fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




昨日・・、10月12日のオリックスとのCSクライマックスステージ第三戦にて、千葉ロッテマリーンズはかなり善戦し
手に汗握る素晴らしい試合を見せてくれ、随所にマリーンズが一年間追い求めてきた「この一点を掴みとる」という姿勢を
見ることが出来たのは大変良かったです。
結果的に8回までマリーンズが一点リードで迎え、9回を任されたクローザーの益田投手が打たれてしまい
昨年に続いてCS突破、そして日本シリーズ進出の夢は潰えてしまいましたけど、
益田さんを責めることは到底できないし、むしろよくここまでマリーンズの9回を守護神として抑えて貰っていた事に
感謝の気持ちしかないです。
(ただ・・全体的には絶対に負けられない試合で数試合も最終回を益田さんが打たれて破れてしまった事はかなり
痛かったですし、特に9月30日のオリックス戦でT-岡田にスリーランホームランを浴びて負けてしまった試合は
マリーンズにとっては大きなターニングポイントとなってしまった試合のように今更ながら感じたりもします)

だけど勝負は時の運もあります。

敗れてしまった事は仕方がない事ですし、選手や関係者の皆様には一年間お疲れ様でしたと申し上げたい気持ちで
一杯ですし、
昨年に続いてシーズン2位でCSに2年連続出場できたことに心の底から「ありがとうございます」と感謝したいです。

オリックスとは正直それほど大きな戦力差は感じなかったですけど、オリックスにあってマリーンズになかったものというと
やはり絶対的エースの存在と日本人4番打者の存在と言えそうです。
来年は、絶対的エースというと佐々木朗希と小島、怪我から戻ってきた種市に期待したいですし、日本人長距離砲というと
いまだに眠れる獅子状態の安田の覚醒に期待するしかないです・・

来年も井口監督の体制が継続される事が既に決まっていますが、2017年の惨憺たる最下位から、
18年は最後の最後まで楽天と最下位を争っての5位、19年は最終試合まで3位・楽天とCSの出場枠をかけて奮闘した4位、
20年は2位に入ったとはいえ首位・ホークスに14ゲーム差を付けられた終盤の大失速、そして今年は
優勝したオリックスとはほぼ互角の成績の2位ということで年々上昇傾向は続いていますので、
来年度は是非悲願のリーグ優勝を実現して欲しいと思います。
マリーンズファンは私も含めてどちらかというとCSを勝つ抜けての下剋上日本一よりもリーグ最高勝率での
文句のつけようのないリーグ優勝を願っている人の方が多いのかもしれないです。

そして来年こそは2019年放映のスター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアのララちゃんが「オヨ~!」といいそうな
パ・リーグ制覇を是非実現して欲しいですルン~♪
関連記事
スポンサーサイト



 | BLOG TOP |