fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


遠い道・・

run_convert_20210423235613.jpg

今年・・、2021年のパ・リーグの開幕前の評論家の皆様の順位予想は、1.ソフトバンク 2.西武 3.日本ハム 4.楽天
5.千葉ロッテマリーンズ 6.オリックスという予想が多かったような気もしますし、そして評論家の皆様の判で押したような
結論は「今年もパ・リーグはホークスの圧勝で、CSもそのまま制し日本シリーズも勝ち抜き5年連続の日本一を達成する」
みたいな感じだったと思います。
そして開幕から半年が経過し、各チームの残り試合も30試合を切った現状の9.20時点の順位は、
1.千葉ロッテマリーンズ 2.オリックス 3.楽天 4.ソフトバンク 5.西武 6.日本ハムということで、
開幕前の評論家の予想のAクラスとBクラスがものの見事に逆転してしまったというのも極めて異例なのかも
しれないですし、換言するとそれだけ今年に関してはマリーンズとオリックスの予想外の(?)健闘が光っているのかも
しれないです。

2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人キュアのララちゃんとそのAIに、2021年の開幕前に
「今年、千葉ロッテマリーンズが優勝する確率は宇宙データ的にはどのくらいあるものでしょうか?」と質問をしたとしても
多分ですけど「オヨ~! その確率は限りなくゼロに近いルン・・」と言われそうなのは間違いなそうなのかも
しれなかったですけど、そういうAIの予想を聞いたとしたら私自身も
「それは妥当なのかもしれないルン・・」と思っていたのかもしれないですルン・・

先日の記事でも書いた通り、私自身、1977年あたりから既に44年近くロッテ(当時はロッテオリオンズ)のファンを
長くさせて頂いておりますと、とにかく弱くて万年最下位または万年Bクラスがよくお似合いで、
「ロッテは今日も破れました」というニュースを耳にしても「あっそ・・」とか「またか・・」みたいに負けることにすっかり
慣れてしまって、勿論2005年や2010年のようにCSを勝ち抜けての下剋上の日本一に輝いた年もありましたけど、
基本的には「千葉ロッテマリーンズの1シーズン制での優勝」については、もちろん願望や期待もありましたけど、
今年のようにまさかそれが本当に実現可能な所に少しずつ近づきつつある現状については、
ロッテファン歴44年の私もそうした経験は実は初めての事であり、正直言ってなんだかソワソワして落ち着かない
感じでもあります・・
千葉ロッテマリーンズはも一シーズン制での優勝というのは、CSでの勝ち抜けや前期後期制を除くと
実に1974年の金田監督での日本一以来で、最後の優勝経験というと、現状2位のオリックスが1996年であり、
楽天は2013年でありますので、あの長期低迷していたオリックスよりも実は優勝は遠ざかっていますので、
もちろんオリックスにも頑張って欲しい気持ちも多少はありますけど、今年はなんとか千葉ロッテマリーンズに是が非でも
優勝して欲しいと心から願っていますし、こんな千載一遇のチャンスはもしかしたら今年を逃してしまうと
当分ないのかもしれないです・・
というのも今年、もしもですけどあの常勝軍団でお金持ち球団のホークスが万が一にでもCS進出を逃すBクラスに低迷
してしまったら、ホークスのフロントは有り余っているお金に糸目を付けないで外国人選手や国内FA組をかき集めて
戦力を一気に充実させ戦力を再編する可能性も十分考えられますし、現時点で最も戦力が充実している楽天やオリックスは
来シーズン以降も脅威であるのは間違いないです。

だけどそうはいってもペナントレースを制覇するというリーグ優勝は、まだまだ遠き道なのだと感じますし、
私自身もマリーンズにマジックが点灯した経験は一度も無いですし、選手の皆様にとってもマリーンズは若手がかなり
多いチームですので今後マジックが仮に点灯したとしても、それがむしろプレッシャーの要因にもなりかねないですし、
マリーンズ生え抜きに誰一人優勝経験が無いというのはとこかの時点でもしかしたら見えない重圧になるのかも
しれないです。
それでも今年の千葉ロッテマリーンズはとにかく接戦に強くて一点差の試合をかなりモノにしているのが大きいですし、
先発が崩れても5~6回までに荻野さん・藤原・中村・レアード・マーティン・藤岡さんたちが奮闘し試合を逆転し、
僅差での終盤をハーマン→国吉→佐々木(千)→絶対的守護神の益田さんが守り抜く勝ちパターンが高度に機能している
のが大きいですし、8回まで同点の場合、今年に関しては佐々木(千)が8回をしっかり抑えると次の攻撃の時に
マリーンズ打線が爆発し逆転し、それを守護神の益田さんが〆る試合が相当多いのは、今年のマリーンズの強さの
由縁なのかもしれないですし、佐々木(千)が中継ぎながら現時点でチーム最多タイの8勝を挙げているというのも
今年の佐々木(千)はなにかとてつもない「勝ち運」を持っている勝利の女神様なのかもしれないです。
(9月にはいって3連投を既に3度もしている益田さんを昨日までの日ハム戦で全休養させることができたのも大きいですし、
このあたりは吉井投手コーチのピッチャーに決して無理をさせない方針が徹底されているのだと思います)

残り試合がまだ30試合程度も残っていますし、これからがむしろ本番なのだと思いますし、他のチームも
虎視眈々と優勝やCS進出枠を狙ってるだけに、これから先はどのチームも負けられない戦いが続きそうです。

実際、先週の9/16のホークス-マリーンズの試合も手に汗握るスリリングな試合展開で、あのスリル満点の7~9回は
「これぞ野球の醍醐味」なのかもしれなかったです。
この日はマリーンズにマジック点灯の可能性もありましたのでマリーンズも負けられないし、ホークスも前日と前々日に
破れていて既に後がない状態であの試合だけは絶対に負けることは許されない試合だったのかもしれないですし、
ホークスとしてはCS枠に滑り込むためにマリーンズ戦の後に控える楽天戦は特に一つも落とせない試合という事もあり、
勢いを付けるためにもマリーンズ第三戦で連敗の悪い流れを断ち切りたいという雰囲気だったのかもしれないです。
実際試合もマルティネスと二木の投げ合いで6回まではホークスが1-0とリードしていました。
そして7回の表にマリーンズがいい当たりを出してもホークスの松田さんと牧原が素晴らしい大ファインプレーで
チームを鼓舞していましたけど、それでも結果論になるのですけど、あの試合のマリーンズのワンチャンスにて、
この日まで26ノーヒットの安田が代打として登場し、見事に値千金の同点タイムリーヒットを打った時は、
なんだかマリーンズというチームの勢いを感じずにはいられなかったですし、あそこまでいいプレーの連続だったホークスに
それでも勝利のの女神様が微笑まなかったのは野球の難しさであり醍醐味なのかもしれないです。
そして更に7~9回のホークスの攻撃にドラマが待ち受けていました・・

同点の7回、二死一・三塁の場面で三走・甲斐拓也がハーマンの投じたワイルドピッチの隙を狙うも本塁タッチアウトとなり、
(工藤監督はリクエストのビデオ判定を求めましたが、どうみてもハーマンは甲斐さんのヘルメットに先にタッチしていました!)
8回は国吉佑樹から一死満塁のチャンスを作りましたが、タッチアップで生還を狙った三走・上林誠知がスタートをきった直後に
慌てて三塁へ引き返すも、右翼から本塁、三塁へとボールが渡りタッチアウトで併殺で終わり
(あの場面も工藤監督はリクエストをしましたけど、どう見てもあれはアウトでした・・)
9回は二死二塁の場面でマリーンズの絶対的守護神の益田さんから川島が左前安打を放ち、
代走で出場していた二走・釜元豪が本塁に突入しましたが、レフトの荻野さんの好返球に阻まれ
サヨナラ勝ちとはなりませんでした・・

あの試合はホームゲームという事もありましたし、さすがに連戦連投の疲れがあるせいなのか、ハーマンも国吉さんも
益田さんも疲労困憊の様子で珍しくピリッとせずピンチの連続で、特に9回は誰がどう見てもホークスのサヨナラ勝の
雰囲気が濃厚でしたけど、結果的にそうならず引き分けになったのは、マリーンズにとっては
まさに勝ちに等しい引き分けだったといえそうです。
というか・・7~9回にいずれも本塁又は三塁で刺されるクロスプレーの連続に見ているだけでテンション上りまくりでしたし、
試合終った時はどっと疲れてしまったものでした・・
あの試合がなんとか引き分けで終った時の私の心境はララちゃんではないですけど「オヨ~!」以外の何者でも
なかったルン・・



マリーンズは9/18~20の札幌での日本ハム戦も無事に2勝1敗で乗り切ったのは大きいですし、
オリックスも頑張っているせいもありマリーンズにまだマジックは点灯しませんでしたけど、この三連戦で
絶対的守護神の益田さんを休ませる事が出来たのは大きいですし、
初戦の先発の岩下が結果的に1-0の負け投手になりましたけど、後半戦開始の頃のあの大炎上から立ち直りの
投球が出来ていたのは安堵しましたし、第2戦の選抜の小島が、先週の楽天戦での完投に続いて今回は
まさかまさか・・(?)のプロ入り初完封までやってのけ、これまでの「もってせいぜい5回まで」という前半戦での
あの不甲斐ない投球の連続とは別人のようなピッチングとなっていたのは、小島さんの成長と進化の証と言えそうです。
昨日・・9/20の試合も怪我から復帰し前回も好投したごえもんさん・・石川投手がいつものあののらりくらり投法が炸裂し、
日本ハム打線を6回までゼロに抑えて久しぶりの勝投手になった事は心から「おめでとう!」と申し上げたいです。

こににきて前半戦チーム快進撃の要因の好調な打撃陣はちょっと湿りがちですけど、8月まではほぼ崩壊状態だった
先発投手が、二木も小島も岩下も美馬も石川も9月以降は復調しかなり安定したピッチングをしていますし、
途中加入のロメロの安定感も素晴らしいですし、佐々木(朗)の先日の素晴らしい楽天戦でのピッチングは、
更なる進化と成長を予感させてくれていますし、ここに新人の鈴木と河村も頑張っていますので、
先発投手は少しずつよくなっているのかもしれないです。
リリーフ陣はハーマン・国吉・佐々木(千)・益田さんが控えていますけど、ここにきて現在怪我で離脱中の唐川さんが
間もなく復帰するという情報もありますので、もしかしたら12球団一美しいフォームと切れの良いボールを投げる
唐川さんが戻ってきてくれたら鬼に金棒なのかもしれないです。
その場合、マリーンズのリリーフ陣を例えばですけど、Aパターンの7回・東妻 8回・ハーマン 9回・益田さん
Bパターンとして、7回・小野 8回・唐川 9回・国吉さんと連投と疲労蓄積回避のための2パターン継投策というのも
アリなのかもしれないです。

マリーンズの2軍も好調でイースタンでの優勝も間近で順調に若手も育っているようですし、来年の事言うと鬼が笑うのかも
しれないですけど、マリーンズの真のエース候補の誉れ高い種市が怪我と手術から無事に回復し来年以降に
西野さんと一緒に戻ってもらえると、マリーンズ投手陣もかなり安定するのかもしれないです。

とにかく期待と不安で一杯の千葉ロッテマリーンズの2021年のペナントレースもそろそろ終盤にきています。

昨年は終盤に大失速と大型連敗もあり結果としては大変残念なものになりましたけど、あの悔しい経験が今に
結びついているのかもしれないですし、確かにこの先はまだまだ先が見えない遠い道が続きそうですけど、
フレッシュプリキュアの祈里の決めセリフではないですけど「私・・信じている・・」ということで例年通りマリーンズを
温かく応援させて頂きたいと思います。

そしてなんとか1974年以来のリーグ優勝の嬉しいニュースを耳にして「オヨ~!」となりたいものですルン・・~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

忘れちゃいけない男前

こんにちは。
コーチをひとり忘れていませんか?
そう、男前の森脇浩司コーチです。
球界の草刈正雄と呼ばれた名コーチ。
ボクは森脇さんの存在が大きいと思います。

ロッテが2シーズンやクライマックスを除いた優勝は、さかのぼること51年前の昭和45年(1970)になります。
木樽正明、成田文男、小山正明の先発陣に。
アルトマン、ロペス、江藤慎一の主砲。
有藤通世が若手の頃になります。
山崎裕之、井石礼司、千田啓介もいました。
東京スタヂアムでの胴上げ。
翌年にカップヌードルのモニター販売は。
東京スタヂアムと銀座の歩行者天国で実施。
ボクは、まだ生まれていません。

マリーンズ二軍も・・

五航戦の愛鷹 様

森脇コーチの加入も大変大きいと思いますが、こうやってみてみるとマリーンズの首脳陣はホークスの関係者が
大変多くて、マリーンズの戦術は黄金時代のホークスの戦い方を参考にしているのかもしれないです。

マリーンズの2軍も強いようで、こちらは鳥越2軍監督の存在が大きいと思いますし、先日の試合でも横浜相手に
一回だけで17得点は凄いです・・

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |