FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


〇中村学園

 A/スペイン奇想曲

 このチームの演奏を聴いて感じることが多々あります。
 一言で言うと「リズムが非常にベタベタしている」という事です。
 全体的にダーダー吹きではないのだけど、それに限りなく近いレガート奏法を
 徹底し過ぎたような感じもします。
 課題曲のイリュージョンも「全速疾走」という力強さではなくて、何となく厚化粧を
 しながらオカマさんがヨタヨタしながら走っていくような感じもします。
 スペイン奇想曲も同様の印象です。
 だけどこの年の中村学園は、非常に個人技が優れています。
 クラリネット・フルート・オーボエ・サックスセクションのソロは、ほぼ完璧に近いものが
 あります。
 だけど何でこんなにリズムが甘く感じるのでしょうか??
 一つ指摘しておきたいことは、自分自身も1983年の定期演奏会にてこのスペイン奇想曲を
 演奏したのですが、自分の高校も中村学園も
 編曲はウィンターボトム版を使用しています。このアレンジは、メロディーラインが何か
 薄く書かれていて、それに対してリズムセクション、特に後打ちのパートが何故か分厚く
 書かれている傾向にあります。
 だからどうしても譜面通り吹いてしまいますと、必然的にリズムばかりが強調されてしまい、
 メロディーラインがかき消されてしまう傾向にあります。
 それゆえ、元々ダーダー吹き傾向の強い当時の中村学園も、ダーダー吹きのリズムが
 何となく強調されてしまい、結果的にベタベタ聴こえるのかもしれません。
 第五楽章の駆け抜けるような一直線みたいな響きは
 「さすが中村学園」という感じもします。

 中村学園が本格的に覚醒するのは1985年以降かな・・・

〇弘前南高校

 B/組曲「イタリアの印象」より

 このチームはこの年五年連続金賞がかかり、奏者も大変だったと思いますが、そうした気負いを
 全く感じさせないおおらかでのびのびとした演奏を終始聴かせてくれています。
 課題曲は、後半のトランペットのデュエットソロをフルートに置き換えているのは、
 チームカラーとして木管重視のこのチームらしいアィディアです。
 自由曲も、それほど大きな盛り上がりやffが少ない曲ですが、非常に音楽的に仕上げていて、
 大変高度な仕上がりに聴こえます。
 ゆったりとした響きの中にも、高次元の音楽的表現がちりばめられ、
 このチーム独特のサウンドの美しさもあいまって、
 これ以上は望みようがない完成度の高さにまで曲を仕上げています。
 「山の頂にて」のラスト近くのホルンの音程の悪さと凡ミスが少し残念だったかも・・・

 このチームは、五年連続金賞を成し遂げましたが、この5年以外、全国大会には一度も
 出場していません。
 つまり全国に出れば100%金賞というチームは、五回以上全国に出ているチームだけに
 絞れば、弘前南だけなのかもしれません。
 しかもこのチーム、この5年の間には、指揮者が交代しています。
 77年~79年は斉藤久子先生、80年~81年と82年の特別演奏は斉藤聖一先生
 指揮者が途中で交代しているのに、こうした偉業を達成したその努力には、本当に
 頭が下がる思いがあります。
 斉藤久子先生自体は、どちらかというと、「エル・サロン・メヒコ」や「道化師」に象徴されるように
 どちらかというと、元気一杯の自然な野生児という印象がある一方で
 斉藤聖一先生時代は、サウンドは洗練・おななしめ・美的という特徴があり、両者には
 相当の音楽的な作りには違いがあります。
 だけどそれでも5年連続金賞を達成してしまうのだから、やはりすごいと思います。

 5年連続金賞を成し遂げたチームで途中で指揮者が交代した例として
 他には、ヤマハ浜松と天理高校があるかな・・・?
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/597-0114a2fc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |