fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


run_convert_20210423235613.jpg

昨日の記事にて「木曜の試合は先週木曜日の悪夢を連想させる悪夢だったルン・・」みたいな事を書きましたけど、
そうした悪夢の呪縛から解放されるためには勝利が一番の特効薬と思ったりもしますし、
本日より三連戦はマリーンズが今年に限ってはお得意様としている日本ハム3連戦ですので、
希望的観測としては「なんとか日本ハム戦を三連勝または2勝1敗で乗り切り、週明けのオリックス三連戦という
正真正銘の天王山とも言えそうな首位攻防戦で活路を見出す」みたいな甘い幻想を抱いていましたが、
その幻想は早速初戦でモノの見事に打ち砕かれてしまいました・・

先発投手が最近の試合は好投が続いていたものの「投げてみないとよく分からない」岩下でもありましたので、
危惧していたら、その不安は見事に的中し、毎回毎回点数を入れられ、
打線も昨年終盤のような貧打に逆戻りし、日本ハムとの初戦は完膚なきまでに叩きのめされ、これでオリックスとの差は
2ゲームまで開いてしまいました・・

マリーンズはここのところ打線が不調でここ20試合程は二けた安打がなくて、得点も2~4点がいいところという
状況であり、
選抜投手陣も小島・河村・佐々木朗希以外は不安定で、しかもクローザーの益田さんが疲労困憊ということで、
この後の日本ハム戦も天王山のオリックス戦も不安要素しかないです・・

2019年のスター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアのララちゃんとそのAIに
「このままいくと千葉ロッテマリーンズがペナントを制して優勝できる確率はどのくらいありそうですか?」と質問をしたとしても
「オヨー! その確率は限りなくゼロに近いルン・・」と回答されそうですし、
その答えを聞いた私自身が「オヨー!」となってしまいそうなのルン・・



とにかく残り少ない2021年のシーズンも頑張ってほしいですし、 マリーンズとしてのベストを尽くして欲しいですし、
最終的にどのような結果になっても私のマリーンズ愛だけは不変だと思いますし、
あとは信じるだけというのか果報は寝て待てという心境なのかもしれないです。

たとえララちゃんのように「オヨー!」な結果になったとしても、今年ほどマリーンズファンとしての「誇り」を感じた年も
久しぶりでしたし、
マリーンズには感謝と「ありがとう!」の気持ちしかないです。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

リーグ優勝するチームって、長くレギュラーポジションを維持している選手が多いですよね。
けれども、逆に言えばそのポジションでは若い選手が育ってこないと言う欠陥を持つチームなんです。
セリーグでは昔の中日や巨人、パリーグでは西武や日ハム…ソフトバンクだけが巧みに新旧交代をして連覇してます。
阪神やロッテの失速は、まだ発展途上にある若いチームの宿命で、これからレギュラーが固まって強くなる証拠とも言えます。
けれども、チャンピオンになった時その先をどうするか?それが現場とフロントの腕の見せ所だと思いますよ。

今年はダメでも来年以降は・・

sado jo  様

昨年同様、今年もマリーンズは10月に大失速してしまいましたけど、これはまだまだチームとしての力が
足りないことや経験不足といえそうですけど、
これを何年か繰り返すと本当の意味での黄金時代がくるのかもしれないです。

今はまだまだ我慢の時期といえそうです。

今年のホークスの不調はこれまでのホークスを支えてきたベテランの衰えもありますし、中継ぎ投手陣のケガや
四球病が大きかったといえそうです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/5911-7b27c836
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |