FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
27位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
4位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


2011年でしたが、映画「プリキュアオールスターズ・デラックス3」が公開されましたが、
その映画の中で、当時21名だったプリキュア達は、ピンクチーム・ブルーチーム・イエローチームの
三つに分断されてしまいます。

元々「ハートキャッチプリキュア」のプリキュア(特にブロッサムとマリン)はシリーズ全体を
通じても、デザイン・絵柄・世界観が他の歴代プリキュアとは少し異なっているようにも
感じます。
初代・二代目・プリキュア5は、全体を通じて勧善懲悪的な要素・強さと優しさが同居した主人公の成長が
主軸になっているのに対して、ハートキャッチのつぼみとえりかは、元々コンプレックスと心の弱さを
抱え込んでいることから物語が始まっていく事にも相当前作との違いは感じられます。

映画に話を戻すと、ピンクチームに組まれたブロッサムは、特に違和感も無くドリームやピーチ達と
溶け込んでいるようにも思われますが、
知性・冷静さが売りのブルーチームに組まれたマリンは、一人だけ違和感をぶんぶん発揮させながら
浮きまくっています。
ホワイト・イーグレット・アクア・ミント・ベリー・リズムという比較的統一された感じのする
キャラクターデザインの中で、全く異質というか、浮きまくっている事にむしろマリンらしい「痛快さ」を
感じてしまいます。
そういえば、シリーズの中でもマリンの売りは、「変顔」と「うざ可愛らしさ」でしたものね。

アクアとミントの作戦に引っかかったマヌケ敵キャラに対して、「どんなもんだい」と大見得を切るマリンに
対して「おいおい」と突っ込むベリーが本当に不憫に思います。

歴代のアホ系を担当してきたピンクチームの中に配属されたブロッサムは、一人だけ優等生の役割を
持つことになってしまいますが、ブロッサム自身もシリーズを通じて著しい心の成長があったので、
ドリーム達と全く遜色のない活躍を示しているのは、シリーズ初期の史上最弱のプリキュアと散々揶揄された
ブロッサムを影ながら応援したものにとっては嬉しい限りです。

全体写真を見ても、マリンは、中学生の中に一人だけ小学生が紛れ込んだという印象が強いです。

スイートで後に本当に小学生プリキュア(ミューズ)が登場しますが、ミューズの方が余程大人びて
みえるのはご愛嬌というやつでしょう・・・

でも、スマイルでは、マリンよりももっと背が低くて、ある意味史上最弱ともいえるじゃんけんのプリキュアも
登場しますけどね・・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/6-2536ffeb
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |