fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


昨日でようやく閉幕した東京オリンピックですけど、どっかの国の暗愚な総理大臣は
「オリンピックさえ開幕してしまえば日本国民は日本人選手の活躍とメダルラッシュに沸きたち、いつの間にか
それまでのオリンピック開催に対する懸念や反対は吹っ飛び、あーオリンピックやってよかった~と感じるはずだし、
その勢いで今秋の衆議院選挙も自民党が勝利をおさめ、その功績として自民党総裁選に無投票で自分が選出され、
これによって菅政権も安泰だ・・」と思っていたのかもしれないですけど、
そこまで我が賢明なる日本人はアホではないと思いますし、菅総理が描いているシナリオをそのまま受け入れる事には
拒否反応が強いはずだと思われますし、「菅政権の続投・・!? そうは問屋が卸さない・・」という感じなのかも
しれないです。

というか・・それ以前に東京オリンピックが閉幕した現在、私たち国民の視線はこれから新型コロナ感染爆発の現実に
否応なしに向きざるを得ないですし、
オリンピック開催中は「日本人選手、今日もメダルラッシュです」と能天気にうかれていた日本のマスコミも
放映の中心をオリンピックから新型コロナに軸足を変えると思われますし、
それまで「オリンピック開催のため・・」と我慢と自粛を重ね続けてきた日本国民もそろそろ我慢の限界を超越し、
不満が噴出しかねない大変ヤバい空気になりそうな予感もあったりします。
政府がオリンピック開催でお祭り気分を盛り上げながら、緊急事態宣言で外出抑制を要請するという矛盾したメッセージにより、
多くの国民が「それだったら遠出をしても問題ないよね・・」という楽観論に陥ったともいえそうです。

それに輪をかけたのが暗愚な菅総理の唐突の路線変更とも言うべき「新型コロナウイルスの入院対象者を重症者らに
絞り込むとした新しい政府方針」であり、それにより肺炎症状がある中等症患者も基本的には自宅療養する運用に
切り替えたというある意味悪魔の政策転換をある日突然唐突に提示したことになります。
あれによって多くの日本国民は「えーー、それだったら生命の危機に瀕するような住所にならないと入院すらできないの・・?」
とか「これからは酸素ボンベが必要なほど悪化した場合でも、それは中等症ですと判定されれば入院すらできず
自宅待機という名の自宅での患者放棄という事になってしまうの・・?」とか
「国は中等症の患者はもう救う気はないのだ・・。自分の身は自分で守るしかないのか・・」とか
「中等症患者は治療してもらえないのではないかという不安は大きいし、重症者しか入院できないのか・・」とか
「自宅療養は言葉だけで放棄としか言いようがない。全く危機対応がなっていない」とか
「「重症でなければ病院に来るなというメッセージをついに国が発信した」とか
「中等症で自宅療養という形をとって、ある日突然呼吸困難となり自宅から保健所や病院に連絡しても繋がらず
自宅で危篤の危機に陥った場合の責任は一体だれがとるのか・・?」とか
「入院の基準を変えることは極めて重要な運用の見直しであり、それを総理大臣が一方的に発信するとは訳が
わからない・・、やっぱり総理がオリンピック開催前に言っていた国民の安心安全と言うのはまやかしと幻想に
過ぎなかった・・そんな中でも日本の議員の先生たちは国会すら開かず、必要な対策について本気で議論や検討を
する気はさらさらないのだ・・」と感じたのかもしれないです。

とにかくこうした状態が続き、新規感染者が更に激増し医療崩壊が現実の問題になった時、私達国民は
「やっぱりオリンピックなんて開催している場合じゃなかったのだ・・」と気付くのかもしれないです。



2019年の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんのロケット内のAIに、もしもですけど、
「こういう状況で自民党はこれから一体どうすればいいのでしょうか?」と質問をしたとしたら、
ララちゃんのAIはどのような分析をされるのかは興味津々です。

ちなみにですけど、あのAI役の声優さんは伊藤美紀さんという大変活動歴の長いベテラン声優さんですけど、
私のような昭和育ちで、昭和末期から平成初期の頃に社会人デビューを果たしたものの視点では、
伊藤美紀というと、往年のアイドルというか・・1989年に日本で初めて消費税が導入されたときに国税庁の
消費税告知ポスターのイメージモデルとして起用されていたアイドルさんという印象があるのかな・・?と感じたりもします。
(あ・・言うまでもなく声優さんの伊藤美紀と元アイドルの伊藤美紀は同姓同名の別人ですからね~)
元アイドルの伊藤美紀は正統派の美人さんという印象でしたけど、正直アイドルとしてはそれほどブレイクしていなかった
ですが、当時「えー、どうしてあんなにも評判の悪い消費税導入のイメージガールになってしまったの・・?」と感じる方も
いたのかもしれないです。
消費税は1986年の衆参同時選挙で圧勝した中曽根政権が選挙公約で「国民が反対する大型間接税は絶対に導入しない」
という約束をしていたのに、結局はなし崩し的に「3パーセント程度の売上税というか消費税は大型間接税には該当しない」と
いう屁理屈みたいな流れで導入されましたけど、消費税を導入した時の総理の竹下さんはある意味気の毒でもありましたし、
あれは中曽根前政権の負の遺産を無理やり押し付けられたようなものでもありましたし、1989年の参議院選挙においては、
一部の報道では当時の消費税の税率の3%よりも低い支持率にまで下落した事もあったようですけど、それでも当時の
竹下総理は確かに言語明瞭意味不明なところも多少はあったのかもしれないですけど、現・菅総理のような原稿棒読み
ではなくてある程度自分の言葉できちんと語っていたと思いますし、竹下総理の言葉は本来の人柄の良さ・朴訥さ・
政治家としての信念や矜持も多少は感じたものでしたし、そうしたある意味親しみやすさというのは竹下元総理のお孫さんの
DAIGOさんにも受け継がれているのかもしれないです。

それに比べて現総理の言葉は本当に原稿棒読みで自分の言葉で何も語らず、人間としてのあたたかさや親しみやすさは
全く微塵も感じられないですし、あの言動は全てが他人事であり冷淡で冷たさしか伝わってこないです。

ララちゃんのロケットのAI分析はもしかすると・・「現・菅総理がそのまま自民党の総理総裁として今秋に実施される
衆議院選挙に突入した場合、国民はこれまでの菅総理に対する不信感と不満が一気に炸裂させてしまい、
現在保有している自民党の議席を大幅に失ってしまい、最悪の場合自公合せても過半数割れを起こしかねない可能性が
あるかもしれない」という分析・予測をされるのかもしれないです。

そうなると、ララちゃんは「オヨ~!」と感嘆の声を発しつつ、
「AI、それでは自民党が今秋の衆議院選挙で勝てそうな戦略はなにかないルン・・?」と質問をされて、それに対しての
AIの回答は、
「ララ様、それならば一つだけ起死回生の方策があります。それは現・菅総理がオリンピック閉幕後に緊急の記者会見を
開催し、ここまで特に東京都内に感染爆発を引き起こしてしまった責任を取り、私はここに総理大臣の職を辞したいと
思います。
そして今月下旬に開催されるパラリンピックはIOCと協議を進め私の全責任でもってこれを中止とするようにいたします
と発すればいいのですよ」との解析をされるのかもしれないです。
そうなるとララちゃんはまたまた「オヨ~!」と感嘆符を発しながら、
「確かにそれしか策がないのかもしれないルン・・」と言われそうなのかもしれないルン・・

さらにララちゃんの緻密なAI分析では、
菅総理に代わってとにかく誰でもいいから比較的若い世代の政治家を思い切って抜擢し、その新しい総理が
例えば・・国会を直ちに開きロックダウンの法律改定を実施し、8~9月に二週間程度全国的なロックダウンを実施し、
交通遮断・企業活動の原則中止・国民の外出禁止を厳格に実施する代わりに、一人当たり20万円の給付金を配布し、
その期間の間にワクチン接種を徹底して実施し全国民の8割の接種を完了させ、外国からの人の受け入れは例外なく
中止とし、ロックダウン解除後に3か月限定で消費税を凍結するといった思い切った政策を実施し、その流れで
衆議院を解散し選挙に突入すれば自民党の勝利は間違いないのかもしれないですと
提案をされるのかもしれないです。

それを聞いたララちゃんは再度「オヨ~!」を発しつつも、「いずれにしてもそれは菅総理の責任を取る形での辞任が
前提上限で、もしもそれすらもためらった時は本当に自民党は未来が全くない政党になってしまう可能性もあるルン・・」と
言われるのかもしれないですルン・・
関連記事
スポンサーサイト



コメント

終わったけど・・

日本人選手のメダルの数は増加するばかりでしたけど、
それ以上に新規感染者もうなぎのほりで、
むしろこれからが宴の後の後始末という事なのだと
思います。
秋の選挙ですけど、今後の感染者数、総裁選の実施時期、誰が自民党総裁になっているかなど現時点で未定要素が多すぎて予測困難だと思いますが、
菅氏がこのまま総裁として選挙に臨み、感染者に歯止めがかからなかったら、最悪の場合自公で過半数割れもありうるシナリオもありそうですし、そうなったら維新が
連立に加わる可能性もありそうです。

消費税アイドルの伊藤美紀さんはなつかしいですね~

当時はたぶん誰もがあの宣伝ポスターには出たくなかったのかもしれないですけど、事務所の意向なのかも
しれなかったです・・

こんばんは

会見でも総理は ワクチン接種が1億回を超えた。
接種を行った高齢者で感染者や重症者が
減っていることを指摘し、接種の効果は明らかだと
言っているようですが
そう思うのであれば 五輪開催前にワクチン接種を
終わらせておくべきだったのでは?(無理な話ですが)
見切り発車ですよね。
ワクチン接種の予約もなかなかできないようなので
ワクチンを確保しているというのなら
少しでも早く若い世代に接種できるような環境を作ってほしいですね。


いつも国民の心に響くような会見でもなく
質問に対する答えもはぐらかしている・・・
お盆の帰省などを慎んでほしいと言っていますが
バッハ会長の歓迎会も1年前から決まっていたことなので
と言って開催したのだから
帰省も去年から決めていたのでと思う人も多いはずです。
ただ医療が崩壊寸前で医療従事者の方々のことも考えて
行動しなければ・・・

パラリンピックがまだ始まってもいないのに
次はフランスと言うのもどうなのかな・・・



宴の後は・・

とおりすがり 様

オリンピックは一応閉幕できましたけど、日本人選手の活躍と菅総理の支持率回復という目論見は
前者は成功ですけど、後者はポロポロ・・という感じです。
日本国民も政府の考えている事を見透かしているのだと思いますし、今秋の衆議院選挙はもしかしたら
本当に何かが起こるのかもしれないです・・

自民党が本当に自公で過半数を目指すのだとしたら、少なくても菅さんの退陣は前提条件だと思います。

評価は今秋の衆院選挙といえそうです・・

花梨 様

埼玉も55歳以上のワクチン接種は順調ですけど、いかんせん54歳以下の現役の勤労世代は接種は予約自体が
かなり難しいのが現状ですので、
これからのお盆休みや帰省を考えると、まだまだ感染激増に初めは掛らないと思いますし、関東から地方への飛び火が
懸念されそうです。

こうした状況下でもオリンピックを開催するという事は私自身は疑問以外の何も感じませんが、
国がオリンピック開催しているのだから、これまで我慢と自粛を続けてきた国民が県を超えてのお出かけをして
何が悪いという間接的影響こそが大きいのだと思います。
総理はまずは自画自賛ではなくて「ここまで感染が拡大したのはオリンピックの間接的影響ですし、責任を痛感しています」と
いう自分の過ちを素直に認めて謝罪すれば少しは支持率upにつながるのかもしれないけど、
それすらもやらないというのは高齢者特有の頑迷があるのかもしれないです。

いずれにしても今秋の選挙は私たち一人一人が投票に行き、安倍政権を含めて総括的評価として一票を投ずる必要が
あると思います。

「重症でなければ病院に来るな」という無茶苦茶なメッセージを出しても政権与党の座は安泰なのです。
そんな自民党にしてしまったのは野党だけじゃない…国民にも責任があるので今回の事は自業自得です。
選挙以前に国民が目の前の利益に捉われずにマトモな考えを持ち、マトモな政治家、マトモな政党を作る事です。

今秋の選挙は大切なモノ・・

sado jo 様

ぼったくり男爵の吟プラは「不要不急の判断は各自に委ねられる」と言っている一方で
お盆期間の帰省すらも「不要不急の外出はしないで帰省は諦めて」といってる政府のダブルスタンダードに
国民は不信感を感じているし、こうした危機的状況でも政府からのメッセージに誰も耳を傾けないと
いえそうです。

今秋の選挙は従来の「自民党にお灸をすえる」的な発想ではなくて、自民以外の選択肢は何かないものかを
一人ひとりがよく考えて投票すべきといえそうですし、
これまでのだらしない野党に対して、「自民党以外の選択肢」を有権者に選択させるための選挙と言えそうですし、
たまには私達有権者も野党に対して「じっくりと育ててみる」という発想も必要なのかもしれないです。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |