FC2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
6位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


天気予報


-天気予報コム- -FC2-

チルノ時計


先日の参議院選挙の際、夜8時以降はどのチャンネルを回しても
開票速報一色でした。
最初から「自民圧勝」なんて誰にでも予測できたのにね・・・
そんな中、Eテレだけは夜9時からクラシック演奏会の収録を放映していて、
N響/尾高忠明さんの指揮でオールイギリスプログラムをやっていました。
尾高さんは、昔からイギリスものを得意していて、確か長い間BBC交響楽団の指揮者を
務められていたので、こうした曲は十八番という感じなのでしょうね。

その中で、一つ興味深いものがありました。
何かというと、ヴォーン=ウィリアムズの「チューバ協奏曲」です。
これはCDでは聴いたことがあるのですが、生の演奏会やテレビ等で聴くのは初めてです。
感想としては、「面白い!!」です。
普通チューバというと、管弦楽を低音で支える縁の下の力持ちみたいな役割で、
目立つソロとかメロディーを担当するという場面は少ない、
比較的そんな役回り(?)の楽器です。
そんなチューバにソロ楽器としての可能性を示唆したのがこま協奏曲だと思います。
この曲を聴くと分かるのですが、
ゆったりとした曲想ではなく、終始ぶんぶん軽快に跳ね回るというか躍動する曲なので
奏者もロータリーを上下させるのは本当に大変だと思いますが、
「予想しなかった楽器が予想外の活躍をする」という意味でも斬新な一方
低音楽器でもソロとしての効果があるという意味でも
非常に楽しい曲でした。

後半は、ウィリアム=ウォルトンの交響曲第一番です。
この交響曲については、随分以前に本ブログでゴチャゴチヤ書きましたので、今回は
詳細は省略しますけど、改めて聴くと本当に壮絶な曲だと感じました。
一般的には、苦悩から歓喜へ 暗から明へ 敗北から勝利へというのが
交響曲の一つのパターンだと思うのですが、
このウォルトンの交響曲の場合、確かにフィナーレの第四楽章は
ティンパニー奏者2名による打撃連打・金管楽器の高らかな雄叫びなど
歓喜みたいな要素もあるのですが、
聴き終わってみると、毎回感じる事なのですが
全然勝利・歓喜という感じはしません。
むしろ不安感・危機感は今後も継続されていくという「警告」みたいなメッセージを
感じ取ってしまいます。
だけどこの交響曲の「緊迫感」は凄まじいものがあると思います。
作曲は第二次世界大戦の直前ですので、
当時のイギリスの状況、例えばヒットラーの台頭とかイギリスのチェンバレン首相の
対ドイツ融和政策によってチェコ分割を黙認したことでかえってヒットラーの台頭を
許してしまったとか、後任者チャーチルのドイツとの対決姿勢とか
相当な危機感・緊張感はあったと思います。
それが何となく曲にも反映されていると思いますし、
戦争は終結しても人のココロの暗闇は永遠に続くみたいな思いはあったのかもしれません。

現代を生きている自分たち自身も、例えば自民党が圧勝し、衆参のねじれが解消し
政治が安定したからと言って、必ずしも生活が向上するとは限りませんし、
超高齢化社会・財政問題・外国の脅威・未来の日本の姿が明確に提示されないなど
「不安」は際限なくあると思いますし、そうした不安がなくなるという事はないと思います。
それではそうした「不安」にはどう対処すればよいのか・・
結局は「不安」には「日常的な危機意識」を持って備え、対処するしかない・・・
そういったことを何となく示唆しているようにも
この曲からは感じ取ってしまいます。

ちなみにこの交響曲の第二楽章は、作曲者から「悪意を持って」という指示が譜面に
記されています。

CDでは、この曲は
ラトル指揮/バーミンガム響が素晴らしいと思います。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

件のトラックバック

トラックバックURL
http://jubilant1984.blog.fc2.com/tb.php/586-7174cc25
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | BLOG TOP |