fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




昨日のドラフトはとても面白かったですし、今年のドラフトは各チームともそれぞれのチームの弱点を的確に補うという感じでしたし、
そういう意味ならどのチームもそれぞれ的確な補強を行えたということは及第点といえそうです。
マリーンズも事前の予測では「マリーンズは小島投手以外は頼りになる先発左腕がいないから競合覚悟で
西日本工大の隅田知一郎投手を狙いに行くのかな・・?と思っていましたが、
一位で高校通算43本塁打の高校No. 1捕手の松川虎生(市和歌山高)を指名して将来の正捕手候補の課題を解決すると、
2位で攻守ともに即戦力の二塁手・池田来翔(国士舘大)、3位で社会人No. 1投手として1位候補にも挙げられていた
廣畑敦也(三菱自動車倉敷オーシャンズ)の指名に成功し、
即戦力と将来の懸念を今のうちから考えておくという意味では成功の範疇といえそうですし、
将来がとても楽しみともいえそうです。
マリーンズの補強ポイントは左腕先発でしたけど、それ以上にキャッチャーもウイークポイントといえそうです。

あと4~5年は今年中日から移籍した加藤さんと昨年までの正捕手の田村でやりくりして、松川さんを二軍でじっくりと
育てていくという戦略といえそうです。
佐藤捕手はもしかしたら、あの類まれなるバッティングセンスにより一塁にコンバートされるのかもしれないです。
マリーンズの2軍は今年のイースタンを優勝で飾り、鳥越二軍監督-福浦二軍ヘッドというラインが高度に機能していますので、
松川さんもぜひぜひ埼玉の浦和の二軍でまずはじっくりとプロの世界に慣れて頂きたいです。
マリーンズの2軍は絶好調ですけど、一軍に上がってくると途端に力が発揮できず二軍に逆戻りというパターンもありますので、
平沢大河や高部あたりがそろそろ本格的に覚醒してほしいものです!
(安田もそろそろ本格的に覚醒してほしいです・・)

そうした来期以降の期待も大切ですけど、まずは本日からの
パ・リーグの正真正銘の天王山ともいえるオリックス-千葉ロッテマリーンズの首位攻防戦もベストを尽くしてほしいです。

正直今のオリックスにはどう逆立ちしても勝てそうにもないですし、せめて前節のような同一カード3連敗だけは
避けてほしいです。
とはいってもオリックスはこの三連戦に田嶋・山崎・宮城といった左投手をぶつけてくると思いますし、この3人のピッチャーを
今の深刻な貧打のマリーンズ打線が攻略できるとは思えませんし、
マリーンズで先発が予想される小島・石川・佐々木朗希も正直不安しかないですけど、
2021年のシーズンも各チームそれぞれ残り10前後となっていますので、なんとかマリーンズも最後の力を振り絞って
臨んでほしいです。

今年のパ・リーグはとても劇的で、数年前のAクラス(ソフトバンク・西武・日本ハム)とBクラス(楽天・ロッテ・オリックス)が
モノの見事に逆転してしまった状況ですけど、
今年に関しては希望としてはなんとかホークスはこのままBクラスにとどまってCSには出てほしくないです。
というのもホークスは確かに今年はチーム状態はあまりよくないのですけど、万一CSに出てきてしまうと、
短期決戦にやたらと強くなによりも選手たちに短期決戦の経験値がありますので、今年に関してはこのまま眠れる鷹のままで
いてほしいな・・と感じたりもします。

マリーンズもまだまだチーム力が確立できていませんし、井口監督がいわれるような
「これまでのCSからの勝ち上がりという下剋上ではなくてシーズンを通して1位での優勝、そして日本シリーズ進出を目指す」
というのは正直今年はまだ少し厳しいものがありそうですし、それは来年以降の宿題なのかもしれないです。
マリーンズファンを長くやっていると「弱いのが普通」・「CSに出場できれば御の字」という感覚がありますけど、
昨年と今年は「もしかしたら本当に優勝できるのかも・・!?」という期待と夢を感じたことはとてもありがたいですし、
もしも今年のシーズンで優勝できなくても来年以降に期待できるものは間違いなくありますし、弱くても強くても
千葉ロッテマリーンズというチームを温かい気持ちで応援するのがマリーンズファンなのかもしれないです。

とにかくたとえ今年がどのような結果になったとしても温かい気持ちで応援させて頂きたいと思いますが、繰り返しになります
けど、前節のようなオリックス戦3連敗を食らったとしたら
ララちゃんではないですけど、私自身が「オヨ~!」となってしまいそうなのルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

攻撃力に萌えを

こんにちは。
ホークスの連覇が途絶えてしまいました。
どっかで7つ勝てばイイのに。
8つ敗けるんだからCSはムリかな。
攻撃面で萌えがナイから仕方ありません。

マリーンズのキーマンはエチェバリア。
マーリンズにもいたショートに期待です。
左なら成田翔がいるじゃないですか。
フェニックスに出なかったらヤバいけど。

成田さんは・・

五航戦の愛鷹  様

昨日のホークスは楽天に鮮やかに逆転勝ちをしCS進出に望みをつなぎましたので、
むしろ本日からのマリーンズ戦は死に物狂いできそうだから戦々恐々です。

マリーンズに51年ぶりのマジックが点灯しましたけど、2位でのマジックですし、
残り10試合で9だから、あれはあってないようなものだと思います。

成田さんはフェニクッスリーグのメンバーから漏れてしまい一部で戦力外??みたいな話もありますけど、
まだ若いですし、
秋田時代のあの活躍をプロでも見たいものです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5916-146794b1
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |