FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


バッハの「トッカータとフーガ二短調」は、ほとんどの人が誰しもがその出だしくらいは
聴いたことがある超有名な曲だと思います。
よくテレビのバラエティーとか軽いドラマですと、
「やっちまったー」とか「これはヤバい・・・」みたいな場面によくBGMで使用されていますよね。
そういえば、昔嘉門達夫の「鼻から牛乳」も
その元々のパクリは、このバッハのトッカータとフーガでしたよね・・・

バッハの曲の場合、結構オルガンで演奏される曲は多いと思います。
この「トッカータとフーガ二短調」もパイプオルガンで演奏される事は非常に多いです。
自分自身、この曲を初めてオルガンで生で聴いたのは、
1989年の松居直美によるサントリーホールのものでした。
但し、この演奏会は一般聴衆を対象としたものではなく、
何と当時自分が勤務していた某地方銀行(現在は既に破綻・・)の創立40周年を記念して
サントリーホールを貸し切って、行員のためだけに記念演奏会を開催したものだったのです。
いやー、当時は「バブル絶頂期」とはいえ、ホント太っ腹というか、ムダ金を景気よく
ポンポン消費していた時代だったのですよね・・・
ついでに言うと、この年の大運動会は、東京ドームを貸切してのものでした・・・
演奏は、正直全然記憶にありません。
やはり職場の行事というと、あまり気持ちが入っていなかったのかもしれませんよね。
後半のプログラムは確か打楽器奏者の山口氏を交えて、
オルガンとパーカッションのための「展覧会の絵」でしたけど、
こちらもほとんど印象に残っていません・・・

「トッカータとフーガ二短調」は、自分にとって実質的に初めて聴いたのは
日本フィルが初めてだったと思います。
確かこの演奏会では、
前半の一曲目に井上圭子さんパイプオルガン独走として
前半の二曲目にストコフスキー編曲の管弦楽版として聴いたのですが、
この試みは大変興味深いものでした。
同じ曲でもオルガンだけと管弦楽の響きでは、全然別の曲のようにも
聴こえてしまい、中々面白い実験でした。
ストコフスキー編曲は、意外と地味というか、管楽器はそれ程使用していないし、
打楽器もティンパニーだけで、
意外とモノトーンみたいな響きだったと思います。

「トッカータとフーガ二短調」は吹奏楽にもいろいろな人がアレンジしていますが、
有名なのは、ライゼン編曲かな・・・
このアレンジでは、1982年に創価学会関西が怒涛の圧倒的名演を残しています。
この演奏を聴くと思うのですが、やはり弦だけではなくて、楽器の中でも特に色彩的響きの強い
管楽器を前面に出した響きは非常にカラフルだと感じます。
ストコフスキーは比較的、原曲に忠実
吹奏楽版は色彩感重視という感じもします。
最近では、森田和浩氏のアレンジが実に個性的で興味深いです。
1999年の伊奈学園総合高校が森田氏のアレンジを使用していますが、
途中で管楽器を止め、チェレスタとグロッケンだけの部分を浮き彫りにさせていますが、
これが実に古典的な響きで大変素晴らしいアィディアだと思います。

最近では川口リリアで井上圭子さんのソロでのこの曲を聴きましたけど
やはり「シンプル・イズ・ベスト」を証明した作品であるようにも感じたものでした。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

編曲

こんにちは。

編曲は誰の手によるものか、又は編曲者のアイデアによって大きく左右されますね。

「トッカータとフーガ二短調」の編曲はオーケストラ演奏ではストコフスキー編曲でしか聞いたことがなく、吹奏楽ではギャルドでしか聞いたことがありません。

ギャルド盤は誰の編曲なんでしょうか?
一番オルガンに近い編曲であり、演奏ではないでしょうか。他を聞いたことがないのに、勝手に思い込んでいますが(笑)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/601-7b5b613b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |