工場もあったりしますし、当初ロッテ二軍の練習場は新狭山にあったそうです。

私自身埼玉在住なのですけど、ロッテと埼玉はなにかとご縁もありますし、
雪見だいふくやこのアレンジしたトースト雪見だいふくを食べながら
2023年度も千葉ロッテマリーンズを応援させて頂きたいと思いますルン~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

一つの可能性

ロッテの雪見だいふくはとってもおいしい定番アイスだと思いますし、最近ではローソンにて雪見だいふくをモチーフにしたお菓子も販売されています。

菓子パンで雪見だいふくを再現しようとした試みはとても面白いと思いますし一つの可能性を示唆しているとは思いますが、実食した限りでは記事にもあるように
クリームは合格点としてももちの部分にまだまだ
研究の余地があるようにも感じられます。

確かに・・

ナタリー 様

ロッテの雪見だいふくをモチーフにした菓子パンはアィディアとしては面白いですし、ある程度の所までは
成功していたと思いますけど、
ご指摘通り「お餅」をイメージした箇所だけは今一つと言えそうです。

ローソンにも同様のお菓子があるとは初めて知りました。

どこのチームも同じですが、強い時は必ず球界を代表するような選手が何人かいたりします。
ロッテの場合は、野手なら落合とか西岡とか、投手なら黒木とか小宮山とか…キーマンになる選手がいるものです。
来年はホークスの千賀、オリックスの吉田など強いチームの代表選手が抜けますので、佐々木や藤原には飛躍のチャンスが巡ってくると思います。
そうすればパリーグ優勝や日本シリーズ制覇は手の届くところに見えてくると思います♪
ぜひ二人とも球界を代表するような選手に成長して欲しいものです。

2005年のマリーンズ

sado jo 様

まさに仰るとおりでして、2005年のマリーンズには福浦・今江・フランコ・西岡などという打の柱と
キャッチャーの里崎、
リリーフ陣の小林雅・薮田・藤田にサブマリンの渡辺俊介に先発の清水など投打ががっちりかみあっていたと
思いますし、だからこそ強かったのだと思います。

ご指摘の藤原選手は本当にその通りだと感じます。

山口と安田と高部は今年は間違いなく何かを掴みましたし、来年の更なる飛躍は期待できますけど
ここに藤原が加わればマリーンズの黄金時代も本当に来るのかもしれないです。
藤原はプロ野球界屈指のイケメンさんでもありますので、さらに期待も大きいです!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |