fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
28位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム




千葉ロッテマリーンズも一時期借金が9つもあり、先発投手が好投しても全く打てないあのウルトラ貧打とか
リリーフの東條やゲレーロ、小野はしっかりと抑えているのにクローザーの益田さんが炎上してしまう試合の多さなどもあり
「今年は結構しんどいシーズンになるのかも・・」と出るのはため息ばかりの日々が長く続いていましたけど、
(特に今年はGW前後がチーム状態としてはどん底であったようにも思えます)
交流戦にてあわや巨人から三タテ食らうのか・・と思わせておいて本上がまさかまさかの巨人様から勝ち星を挙げて以降、
そこからマリーンズのチーム状態が俄然上向きとなり、まさかまさかの中日に三タテを食らわし、DeNAにも2勝1敗と勝ち越し、
交流戦が終わってみたら意外にもマリーンズはパ・リーグチームの中では唯一の勝ち越し球団ということでも交流戦限定の
パ・リーグにおいては首位という事で勢いが出てきたな・・と感じていたら、
先週の日ハム戦においては日ハムがエース級の伊藤と上沢をぶつけてきて、しかも日ハムは若手を中心に
打撃力が大変強いチームであり「これはもしかしたら三タテ食らうのかも・・」と危惧していたら、
なんのことはない・・マリーンズはビッグボス率いる日ハムに対してまさかまさかの三タテを食らわし、
いつの間にやら借金も残り一つまで減らすことができて、順位も西武と同率ですけど3位まで浮上し、
ここにきて安田・山口・佐藤(都)・藤原といった期待の若手たちが少しずつ結果を出し始め、
今年はマリーンズ外野の一角ということですっかりレギュラーに定着した高部のリーディングヒッターとしての役割を
しっかりと担っているだけでなく、ここにきて怪我から復帰した荻野のさすがの勝負強いバッテンングが威力を発揮し、
キャプテン・中村(奨)のチャンスに強い打撃も威力を発しつつあり、
5月までは全くつながらず点が全く入らないしょぼい攻撃と凡打の山を築いていたマリーンズ打線も点と点がつながりはじめ、
最近では一試合3~5点は普通にとれる力強さも戻りつつありそうです。

2019年放映のスター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアのララがプロ野球に興味があるかどうかは
ひとまず置いておいて、ララがマリーンズの意外な?交流戦の善戦や借金返済まで残り1という話を耳にしたとしたら、
ララはその意外さに思わず「オヨ~!」と驚きの声を発するのは容易に想像できそうなのルン・・

本日よりマリーンズは本拠地でのZOZOマリンにて西武を迎え入れますけど、ここでできれば西武を突き放して
借金完済&単独3位浮上を果たし、勢いをつけたうえで来週からの前半戦のもしかしたら最大の山場にもなりそうな
上位2チーム・・楽天とホークスに臨んでほしいものです。
(なかなか、そうしたタヌキの皮算用がうまくいかないのが今年のマリーンズでもあるのですけど、それでもファンとしては
たとえどのような結果になったとしても温かい気持ちで応援はさせて頂きたいと思います)

2019年後半~2021年のマリーンズはどちらかというと「逆転のロッテ」という印象が大変強くて、序盤や中盤で
リードを許しても中継ぎがしっかりと抑えている間に打線が火を噴き、相手のミスに付け込んだりマリーンズ得意の機動力を
活かしたりもしつつ客店に成功し、それを得意の鉄壁のリリーフ陣が抑えるというのが一つのパターンでもありましたけど、
今年はとにかく打てなくて打てなくて、相手チームから先制されると逆転もできずにそのまま敗戦という試合が大変多くて
歯がゆい気持ちで一杯でもありましたけど、ここにきてマリーンズ伝統の?終盤の逆転勝ちという試合がに何試合か続き、
それがさらにチームのとしての勢いと雰囲気の良さにもつながっているようにも感じたりもします。
先週・・金曜日の日ハム戦でも腰痛で一時登録抹消された石川さんにかわってマリーンズの18番を背負う二木が
4月以来久しぶりに登板しましたけど、マリーンズファンの予想通り?? 二木は序盤でKOされ4-0の展開が続き主記しい雰囲気に
なりかけていましたけど、二木の後に登板した北海道出身の本上がロングリリーフに成功し、札幌ドームで7回まで
日ハムを0に抑え、そうしたところ、8回にマリーンズは2点を返し、最終回には怒涛の連打や和田の果敢なホームスチールまで
ありなんと5点を取り、結果的に大逆転勝利をおさめたのは昨年までの逆転のロッテの復活を予感させる
素晴らしい試合でもありました!

マリーンズはシーズン途中から加入したメジャーでの実績十分のクローザーのオスナ投手を獲得し、本日よりベンチ入り
しますけど、果たしてどのような投球をしてくれるのか楽しみですし、益田とオスナのダブルストッパーが実現できれば
もしかしたら、もしかする可能性も少しはあるのかもしれないです。
先日の日曜の試合ではマリーンズはマーティン・レアードを外して純正和製打線で臨んでいましたけど、
確かにパンチ力には欠けるものの「何か」は期待できモノは十分に感じたものでした。

二軍では怪我から復帰の種市投手も順調に回復しているようですし、オスナの登録によって内野のエチェバリヤが抹消される
という意外なことになってしまいましたけど
(個人的にはマーティンを抹消し、昨年からの怪我の回復や調整にしばらくは専念した方がいいのかもしれないです・・)
代わりに二軍では無双状態で打ちまくっている茶谷の一軍での活躍も見てみたい気もします。

2022年のマリーンズというとどうしても佐々木(朗)-松川という若きバッテリーという印象が強いですけど、他の有望な選手たちも
たくさんいますので、
とにかくチーム一丸となってまずは「借金完済」を実現してほしいものです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |