fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


読み間違いは誰にでもありますし、ましてや70歳を過ぎたご老人が原稿を読む場合、老眼とか高齢化による集中力の欠如
ということもあり多少の間違いは大目に見て上げるべきなのかもしれないです。

そういう私自身も何度か読み間違いや漢字の読み間違いの指摘を受け恥ずかしい思いもしたことがありますし、
漢字の読み違いは多くの皆様にだってご経験はたぶんあるのかもしれないです。

漢字の読み違いの一例として・・

御利益 → 誤:ごりえき 正:ごりやく

あり得る → 誤:ありえる 正:ありうる

依存心 → 誤:いぞんしん 正:いそんしん

一段落 → 誤:ひとだんらく 正:いちだんらく

大舞台 → 誤:だいぶたい 正:おおぶたい

重複 → 誤:じゅうふく 正:ちょうふく

月極 → 誤:げっきゅう 正:つきぎめ

私自身も昔ですけど「これは私の持論ですが」というところで持論=じろんを「もちろん」と読んでしまい大恥をかいたことも
あったりしたものでした。

ただ、これらは単なる漢字の読み間違いといえますし、最近も書いた2009年前後の麻生元総理の国会答弁等での
読み間違いは漢字の読み間違いということで、これらは許容範囲と言えそうです。

それでもそうは言ってもここ最近の菅総理の役人が事前に書いた原稿すらもまともに読み上げる事の出来ない
読み間違いは単なる漢字の読み間違いというレヴェルではなくて
本人の心の深層や本音がついつい出てしまったという解釈もできるのかもしれないですし、読み間違いが合っては
ならないところでの読み間違いは既に「心、ここにあらず」の範囲すらも越えて、
総裁選での自身の無投票再選や衆議院選挙のことや自身の保身しか考えていないことの表れなのかもしれないです。
既に先日似たような事を書いていますけど、広島におけるあの気持ちが全く入っていない挨拶において、
「核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くす」という肝心の部分を読み飛ばすことも、確かに「疲れているのかも」と
同情の余地もあるのかもしれないですけど、この御方は元々が原稿棒読みでもありますので、
「官僚が書いた作文すらもまともに読めないの・・?」とか
「もしも官僚が悪意でもって東京オリンピックは断固反対ですと原稿に書いたとしても菅総理はそのまま読み上げてしまう
のかもしれない・・」と思わざるを得ないです。
さらに、あいさつの冒頭で「広島市」を「ひろまし」と、「原爆」を「げんぱつ」と読み間違いをしていたのは、単に間違いというよりは
いかにこの国の総理大臣が天皇陛下への敬意もそうでしたけど、広島長崎の原爆投下という重い歴史的事実や
東日本大震災における福島の原発事故を軽んじているか・・または「大きな問題として認識していない」という
ことなのだと思います。

確かに読み間違いなのかもしれないですけど、要はあの御方は一事が万事、この調子であり、結局はすべてが
他人事ということで国家観や明確なビジョンを何一つ有していないことを示唆しているのかもしれないです。

そう思っていたらさらにあまりにも酷い会見での読み間違いをやらかしていたのも驚きを通り越して、もはや
あきれるしかない・・という事なのかもしれないです。
政府が緊急事態宣言とまん延防止等重点措置の追加・延長を決めた17日夜の記者会見においても
例えばですけど・・

「タリバンの首都、カブール…」 → タリバンを国と勘違い・・・

「カニ政権は機能しなくなり…今後の情熱は、依然として不透明であります」 → 情勢を情熱と読み間違い

「感染者増は人口減少の効果」 → 人流を人口と読み間違い

このあたりはまだマシだったのかもしれないですけど、トドメはなんと・・!
「感染拡大防止を最優先課題にする」というべき個所を何を血迷ったのか「感染拡大を最優先にする」という
驚くべき発言をやらかしてしまい、しかも本人は会見中はそれに気づかず訂正もしないという有様で、
官邸のHPの総理発言録においても翌日修正されるまではずっと「感染拡大を最優先課題に」という発言がそのまま
掲載されていたものでした。

国民の多くが開催に疑問を感じていた東京オリンピックを強行開催し、確かに選手関係者の感染爆発は幸いにして
なかったものの、「国がオリンピックをやっているのだからこれ以上自粛何てバカバカしくてやってられない」という
国民の間の一定の雰囲気を生み出してしまったのは疑いの無い事実だと感じますし、オリンピック開催と感染爆発は
直接的要因ではないけど間違いなく間接的要因になっていると思われます。
結果的にオリンピック強行開催が感染拡大の一因になっていると推察されますので、総理の「感染拡大を最優先に」と
いう表明は結果的に総理の決意と感染拡大という事実がそっくりリンクした事になると思いますし、換言すると、
就任以来初めての言行一致という解釈も出来るのかもしれないです。

もちろん総理もさすがに感染爆発を願っている事はないとは思うのですけど、あの発言からは
「国民の健康や安全の事なんかどうでもいいし、自分の再選の事が最優先である」という心の黒い本音が
透けて見えそうな感じでもありそうです。
単なる読み間違いや言い間違いなのかもしれないですけど、心、ここらあらずなのか、役人の書いた原稿すらも
詠めない程のポンコツなのか、はたまた感染拡大何かしったこっちゃない・・ワクチン接種さえ進展すればそのうち感染も
収まるはずだからそんなにグチャグチャ言うな・・煩いッたらありゃしない・・という本音がついポロっと出たかは
本人すらも意外とわからないのかもしれないですけど、とにかく一事が万事この調子なのだと思います。

まずは原稿の中身を自分で理解してから発表するべきなのかもしれないですけど、こうなると、
AIスピーカーが原稿詠んだ方がまだマシなのかもしれないです。
結局は自分の言葉で話してないから言い間違いや読み飛ばしを連発するのかもしれないです。
役人が用意した原稿すらも正確に読めず、記者から嫌な質問が飛ぶと指摘されると逆切れしたり、安心安全などと
壊れたテープレコーダーのように何を聞かれてもアドリブが全く効かない同じ事しか言えない対応など。
もはやこの御方が総理になっていることが日本の国の緊急事態なのかもしれないです。
会見すらまともにできない総理大臣は歴代初なのかもしれないです・・恐ろしい世の中になったものです・・

コロナ対策よりも東京オリンピックを強行開催した事により、「国がオリンピックをやるし、バッハ会長がフリー状態で
広島や銀座を出歩いているのだから、自分達も自由に出歩いて何が悪い」という国民の間にゆるんだ雰囲気を誘発したのは
間違いないですし、それによって、
成す術もなく日々増える重症患者・確保し切れない病床問題からの自宅療養、搬送先が無くやむを得ず自宅療養してる最中に
容態が悪化し非情にも死亡して発見されるケースが極若い30代40代にも増えていると言う深刻な事態をはじめ、
受け入れ先の病院も見付からず、自宅に引き返された妊婦は後自宅で病状が悪化し、
自宅で出産した果て産まれた赤ちゃんは亡くなると言う最悪の事態を迎えてしまったなどという悲惨な状態が
続出しています。
これから産まれ来るたった一つの新しい命も守ってあげる事も出来ない事に本当に情けない限りです。
オリンピックに投資した多くの時間や多額なマネーで今の医療者・病床不足も何だかの形で改善出来ていたかもしれないことを
思うと無念以外の気持ちしかないです。

それでも国はさらに不要不急の極みとすら思えるパラリンピックまで強行開催し、これだけ小学生の感染が増えているのに
学校連携観戦まで実施しようとしています。
日本の国民が病院へも入院できずに自宅で息を引き取るケースも増えてきているのに、
常識的に考えてこのような状況でパラリンピックを開催するのは常軌を逸していると思います。
国民には県境を越える移動、修学旅行などの自粛を求めているのに、オリンピック・パラリンピックで国境を越えて選手や
関係者が来日してくるなんて誰がどう考えてもおかしい・・としかいいようがないですし、この事に異議も唱えようともしない
与党の国会議員がほとんどというのは異常事態と感じざるを得ないです。

run_convert_20210423235613.jpg



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんのAIに
「このままパラリンピックまで開催する事自体宇宙思考的にはいかがなものですか?」と質問しても、AIは
「そんなの狂気の沙汰以外の何者でもないです」と断罪されると思いますし、それを聞いたララちゃんは
「オヨ~!」となってしまうのかもしれないですルン・・

ララちゃんのAIに「現状一体どうすればいいのですか?」と質問をしたとしたら、AIは世界の実証データを冷静に分析し、
「現状は何よりも医療崩壊が深刻であり、軽症者や中症患者がまともに病院で治療されないことが最大の問題です。
だからこそ総理の中症患者は自宅治療を原則とするという方針は大変な間違いであり、
これを放置すると自宅で適切な医療や治療を施される事なく死亡するケースが続出しそうだし、
家庭内で一人こうした自宅療養者が出ることはすなわちその家庭内の家族全員が感染してしまう危険性があるので、
とにかく現在は、体育館・文化施設など空いている国や都県の施設を野戦病院的に使用し、
新型コロナに感染した人は無症状でも軽症でも中症でもまずはこうした臨時の野戦病院に二週間程度隔離し、
陽性反応が消えたら自宅に戻る事を許可するという隔離政策を取った方が感染拡大や自宅での放置死を
防ぐことができるのかもしれないです。
それに自宅で放置されるよりはこうした臨時の野戦病院で看護師や医師が常に待機して適切な治療もおこなわれた方が
安心できるはずです・・
そしてなによりもオリパラを開催するために意図的に抑制されている可能性すらある検査を、
濃厚接触者のみならず希望者全員に対して実施し、早期に感染者を発見し、発見次第野戦病院的隔離施設で
療養させるという事を徹底すべきです」という事を提案されるのかもしれないです。

それを聞いたララちゃんは再度「オヨ~!」を発しつつ、
「国の役割は全体の方針を決め救える命を適切に守る事だから、そうした野戦病院をつくることは大切だけど、
政府の方はと言うと、国会すらも開かない状態で関心があるのは目前に迫っている総裁選と衆議院選挙ということでは、
そうした野戦病院政策すらも実施できずに、ワクチン接種による感染拡大の鎮静化を待つということぐらいしか
やろうともしないこの国の与党の国会議員はみんな頭がおかしいルン・・」と義憤を感じながら
言われるのかもしれないルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

民意

おっしゃる通りだと思います。

言い間違い・読み間違いの中にこそ本音が隠れているのだと感じられます。

こういうふー国民視線に立っていない政権はそろそろ
退場してほしいですし、
先日の横浜市長選挙も投票率が上がれば民意を示すことができることを見事に証明していたと思います。

果たして風はどちらに吹くのか・・

ナタリー 様

本日からパラ開幕ですけど、前日の歓迎会もあんなにたくさんの人間を招待して開催していること自体が
民意をわかっていないということなのだと思いますし、
学生さんの修学旅行をダメと言っておきながら子供たちのパラ観戦はOKというのは誰がどうみても矛盾だと思いますし、
そうした国民のイライラ・モヤモヤが横浜の市長選で民意として反映されたのかもしれないです。

この風が衆院選挙ではどのよう民意の風が吹くのかは興味津々であったりもします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |