fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


本日の日ハム戦もかなりヤバい展開でした・・

2回に先制点をたたき出しながらも、先発の美馬さんはなんとか粘りのピッチングを見せながらも2点を奪われて
逆転され、一度は同点に追いつくも7回裏に頼みの綱の国吉さんが珍しく打たれて4-2とリードされたまま9回を迎え、
2アウトまでいったものでした・・
2点を追う9回に、2死一塁から岡の2ランが飛び出し、土壇場で試合を振り出しに戻し、最後は守護神の益田が無得点に抑え
なんとか引き分けに持ち込み、同一カード3連敗だけは阻止できました。
そしてこの日は本当に幸いなことに、楽天が西武に敗れ、二位と三位の差は2に広がり、オリックスもホークスに敗れ
首位・オリックスとのゲーム差も2.5に少しだけ縮まりました。
マリーンズは引き分けましたけど、この日もしも楽天とオリックスが勝っていたら結構ヤバい事態にもなりそうでしたので、
この結果はマリーンズにとってはどうにかこうにか首の皮一枚つながったといえそうですし、
首の皮一枚だけつながった瀕死の状態で火曜からの首位・オリックスとの正真正銘の天王山というか首位攻防戦を
迎えることになります。



日曜の試合でオリックスの紅林選手はホークスの千賀投手から手首に出っとボールを食らい負傷退場してしまいましたけど、
ホークスの投手陣はオリックスの主力中の主力の吉田選手と紅林選手の二人の主力にデットボールを当ててしまい
戦線離脱させてしまうという大変後味の悪い結果になってしまいましたけど、
これってオリックスファンからしてみたら「この重大な時期になんてことしやがって!」みたいに恨み節になりそうですけど、
今のオリックスは誰かがケガしても誰かがそれをカバーできるという素晴らしいチーム力がありますし、
それが現状できない千葉ロッテマリーンズは今年もシーズン終盤に貧打にあえぎ苦しんでいますけど、
これってまだまだ地力も経験も足りないマリーンズの宿命ともいえそうですし、それはチームが黄金時代に向かうまでの
過渡期といえるのかもしれないです。

先日の楽天戦の木曜の悪夢の再現と日ハム戦を2負1分けで終わってしまったことは、スター☆トゥインクルプリキュアの
羽衣ララのように「オヨ~!」な展開といえそうですし、火曜からのオリックス3連戦はどうみても一つも勝てそうな予感は
全くないですし、オリックスにマジック点灯という予測しかできないですけど、
マリーンズファンとしては祈るような気持ちで静かに応援をさせていただきたいと思いますルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |