fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




ホークスが勝手に(?)自滅&自爆してくれているおかげもあり(?)
多分ですけど、恐らくはパ・リーグのCS進出チームはオリックス・楽天・千葉ロッテマリーンズになるのはほぼ確定したのかな・・?と
感じたりもしますけど
(ホークスは3位・楽天との試合をまだ4試合も残していますので、そのあたりは正直なんともいえないです・・)
肝心要のマリーンズは、苦手・西武に連勝して3連勝を飾ったまではよかったのですし、水曜が終了時点では
首位・オリックスに0.5ゲーム差まで迫ったところまでは立派でしたが、
木曜の楽天戦で最終回に一転して天国から地獄に突き落されたような感じもしたものでした・・

というのも先週の記事で散々愚痴っていたように、先週木曜日のオリックスとの首位攻防戦で、
この試合に勝てばオリックスに2ゲーム差をつけて待望のマジック点灯まであと一人と言うところまでこぎつけながら、
守護神の益田さんが逆転スリーランホームランを浴び試合に敗れてしまい、
あの木曜日の悪夢はなんだか1998年の七夕の悲劇を思わず思い出させてしまうほどのショックもあったりしました。

そしてまたまた今週、木曜日の楽天戦にて、佐々木朗希と則本の見事な投げ合いで試合は最終回まで進み、
2-2の同点の場面で9回のマウンドを託されたのは言うまでもなくマリーンズの絶対的守護神の益田さんでしたけど、
先週木曜のオリックス戦の悪夢の再現ドラマを見ているかのように、
9回ツーアウトまでこぎつけながらも楽天の渡辺選手に痛恨のツーペースを浴びて逆転され、
先週木曜と同様にマリーンズは最終回に益田さんが打ち込まれての痛い敗戦となってしまいました・・

もちろん、益田さんを攻める気持ちは微塵も無いです。

勝負は時の運ですし、これまで36試合においてセーブを挙げられマリーンズを勝利に導いているのですから、
時に打ち込まれて敗戦投手になる事だってそれは仕方がない事だと思いますし、
クローザーの宿命なのかもしれないです。
ただ今期の益田さんは確かにパ・リーグで圧倒的なセーブ数を挙げていると同時に6敗もされていて、
その6敗が先日のオリックス戦とか開幕2戦目と3戦目という大事な試合でもありましたので、
余計に強いインパクトがあったのかもしれないです。
(オールスターで最終回に益田さんが打ち込まれて敗戦投手になったのは御愛嬌です・・)

昨年の澤村さんもそうでしたけど、私達マリーンズファンは澤村さんが打たれても益田さんが打たれても
「益田さんや澤村さんで負けるのならば仕方がない・・」と攻める気持ちは毛頭ないですし、
ロッテの抑えというと過去にも例えば河本・牛島・成本・小林雅・内といった偉大な実績のクローザーもいましたけど、
小林雅や内の最終回のヒヤヒヤホラー劇場に比べたら、益田さんの安定感は全然違うという感じですし、
むしろ最近の不調はこれまでの疲労蓄積という感じだと思いますので、
これからシーズンの最終局面ゆCSが控えている中、あまり無理はせず、例えば試合によっては最終回の抑えを
国吉・佐々木(千)・唐川さんに任せてもいいのかな・・?と感じたりもします。

ただ先週と今週の二週連続の「木曜の悪夢」は結構堪えました・・

スター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアのララちゃんではないけど、思わず「オヨー!」となってしまいそうな
展開だったルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |