fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム




9/14~16のホークス-マリーンズ3連戦は一点を争う白熱の展開の連続で、特に9/14の試合はホークスの千賀投手の
気迫あふれる投球が圧巻で、8回までマリーンズから14の三振を奪っていたのは相手チームながらも惚れ惚れとさせられるものが
ありました!
(千賀投手と言うとマリーンズは2019年にノーヒットノーランを食らった苦い記憶もあったりします・・)
圧巻は8回にマリーンズがツーアウト満塁ツースリーまでレアードが粘り、それまでは5球連続のフォークボール攻めの連続で、
6球目の際には千賀さんが間を取ったり、レアードが逆に打席を外して間を取ったり、緊張感が続く雰囲気の中で
圧迫感を嫌ったホークスの捕手の甲斐さんがマウンドまで一度行ったりなど、一球投げるのに1分半程度も掛かりましたが、
この間の球場内の雰囲気は、ピーーンと張り詰めたものが漂っていたのがテレビ中継からも伝わっていましたし、
同時にペイペイドームのお客様がこの二人の対決を固唾をのみつつ楽しまれているという雰囲気も一方では
感じりもしたものでした。
そして千賀投手が投じた運命のフルカウントの6球目を見事レアードが弾き返し、8回の表にマリーンズに待望の2点が
入り、この虎の子の2点を8回は佐々木千隼が、9回はマリーンズの絶対的守護神の益田さんが守り抜き、
マリーンズは勝ち事ができましたけど、この試合は見ていても野球の醍醐味がよく伝わりましたし、確かにマリーンズが
勝てたことも勿論嬉しいのですけど、それ以上に久しぶりに野球の投手と打者の異様に長い間合いの緊張感の余韻を
味逢う事ができたのは至福のひと時でもありました~♪
千賀さんは本当にたまたま運が悪く敗戦投手となりましたけど、あの気迫の投球は圧巻でしたし、ホークス首脳陣は
中五日で千賀さんを投入しスクランブル体制を取ることを言われていますけど、望むことは千賀さんが怪我をされて
来シーズンに影響が出ないようにしてほしいものです・・
9/15の試合も結果的に4-5でマリーンズが勝利を収めることができましたけど、試合は先発の美馬さんがピリッとせず、
中盤までは4-3とマリーンズが一点ビハインドで、正直どちらが勝ってもおかしくはない白熱した試合でした。
その中でも圧巻だったのはツーアウト満塁のピンチを両チームともマリーンズの鈴木投手とホークスの甲斐野投手が
気迫あふれる投球で共にゼロに抑えていたシーンは見ているだけでも相当痺れるものがありました!
(甲斐野さんは結果的に回跨ぎになってしまったことが次の回にマリーンズに逆転された一つの要因かもしれないですし、
あの場面は責められるものではないと感じたものでした)

9/16の結果次第ではマリーンズに1シーズン制としては1974年以来のマジック26点灯という事もありえましたけど、
さすがにそう簡単にはうまくいかないものですね・・
ちなみに26という数字はマリーンズファンにとっては感慨深い数字であり、何かというとマリーンズの背番号26は
マリーンズの永久欠番であり、誰もこの背番号を付けていません、
というのもマリーンズは「ベンチ入りできる25人の選手の次はマリーンズファンの皆様である」という考えに立っているのですが、
マリーンズ1974年のマジックナンバー点灯の数字が26だったらなんだかただの偶然ではないような気もします。

とはいうものの、マリーンズの選手はマジック点灯を経験した選手は生え抜きでは当然いる訳もありませんし、
そうした経験を有している岡・小窪・レアードなどは他チームからの移籍された方ばかりということで、
今後本当にマジックが点灯したとしても選手にとってはそれからが本当のプレッシャーとの戦いの開始なのかも
しれないです。
そしていうまでもなくマリーンズファンの皆様も確かに2005年と2010年のCS勝ち上がりからの下剋上日本一という
経験はあるものの、ほとんどの方はシーズンを通してのマジック点灯は経験したことがないゆえに意外と
「マジック点灯・・なにそれ・・??」という感じであまりピンとこないのかもしれないです。

そういう私自身も実はもしもマリーンズにマジックが本当に点灯したとしてもスター☆トゥインクルプリキュアの
宇宙人キュアのララちゃんのように「オヨ~!」という反応になってしまうのかもしれないですルン・・



もちろんマジック点灯の重圧に打ち勝ち1974年以来の超久しぶりのペナントレース優勝が本当に実現したら
とても嬉しいですけど、野球は何が起きるかわかりませんし、事実、昨年のマリーンズだって10月初めまでは
首位ホークスに0.5ゲーム差まで詰めていたのに、マーティンの怪我による離脱とチームの集団コロナ感染による
主力選手の長期離脱と代わりに上がってきた二軍選手でもってチーム編成せざるをえなかった事が
大きな要因となり、昨年のマリーンズは10月に歴史的な大型連敗と大失速をし、結果的にホークスに14ゲーム差を
付けられての2位は確かにCS進出は出来たのですけど、とてつもない屈辱と無力感を感じたものでした。
(その怪我の功名ではないですけど、あの時一軍に上がってきた藤原選手がそれをきっかけにブレイクし、今年の躍動に
繋がっていたのは一つの救いでもありました)

まずはCS進出を確定し、その延長としてリーグ優勝ができれば本当にとても嬉しいです。

一つ気がかりなのは、もしもそのCSに短期決戦を得意としその豊富な経験を有しているホークスが、2010年のマリーンズへの
お返しとばかりにCSでマリーンズと戦う可能性が残されている事です。
可能性的には極めて低いですけど、今年に限らずここ数年マリーンズが圧倒的に分が悪くて負け越している西武が
CSに出てくることはもっと嫌ですね・・

そしてもしもですけどマリーンズがCSで敗れてしまった場合は、ララちゃんではないけど、私自身が「オヨ~!」と
なってしまうのかもしれないルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

接戦をモノに

こんにちは。
ことしのマリーンズは接戦をモノにしてます。
その積み重ねが首位に。
補強が功を奏してますねぇ。
小窪哲也の獲得は大きい。
カープで優勝を経験してるので、この時期の心構えは十分に知ってるし。

交流戦を見てて、ロッテは足も使えるし大技も効く…すごい得点力のあるチームだと思ってました。
好調だったオリックスの陰に隠れてましたが、やはりここにきて飛び出してきましたね~♪

昨年の経験が・・

五航戦の愛鷹 様

マリーンズの今年の接戦の強さと終盤の脅威の粘りは、昨年のあの悔しさからの雪上を果たしたい想いと
伊東監督がもたらした西武野球のち密さに加えて
鳥越さんや井口監督などホークスでの相手の嫌がる攻撃に堅守さをマリーンズにもたらしてくれたことが
大きいのかもしれないです。

今年は国吉・加藤・ロメロ、そして小窪さんなど補強が的確だったのも後半に来て大きいと思います!

交流戦の頃は・・

sado jo 様

そう言って頂けるととても嬉しいですけど、実は交流戦の頃のマリーンズは先発投手陣がほぼ崩壊し、
チーム状態が最も悪くて交流戦自体も8位に沈み調子は最悪でしたけど、
9月に入ると補強の戦力がみなさん大活躍をされて、ここにきて選抜投手陣の防御率がよくなったことも
大きいと言えそうです。

だけどマジック点灯とか優勝とか言われてもまだまだここから先が大変ですし、一難去ってまた一難の繰り返しだと
思いますので、
あたたかく応援をさせて頂きたいと思います。

17日の試合 1対1になった所からテレビで見ました。
ロッテ優勝目前ですね。
補強した選手も活躍しているし 強い選手を確保しても
元から居る選手を大事にしないGとはえらい違いです。
小窪選手の活躍もカープファンにとっては嬉しい限りです。
カープは今年も全然ダメでしたけど 若手が育ってくれているので今は我慢の時かな・・・

ロッテも故障者が出ないよう最後まで頑張ってほしいですね。

遠い道・・

花梨 様

本日のマリーンズは日ハムに完封負けを食らい、2位のオリックスが勝ったためマジック点灯どころか
二位チームがじわじわと迫ってくるという感じで、
まだまだこの先は遠い道の連続だと思いますし、ましてやマリーンズの選手は小窪さんなどのような
優勝経験がない人がほとんどですので、これからが重圧の日々になりそうですし、私自身マリーンズにマジック点灯
という経験がないため、見ているだけでも毎日がハラハラです・・

17日の試合もスリリングでした!

9回のサヨナラ負けのピンチの際も、レフトからの好返球でホームベースで刺して試合終了というのも
劇的な展開でした!
マリーンズは貧乏球団ですのでホークスや巨人のようなお金にモノ言わせての補強ができないのですけど、代わりに
現場のこういう選手が欲しいという声をフロントがうまく対応し、他球団で余剰人員となっている選手を
トレードとして獲得し、そうした選手を大変巧く活用している点が素晴らしいと思いますし、
それが昨年の澤村さんであり、今年は国吉と加藤なのだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |