FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


グラズノフというロシアの作曲家は、日本での知名度は今一つなのかも・・
自分のように吹奏楽出身というと、すぐにバレエ音楽「四季」より第四場・秋という曲が
思いつくのでしょうけど、
全般的には「誰、それ・・・?」という感じなのかもしれません。
「四季」以外では、

〇ヴァイオリン協奏曲

〇交響詩「ステンカ・ラージン」

〇組曲「バレエの情景」

〇バレエ音楽「中世より」
などが比較的知られているかもしれませんけど、
世間一般的には「何やねん、それ・・・」という感じでしょうね。
グラズノフというと、個人的には小品なのですけど、
コンサートワルツ第一番という可愛らしい曲を強く推したいです。
この曲は、1980年代中盤のNHK・FMの朝八時からのクラシック番組のテーマ音楽にも
なっていましたけど、そんなの覚えている人はもういないでしょうね・・・(笑)
余談ですけど、むかーし、お金がない頃、よくFM等のクラシック番組を
カセットテープでエアチェックし録音していた時期もありましたけど、
これだけ音楽のダウンロード化が進行した現在、カセットテープとかエアチェックという
言葉でさえ既に「死語の世界」でしょうね・・・

グラズノフは、ロシア5人組+チャイコフスキーとショスタコ・プロコフィエフ・ストラヴィンスキーの世代の
丁度中間に位置し、事実、グラズノフは、音楽院の院長時代にショスタコーヴイッチを直接指導
していました。
(ショスタコの「証言」を読むと、その頃の話がかなり赤裸々に語られています)
グラズノフの作風は、特に特徴がないというか、特段癖も個性も無い代わりに
誰からも愛される資格がありそうという印象です。
人によっては「ロシアのメンデルスゾーン」と呼ぶ人もいるそうです。
ま、確かにショスタコみたいな毒もプロコみたいな不協和音も
ストラヴィンスキーみたいな明確な個性もありませんし、どちらかというと
チャイコフスキーの路線そのまんまという感じもしなくはありませんけど、中々分かり易くて
親しみやすい曲を後世に色々と残しています。
意外ですが、グラズノフはロシア革命後は、革命政権を嫌ったのか、ロシアを離れ
パリに亡命し、パリで生涯を閉じています。

さて、彼の代表曲、バレエ音楽「四季」ですが、
最初は第四場・秋を吹奏楽版で聴き、そのロマンティックと華やかさにすっかり魅了されてしまったのですが、
改めて全曲を聴くと、全四場とも全て同じ「テーマ」で曲が構成されていますので、
何かどの部分を聴いても同じように聴こえてしまいます。
何となく「金太郎飴」みたいな印象もあります。
でも正直に言うと、一番良いのは、やはり第四場・秋だと思います。
日本人の感覚だと、第四場、つまり最終場面に該当する季節というと、一番盛り上がりそうな
夏とか春を連想してしまいますが、
夏が短いロシアの人にとっては、「収穫の秋」こそが一番盛り上がる季節なのかも
しれませんよね。
「秋」は三つの場面から構成されていますが、
最初の出だしがいかにも収穫祭のうきうきとした感じがよく出ていて楽しいです。
中間部は、しっとりと歌い上げているし、ラストは冒頭の再現部分で、華麗に盛り上がっていきます。

自分自身、この曲の生演奏は一度しかありません。
ロジェストヴェンスキー指揮の読響でしたけど、生で聴くと意外とこの曲は地味にも聴こえて、
指揮者としても「どこに盛り上がりの頂点を構成しようか」意外と判断に迷う曲なのかも
しれません。

CDは、ヤルヴィ指揮/スコットランド国立管弦楽団の演奏が一番気に入っています。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/593-6eae554c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |