fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




先週の開始早々は千葉ロッテマリーンズファンの皆様にとっては、私もそうでしたけど「これはヤバいのかも・・!?」と予感させる
日々だったのかもしれないです。
2019年放映の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアの羽衣ララのように、「これはまずい・・」という
気持ちのような「オヨ~!」という感嘆符が自然に口から出てきそうな展開でもありましたルン・・
というのも先週早々に日ハム戦で自打球で負傷交代したマリーンズの走攻守の要でありチームにとって絶対不可欠な
唯一無二の存在のマーティンが実は骨折ということが判明し、昨年の同時期と同様に戦線離脱ということが判明しただけでなく、
投手陣もロメロ・絶対的守護神の益田さん、佐々木朗希の体の張りで登板を回避するなど
昨年も一時期いいところまでいきホークスをあと一歩のところまで追いつめた辺りでマーティンの怪我による離脱とチーム内の
コロナ集団感染をきっかけに歴史的とも言えそうなチームとしての大失速と大型連敗を繰り返してしまった昨年の悪夢の
再現を感じさせるものでもありました。
昨年は結果的に最終試合の一つ前の試合で西武にどうにかこうにか勝利したことでなんとかCS進出は果たしたけど、
首位のホークスとは14ゲーム離されての
CSは心情的には「万一ホークスに勝ち日本シリーズに行ったとしてもそれは本物のパ・リーグチャンピオンではない」と
感じていましたし、実際CSも確かにいい試合はしていましたけど2試合ともホークスに惜敗してしまったことは
所詮は王者・ホークスとの絶対的な差を痛感させられたものでした。
(同時に日本シリーズで全くいいところがなくホークスに4連敗した巨人の不甲斐なさを見てしまうと、「あれれ・・?、
ペナントとCSではホークスに大善戦していたマリーンズは意外と強いのかも・・?」と感じたりもしたものでした)

そうした状況での先週の火曜と水曜はZOZOマリンスタジアムの本拠地でホークス2連戦を迎えましたが、ホークスは
先々週のマリーンズ3連戦の時と同様に先発に今のマリーンズではどう逆立ちしても打てそうにはない千賀しマルティネスの
先発ということで2試合といいところなくボロ負けし、木曜からの西武3連戦の初戦も珍しく初回に3点を先制しながらも
二木が(いつものように?)前半で崩れ敗戦し、チームも3連敗となってしまい、この時点では
「やぱい・・この雰囲気は昨年のマーティン離脱の頃の雰囲気に似ているし、投手陣も回復待ちで、昨年の悪夢が
繰り返されるのかも・・」と危惧したものでした。
だけど今年のマリーンズはそうした昨年の痛い経験を積んでいることもあり、昨年とは一味も二味も違うというか、
悪い雰囲気でも悪い流れを自らの手で断ち切る強さが感じられる点が昨年との違いともいえそうですし、
なによりも接戦に強いというのか、先発投手が前半で崩れてもじわじわと少しずつ点を返していき、いつの間にか
追いつき逆転し、僅かなリードをハーマン・国吉・佐々木(千)・益田さんが守り抜くというパターンが確立されているのが
大きいのかなとも感じたりもします。
そして結果的に西武線の2戦目は新人ドラフト4位の河村が満塁のピンチをしのぎながらもなんとか6回一失点で切り抜け
後はマリーンズのリリーフ陣が完ぺきに抑え勝利し連敗を止め、翌日の日曜の試合も先発の小島が
最近2試合連続の完投の疲れが出てしまったのか、いつものような前半で崩れてしまう小島に戻ってしまったかのよう
でしたが、4回以降は安打を許さず6回3安打4失点にまとめ、この日は恐怖の(?)7番の藤岡選手の大活躍もあり、
久しぶりに打線が爆発し8-4で西武に勝利できたのは大変大きかったです。
小島はどすこいポーズでお馴染みの山川にホームラン打たれて、どすこいを決められてしまうし、二者連続で四球による
押し出し2点を献上するなど、見ているだけでハラハラドキドキなホラーすぎる展開でしたけど、それでも6回を3安打4失点に
留めていたのは昨年や今年前半の大崩れのイメージの小島とは格段の進化を感じたものでした。
ちなみにあの試合は、西武の先発の渡辺投手とは埼玉の浦和学院OB対決でもあり、渡辺投手とは4学年上の先輩の
小島投手が先輩としての面目を保ったともいえそうです。
この試合は今年限りで浦和学院を勇退される森士監督が観戦される前での浦和学院OB対決でしたので、
両投手にとっても緊張するけど感無量だったのかもしれないです。
小島さんは2013年に春の先発甲子園の優勝投手で埼玉に優勝旗を持ち帰られた功労者の一人ですし、メットライフという
埼玉の球場で恩師監督の目の前で後輩投手とともに先発を任せられたということは小島投手にとってもかなりメモリアルな
試合だったのかもしれないです。
ちなみに2013年の決勝戦の済美高校戦で投げ合った投手は現在、楽天の抑えの安樂智大です。

そうそう、西武戦からマリーンズの絶対的守護神の益田さんも無事に戻られ、2戦目の最終回を抑えていましたので
とても安堵しましたし、おまけに初夏前に怪我で戦線離脱していたリリーフ陣の一角の唐川さんも無事復帰され、
西武戦でも素晴らしい投球を見せられていましたのでこちらも一安心です。



本日より天王山とも言えそうな首位攻防戦の千葉ロッテマリーンズ-オリックスの三連戦が始まります。

一応、本日の試合でマリーンズが勝利すれば51年ぶりともいわれる1シーズン制での優勝マジック18が点灯しますけど、
この時期のマジックなんてあってないようなものですし、チームとしては移籍者を別にすると優勝経験はおろかマジック点灯すら
経験したことがない人たちばかりですし、チーム全体も若手主体ということで、まだまだ果てしなく遠い道が
続くことになりそうです。

オリックスは絶対的2枚看板といえる山本投手と宮城投手を先日までの楽天戦に投入していたので、幸いあの
パ・リーグを代表する両エースと対戦しなくても済むというのが一つのアドヴァンテージともいえそうですけど、最近の
マリーンズはもちろん荻野・レアード・中村・藤岡も頑張っていますが、さすがにマーティンの抜けた穴はあまりにも大きくて
シーズン前半のような得点力はほとんど期待できませんので、油断することなくオリックス戦を迎えてほしいものです。

マリーンズは現在15勝を挙げている山本投手のような絶対的エースはいなくて、選抜は二木・石川・美馬・ロメロ・小島・岩下・
鈴木・河村と数は揃っているけど、現時点で二けた勝利の投手はいませんし、ここはなんとか先発投手が5回まで
最少失点で抑え、あとは唐川→国吉→佐々木(千)→益田さんという強力なリリーフ陣に託すしかないのかもしれないです。

今の時期に優勝へのマジック点灯はあまり意味をなさないですし、それよりも連敗だけは避けて目の前の試合を
一つずつ勝っていくしか道はないのかもしれないです。
そしてその先にCSを除くと1974年以来というパ・リーグ優勝が視界に入るのかもしれないですし、とにかく道はまだまだ
果てしなく遠いと思います。

オリックスとの3連戦は弱気ではないけどなんとかまずは1勝を着実にあげてほしいですけど、もしもですけどオリックスから
三タテを食らったら宇宙人キュアのララちゃんのように「オヨ~!」となってしまいそうなのルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |