FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
22位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


チルノ時計


ジャン=フルネ

昔も今も比較的高齢者の方を相手にした仕事が多かったもので、
普通の人よりは高齢者の方と接する機会は多いと思います。

高齢者の方と色々お話しする事は結構ためになる事も多く、割と好きな方です。

困るのは、年を取っても生臭い方というか、とっくに現役を引退しているのに
いつまでも現役の感覚のまま、偉そうに意見ばかりする方とか、
自分の自慢話ばかりを延々とされる方ですね・・・

適度に枯れているというか、本当は若い世代に色々と意見をしたい所をぐっと
こらえて、「あー、そっか、そっか、君も大変だねー」と適度にすっとぼけられる
事が出来るのが、現代のご老人の一つの才能ではないのかなとも
思います。

クラシックの世界ですと、演奏者はやはり若い世代の方がパワーや元気があるし
感性も豊かで聴いていて面白い感じもします。
年配になると、評論家の先生達も高齢者に配慮してなのか(?)
「円熟の極み」とか「ベテランの芸」とか言ってお茶を濁しているような気も
するのですが、明らかに「年のせいで反射神経が落ちている」と感じる演奏にしばしば
お目にかかったのも事実ではないかと思います。

指揮者になると結構違ってくるのかなとも思います。

やはり指揮者にとって大切なのは「経験」なんでしょうかね。
若い頃は、自分一人の感性でグイグイ押してきたのが、年と経験を重ねてくると
バランス感覚とか、オーケストラのメンバーとの人間関係のありかたなどによって
大分変わってくるのかもしれませんね。

話は違いますが、自分自身も四捨五入をすると五十代に差し掛かる年齢が近くなると、
さすがに「若い頃とは違うなー」と感じる場面が色々出てきます。
最近思うことは、
「年はとりたくないけど、年は取ってしまう。
 自分の事を自分で出来る内はいいけど、自分の事を自分自身で出来なくなり、
 他人の力を借りなきゃ生きられないようでは、嫌だなー。
 そうまでして生きていたいとは思わない」
 という事です。
(賛否両論はあるとは思いますが・・・)

自分が生の演奏会を色々と聴いていた中で、都響や日本フィルでしばしば
ジャン=フルネの指揮による演奏を聴いた事があります。
(フランクの交響曲やイベールの寄港地、
 ダフニスとクロエ第二組曲の演奏は印象的です。)

最後にこの人の演奏を聴いたのは確か、2000年頃の都響のプロムナードコンサートで
確か曲目は、ラロの歌劇「イスの王様」序曲、幻想交響曲などでした。
でも正直驚きました。
当時フルネは既に90歳を少し超えていましたが、指揮振りは年をほとんど
感じさせないもので、2時間近い演奏会をこなすだけの体力も気力も充実していたと
思います。
何よりも演奏の感覚が若いことに驚かされました。
ベルリオーズの幻想交響曲も、どちららかというと、猟奇的な解釈を取り
「おめーら、このまま地獄に堕ちてしまえ」と壇上から喚いているような
感覚さえもありました。

ホント、ああいう年の取り方が出来ればいいなーと思う今日この頃です。

余談ですが、当日のアンコール曲は、
「ウィリアム=テル」序曲のスイス軍の行進でしたが、
この曲は、昔「俺たち、ひょうきん族」のオープニング曲だったせいもあると
思うのですが、なぜか聴衆から失笑が出ていたのが印象的です。

フルネも、もしかして、「なぜトランペットのファンファーレが始まった瞬間に
会場から笑い声が起きるのだ?」と思っていたかも
しれません・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/61-8828e9e5
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |