FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


1981年の課題曲C「シンフォニックマーチ」は結構好きな課題曲の一つでして、
この曲はマーチとしては、正統派というか王道を行く作品だと思います。
当時コンクールで色々なチームがこの曲を演奏しているのを聴いたのですが、
毎回感じたことは、ラストに近くなるほど追い込みをかけたくなるのか
テンポが速くなるチームが相当多かったという事です。
自分自身この曲を何回か指揮したことがあるのですが、後半テンポを速めたい気持ちを
ぐっと堪えてテンポを終始維持する事は、結構大変でした。
解釈は様々あると思うのですが、こうした正統派のマーチはあまりテンポをこねくり回さない方が
かえって良かったような気もします。
さすがに全国大会レベルでは、そうした後半になるほどヒートアップするチームは
あまりなかったと思いますが・・・

〇川本高校

 C/組曲「サルタン皇帝の物語」より三つの不思議

 このチームは後半テンポを速めていましたけど、曲が一貫してテンポ設定が速めでしたので
 あまり違和感はありません。
 全体的にはオーソドックスなまとまり方です。
 この年、高校の部で上位3チームを選出しなさいと言われたのならば、
 文句なく、磐城・天理、そしてこの川本高校を推したいと思います。
 時点は、福岡工大付属かな・・・
 川本は課題曲も良かったけど、自由曲が本当に素敵な演奏でした。
 正直この自由曲は、ほとんど知られていない曲でしたけど、川本高校が素晴らしい演奏をこの年にして
 当時ほとんど知られていなかったこの曲の素晴らしさを伝えてくれたから、後年の
 文教大・大月東中などの名演に繋がったものと思っています。
 曲は、前半と後半のアレグロ、そしてかなり長いゆったりとした中間部から成り立っていますが、
 アレグロ部分は非常に快活で骨太に響いているのが極めて心地よいです。
 サウンドが非常に清潔で美しいし、同時に金管セクションが鳴るのだけど割れないという風に
 極めて高水準の演奏を展開しています。
 しかし圧巻はあの中間部・・・!!!
ゆったりとゆったりと気持ちを高めながら徐々に盛り上げていく高揚感は
 本当に素晴らしい!!!
 オーボエとクラリネットのソロも非常に素晴らしい!!!
欠点を探すのが非常に難しい自由曲ですし、
 高揚感をうまく演出した表現力も素晴らしい!!
 この演奏はいまだにCD化されていませんので、何とかCDとして再度現在に
 甦らせてほしいと思いますし、今の若い世帯にも聴いてほしい演奏の一つです。

〇旭川商工業

 B/「ガイーヌ」より、子守唄・レスギンカ

 旭川商業高校は現在でも全国で活躍している素晴らしいチームですが、
 1981年に出場していた旭川商工業高校というのは、恐らく旭川商業に校名が変わる前の
 学校だと思います。
 だけどこの演奏、演奏が少々貧弱・・・
 「勢い」というものが全く感じられない演奏です。
 だけど反面「子守唄」なんかは、出だしのオーボエのソロをいきなり外すのは
 ご愛嬌として、全体的には「歌おうとする姿勢」は感じられます。
 レスギンカは、打楽器は終始控えめ・・・
 中央大が1987年に始めた「タンカ・タンカ」みたいな乱打みたいな様子は全くありません。
 金管も終始控えめ
 目立つのはクラリネットセクションの健闘です。
 現在の視点で聴くと、極めてめずらしい「ガイーヌ」の演奏だと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/590-ded33f10
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |