fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




土日のCSファーストステージにてどうにかこうにか千葉ロッテマリーンズは楽天に1勝1分ということで無事に勝ち抜け、
いよいよ大阪に舞台を移しCSファイナルステージが明日・・、11月10日より始まります!

10月終わりにマリーンズがオリックスに優勝を譲った際には、もしかしたら1970年以来51年振りのリーグ最高勝率での
リーグ優勝が実現するかという私も含めてロッテファン悲願の「夢」はあと一歩のところで届かなかった事もあり、
(考えてみると1977年あたりからロッテファンをさせて頂いている私自身もロッテのリーグ優勝と言う喜びは実は一度も
経験していない・・という事であったりもします。
もちろん、2005年や2010年のCSを勝ち抜けての下剋上日本一という喜びも経験させて頂きましたけど、
やはり一度ぐらいは歓喜のリーグ優勝という事も経験したいものです~♪)
正直言ってリーグ優勝を逃した頃はなんだか少しばかり虚脱状態になってしまい、
「CSかぁ・・なんだかそれはどうでもいい話なのかもしれないし、リーグ優勝のまたとない絶好のチャンスを逃して
しまった脱力感はちょっと半端無いかも・・」と感じていたものですけど、
すいません・・それは訂正させて頂きます。
やっぱりCSが始まると、ついついいつものように「マリーンズ、頑張れ~!」となってしまいますし、土日は仕事中という事もあり、
仕事をしながら移動の車中でネット中継やネット速報に一喜一憂させて頂くと、
「あー、やっぱりプロ野球・・特にパ・リーグはいいよね~♪ 確かにシーズン優勝は逃したけどCSはそれはそれでの
お祭りみたいな要素もあるし、
オリックス相手に雪辱の機会を与えて頂いたというワンチャンスはやっぱりありがたいよね~♪」と感じてしまいます。
もちろんリーグ優勝をした上でCSを勝ち抜け日本シリーズに進み日本一になる事が理想なのですけど、
こうやってCSのあの熱戦を拝見させて頂くと、
「通常シーズンはシーズンとして長丁場の意義があるけど、CS進出によって再度ひっくり返すチャンスが与えられた
事はCSを勝ち抜けたチームの一つの特権と考えると、それはそれで大変意義があるものなのかもしれない」と
感じるようになったものです。

土日はセ・リーグもパ・リーグも同時にCSファーストステージが開催されましたけど、セ・リーグの方はなんだか淡々と
巨人が阪神を下し、印象としてはあっけなくあまり盛り上がらず終わったような感じもしましたけど、
パ・リーグの楽天-千葉ロッテマリーンズの2試合は本当に手に汗握る展開で、逆転に次ぐ逆転とか
共に自慢のリリーフ陣が打たれてしまうという予想外の展開やマリーンズのサヨナラ勝ちなど、
まさに両チームの「なんとか自分達がファーストステージを勝ち抜けオリックスと対戦したい!」という気迫と意地が伝わり、
正直・・どちらに転ぶか全くわからない展開の2試合は「野球の醍醐味」を堪能させて頂いたものですし、
ああいうハラハラドキドキの連続の試合こそが最大のファンサービスともいえそうですし、
楽天・マリーンズ両チームの選手の皆様の奮闘には心打たれるものがありました。
CSの是非は以前からよく言われますし、2018~19年の西武のようにリーグ優勝を果たしながらも日本シリーズに
出場できないのはヘンじゃないの・・?みたいな議論は怒りがちですけど、こういうCSでの白熱した試合を見てしまうと
「やっぱりCSはあったほうがいいよね~」と感じてしまいそうです。
結果としてマリーンズがCSファーストステージを勝ち抜けましたけど、あんな逆転に次ぐ逆転のハラハラドキドキの
ホラーな展開を見てしまうと「楽天とロッテのどちらが勝っても文句はいえそうもない・・」という内容でも
ありましたので、そうしたワクワク感を楽しめただけでもシーズン3位以内に入った意義と価値はあるのだと思います。

佐々木朗希の圧巻のピッチング、一戦目で自爆した国吉さんが2戦目ではきちんと立て直してきたことや、
レアード・エチェバリヤ・マーティンの助っ人三人が揃いも揃って存在感を発揮してくれましたし、
特に一戦目で敗色濃厚な中でのエチェの値千金の同点ホームランや9回の佐藤(都)の目が覚めるような打球の速さの
サヨナラヒットに、若手の山口の大活躍に、クローザーの益田さんの圧倒的存在感や
やっぱり最後は頼れる神様三田な存在のマーティンの一振りで試合を振り出しに戻してしまうなど
マリーンズが持っているモノを全て出し切った上での勝利という感じでもありましたし、チームと井口監督が求めてきた
「この一点をつかみとる」という粘りの野球が存分に発揮した素晴らしい試合だったと思いますし、
敗れた楽天にも最大限の敬意と称賛を贈らさせて頂きたいと思いますし、中でも島内のあの素晴らしいチャンスの強さは
圧巻のモノがあったと思います。

本当にあの楽天の2試合は2019年放映のスター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアの羽衣ララが
感嘆した時に発する「オヨ~!」というワードが自然に口から出てしまうような驚きと感動の連続の試合だったと
思いますルン~♪

明日・・、11月10日よりCSのファイナルステージが始まります!

オリックスはホームグラウンドの大阪ドームでの試合や既に一勝というアドバンテージが与えられている事や
オリックスには「一勝」が確実に計算できる山本投手という絶対的エースが控えていて、
実質的にはオリックスは戦う前から2勝というアドバンテージがあるみたいな感じで、正直マリーンズは
戦況的にはかなり厳しいです。
しかも佐々木朗希と小島という勝ち星の計算ができそうなピッチャーは第1~3戦目あたりには使えないということで、
マリーンズの裏ローテでやりくりしないといけないみたいな不利な点ばかりが見えてきそうですけど、
楽天戦において石川投手を使わずに済んだことが大きいといえそうですし、石川・岩下・河村・本前・美馬で
どうにかこうにか6回までやりくりできれば、後はマリーンズ自慢の強力なリリーフ陣が控えていますし、
なんとか第4戦・5戦にまでもつれれば再度佐々木朗希や小島を投入する事も可能ですし、このあたりにしか
マリーンズの勝機は無いのかもしれないです。

打つ方は助っ人三人組に山口・佐藤(都)といった若手が楽天戦での調子の良さをそのまま大阪まで持っていって
ほしいですし、もしも・・藤原と安田という若手伸び悩み組がこの大舞台で何か大きな「奇跡」でも起こしてくれれば、
まさかまさかの展開もあり得るのかもしれないです。

とにかく明日からのオリックスとのCSファイナルステージは、マリーンズらしいしぶとくて粘りのある野球を見せて
ほしいですし、あたたかい気持ちでハラハラドキドキしながらマリーンズを応援をさせて頂きたいと思います~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

CS戦 ファイナルステージ楽しみですね。
延長がない試合なので初戦を落とさないように
頑張ってほしいですね。
佐々木 朗希投手も良く投げたなぁと思います。
サヨナラ勝ちは嬉しかったですよね。

セ・リーグは 巨人が進出することになったので⤵
ヤクルトに日本シリーズに出てほしいなぁと思っています。


がんばれ~!井口監督。
辞めてしまえ~!矢野監督・・・です(笑)

極めて難しいけど・・

花梨 様

本日よりCSファイナルステージが始まりますけど、私もヤクルトに勝ちぬけて欲しいですし、巨人には日本シリーズに
来て欲しくないです。
やはりシーズン負け越しで日本シリーズというのもなんかヘンだと思いますし、
マリーンズも昨年ホークスに14ゲーム差付けられ万一日本シリーズに行ったとしてもホークスファンに申し訳ないな・と
感じたと思います。

今年のマリーンズはオリックスと最後の最後まで優勝争いをしていて対戦成績も全くの五分でしたので、
もしも日本シリーズに行ったとしても比較的大きな顔は出来そうです・・

オリックスには一勝のアドバンテージがあり、しかも一生ょ確実に計算できる山本投手の存在がありますので、
可能性としては極めて厳しそうですけど、
楽天戦で見せたあの粘り強く一点を取りに行く姿勢を最後まで貫く事が出来れば勝機はあるのかもしれないです。

今年は・・

sado jo 様

昨年と一昨年の短期決戦の日本シリーズではホークスに惨めな4タテを食らって短期決戦に弱い巨人と
相当批判されたものですけど、
今年に限っては巨人も大分短期決戦における勝負どころを学んだのかもしれないです。

阪神も大変惜しかったですけど、この屈辱を来年改めて晴らして欲しいですね~

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |