FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1988年~2001年の勤務していた銀行が破綻するまで、地方銀行の営業職を
長い間勤めていました。

2001年以降現在まで、住宅・建築業関係に身をおいていますが、金融機関を
離れてみて、金融機関に勤めて良かった事や本当に嫌だった事が
浮き彫りになってきたような感じもします。

自分が在籍した銀行は、第二地方銀行あがりの本当にろくでもないところであり、
(だから破綻してしまうのですよね・・)
今思うと日常業務で妙な事ばかりやっていたと思います。

まず何と言っても「集金業務」が本当にくだらないというか、意味がないと言うか、
面倒というか、利益に全然貢献していないムダの塊という
感じでした。

信用金庫とか信用組合が、「地域密着」とか「フェイストゥーフェイス」とか何とかいって
地域の商店街や町工場などの売上等の集金をしたり、積み立て預金を勧誘するのは
分かります。
(今でもああいう事をやっているのかな・・?)
でも一応地方銀行が、集金業務を日常的に行うというのは
どんなものなんでしょう?

確かに「積立定期」というのは、使い方によっては金融機関にとって
面白い商品です。
というか、積立なんか額もしれているし、経費の無駄遣い以外の何者でも
ないんだけど、
各家庭や各中小零細企業に、毎月積立を集めに行くことで、
主婦や社長と面談し、預金・融資情報を仕入れるという意味では
面白いとは思います。
各家庭や企業に入り込める「きっかけ」商品なのだと思います。

確かに振り返ってみると、毎月最低一回は顔を出すことで、雑談・馬鹿話を含めて
色々な話をしていく中で、人間関係が出来、その中で信頼関係が得られれば
「今度、あの銀行の定期が満期を迎える」とか「子供の進学資金が大変」とか
色々情報を得られていたと思います。

だけど、「きっかけ作り」という本来の目的を完全に忘れて
積立定期の数だけを目標にひたすら拡大路線に突っ走っていったのは
アホとしかいいようがなかったと思います。
何か、結果的に一時期、集金の為の集金に追われて、本来の情報獲得という目的を
完全に置き去ったのは本当にマヌケ以外のなにものでもないと
思います。

本当に時間のムダだった・・・・

ああいう時間を富裕層の開拓とか優良貸出先の開拓に使っていたら
破綻なんかしなかったのにね・・・
(勿論、破綻の原因はそこだけにあるという訳ではありませんけどね・・・)

でも本当に無駄だなーと感じたのは、融資金の返済金までも行員が自ら
集金に行かされた体質なのかもしれません。

だって、本来借りたお金は期日までに、その銀行に入金に行くのが
当たり前の姿だと思うのですが、それすらも行員がわざわざ集金に行くのだから
本当にアホでしたね・・・

借りたお金を自ら入金しない債務者は、借りたお金を返さない(返せない)債務者は
最終的には、保証会社からの代位弁済や抵当権の行使によって
強制返済させるしかないのにね・・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/60-eb5e0f37
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |