fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


菅総理の最近の言動はもしかしたら政権末期症状なのかも・・

以前の記事でも書いた通り、自民党が本気で現状を憂い今秋確定している衆議院選挙で自公合わせて過半数を
本気で獲得したいと考えているのならば、菅政権そのものを刷新すべき時期なのかもしれないです。
確かにこのコロナ禍の時期において誰が総理をやっても結果は同じとか、菅総理は総理なりに頑張っているという
論調もあるのかもしれないですけど、菅総理の言葉を聞いても国民は何も感じないという発信力の弱さは致命的ですし、
そもそも論として確かに平時の総理ならばそれなりの存在感は示せていたのかもしれないですけど、今の日本は
平時ではないのです。
国家が平時ではなくて緊急時に日本という国を導く指導者の器ではないことは残念ながら否定できないといえます。
ご本人にしてみると昨年安倍総理が退陣されたときに思いがけず棚からぼたもち式に総理の座を射止めた時には
「安倍政権で8年近く苦労させられ安倍さんの尻拭いをさせられたからその褒章として総理を務めて一度は甘い夢を
見てもいいのかもしれない・・、それにコロナだって一年後には多分収まっているはずだし少なくとも今よりは酷い状況には
なっていないだろう・・」みたいな甘い予測に基づいて、たいして国家観ややりたいビジョンも持たずに
総理になっただけにりかもしれないですし、こうした人物が非常時の日本の総理に就いたこと自体が日本の不幸だったのかも
しれないです。
期待しているのは国のトップを一度替えて新しい指導者が自分の言葉で「私はこうしたいから、このようにすれば間違いなく
このようになっていくからそれを信じて私ついてきてほしい!」という力強いメッセージを発信することが何よりも現在は
求められているのかもしれないです。

現政権に対する不満はいろいろありすぎるのですけど、
(以前の記事でも書いた通り、私自身はこれまでの選挙はほぼ自民党に投票はしていました・・)
一番不満に感じている点は東京オリンピックを強行開催したこともそうですけど、確かにオリンピックが最近の感染爆発を
引き起こした直接的因果関係は幸いにしてないと思われますが、
国民の間に「オリンピックを開催してるのだから自分たちだけがいつまでも自粛や我慢を強要されるのはおかしいよね・・」
という意識を引き起こし、それが結果的に間接的な要因として感染爆発を引き起こしたりは誰がどうみても間違いのない事実だと
思います。
「オリンピックが間接的に感染爆発を招いた」ことを認めようともせず、オリンピック成功と自画自賛している姿勢もそうですし、
そもそも論として「コロナ禍の日本でどうして東京オリンピックを開催する必要があるのかその意義」について明確に国民に対して
強いメッセージを発信しなかった・・、否、できなかった菅政権の政治的責任はあまりにも大きすぎるといえるのかも
しれないです。
現総理はなにかにつけて「不要不急の外出は避けてほしい」と言っていますが、例えばですけど
バッハ会長がオリンピック終了後に銀ブラをしていても丸川大臣は「不要不急の判断は各自がするべきもの」と
驚くべきことを言ってぼったくり男爵をかばって忖度発言をしていますけど、あれを聞いてしまうと多くの国民は
「それだったら自分たちだって自分たちの判断でそれが不要不急がとうかを判断したっていいじゃん」ということになると
思いますし、そうしたことも人流が全然減らない一つの要因にもなっているのたもしれないです。

私的には菅総理が天皇陛下の宮内庁長官の口を通したオリンピック開催に対する強い懸念をスルーしたことや
開会式で陛下の開会宣言時にぼーーっとして起立をしなかった陛下に対する不遜な態度も大変残念に感じていますけど、
さらに驚いたのは8月6日の広島の平和記念式典であいさつに立った際の現行読み飛ばしもそうでしたけど、
ありえない読み間違いをしていたことも決して看過できないと思います。

「核兵器のない世界の実現に向けて力を尽くす」という肝心の部分を読み飛ばすことも、確かに「疲れているのかも」と
同情の余地もあるのかもしれないですけど、この御方は元々が原稿棒読みでもありますので、
「官僚が書いた作文すらもまともに読めないの・・?」とか
「もしも官僚が悪意でもって東京オリンピックは断固反対ですと原稿に書いたとしても菅総理はそのまま読み上げてしまう
のかもしれない・・」と思わざるを得ないです。
さらに、あいさつの冒頭で「広島市」を「ひろまし」と、「原爆」を「げんぱつ」と読み間違いをしていたのは、単に間違いというよりは
いかにこの国の総理大臣が天皇陛下への敬意もそうでしたけど、広島長崎の原爆投下という重い歴史的事実や
東日本大震災における福島の原発事故を軽んじているか・・または「大きな問題として認識していない」という
ことなのだと思います。

確かに読み間違いなのかもしれないですけど、要はあの御方は一事が万事、この調子であり、結局はすべてが
他人事ということで国家観や明確なビジョンを何一つ有していないことを示唆しているのかもしれないです。

総理大臣の読み間違いというと麻生元総理も結構ひどいものはありましたね・・

一例をあげると・・

措置(そち) → しょち

有無(うむ) → ゆうむ

詳細(しょうさい) → ようさい

踏襲(とうしゅう) → ふしゅう

頻繁(ひんぱん) → はんざつ

未曾有(みぞう) → みぞゆう

麻生元総理の場合は、「ま・・多分単なる読み間違いだから・・」とか「本人が漫画大好きのマンガ太郎先生だから・・」とか
「福岡のおぼっちゃまだから・・」みたいな感じでしたし、
ご本人がどちらかというと九州の武骨な方というよりもなんだか江戸っ子のべらんめぇ口調みたいな人・・という感じで、
「そんな読み間違いいちいち揚げ足とらなくてもいいじゃん・・」という感じだったと思いますが、現・菅総理の読み間違いや
読み飛ばしは「やらかしてはいけない場所での間違い」でしたし、
どうみても本人の集中力欠如と歴史観の認識不足としかいいようがないです・・

run_convert_20210423235613.jpg



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんのAIに
「このまま国民と政権の意思疎通がうまく図られず、このまま衆院選挙に突入した場合、自民党が現有勢力を
維持できる可能性はどのくらいありますか?」と質問したとしても
「オヨ~! その可能性は限りなくゼロに近いルン・・」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・

私自身以前の記事でもふれたとおり、2009年の政権交代選挙の際も当時の民主党の政権運営能力に疑問を感じた事や
当時の民主党の鳩山由紀夫党首が大嫌いということもあり、麻生政権に一票を投じたものですけど、
さすがに今秋の衆議院選挙だけは自公候補者に投票する気持ちは微塵もないです。
なんというのかな・・? 例えば1993年や2009年の政権交代時の「自民党にお灸をすえる」という雰囲気ではなくて
ここは私たち国民一人一人の想いや意思を投票という形で提示しよう、そして自公以外の候補者にまずは投票して
もう一度長い目で見てあげて自民党以外の政党または非自民による大連立でもって彼らにもう一度チャンスを与えても
いいのではないか・・?と雰囲気が今現在は強いのかもしれないですし、違う政党同士が政策で競い合い切磋琢磨を重ね、
政権交代を重ねて日本がよりよい方向に導いていくことも悪くは無いのかもしれないです。

再度、ララちゃんのAIに「今後の菅総理はどうすればいいですか?」と聞いてみたとしたら
「神奈川の有権者の怒りが凄まじい場合は可能性的に極めて低いのかもしれないけど、現職総理の落選も
少しはありうるのかもしれない・・
落選の暁には、生まれ故郷の秋田に帰ってどこか田舎の町内会長でもやったほうが今よりはマシになるのかもしれない・・
だけどそれでも町内会の人に何かを聞かれたとしても、仮定の質問にはお答えできないとかご指摘は当たらないとか
安心安全な運営を心がけるなどと国政の時と同じ事を言われるのかもしれないです」と
分析されて、ララちゃんはまたまた「オヨ~!」となるのかもしれないですルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

目に余る・・

またまたコメントします。

麻生さんの場合は単なる読み間違いとか老眼鏡があっていないのかな・・?と善意に解釈できますけど、
菅氏の場合は読み間違いにしては度か過ぎるというのか、最近でも「感染拡大を最優先に」ととんでもない読み間違いをしていましたが、官僚の書いた作文すらもまともに読めない人にコロナ対応がきちんとできる訳はないのかな・・と改めて感じたものでした。

日本も既に終わった国なのかもしれないです。

同感です・・

とおりすがり 様

仰る通りだと思います。

自分自身の言葉で語る事が出来ないというのならば、せめて役人が事前に書いた文章くらいは
正確に読み上げて欲しいですし、それすらもできない読み飛ばし読み間違いがあるというのは言語道断というのか
総理としての職をとてもまっとうにこなせるとは思えないです。

まぁ「コロナ重症者以外は入院するな」と言って、コロナに感染した妊婦を放置して、赤ん坊を死産させる首相ですからね。
こんな首相が治める国だから「ホームレスや貧困層より猫の命が大事…」何てしれっと言う若者(DaiGo)が出てくる訳です。
頭の回らない人が首相をやり、頭の狂ったヤツがメンタリストをやって人をケアする国ですから、確かに日本は末期癌です(笑)

本日も一つの民意が下されていました・・

sado jo 様

千葉のコロナに感染した妊婦さんの受け入れ先が見つからず赤ん坊が死産したというニュースは残念としか言いようが
ないですし、これは国がいつまでたっても検査体制の拡充・野戦病院的に軽症・中等症対応の施設を大量に作って来なかった事や
「どうしてオリンピックはOKなのに国民に自粛を強要するのか」という素朴な疑問に対する明確なメッセージを
未だに発信しないでいる国としての怠惰以外の何者でもないと感じます。

そう思っていたら本日開票の横浜市長選挙で総理のおひざ元で総理の推す候補が午後8時の締め切りと同時に落選が
決まったという事は、いかに民意が現在の国の対応や総理に対してNOを突き付けたかということなのだと
思います。

選挙に行ってきちんと投票すれば正しい民意は反映されるということを示せた意味ではよかったのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |