fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
78位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
16位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

検索フォーム


CIMG4124_convert_20210802221919.jpg

CIMG4125_convert_20210802221950.jpg

日清食品の「日清焼そばU.F.O. お好み焼味焼そば」は、2021年7月5日発売の日清焼そばUFOシリーズの新商品の
一つでした。
最初にこの新商品を店頭で見かけた時は「焼きそばとお好み焼きと言うダブル炭水化物をどのようにカップ麺として
表現するのかな・・?」と結構興味津々でした。
2年前の2019年にUFOシリーズからからは「日清焼そばU.F.O. スパイスキーマカレー焼そば」が発売されていて、
スパイスを「これでもか~」と言わんばかりに強調していていかにも夏向きの新商品ということで、とってもスパイシーで
おいしかったので、個人的には今回の お好み味焼き焼きそばも期待していたものでした。

別添袋は液体ソース・コク旨マヨ・ふりかけと三つ入っていて、具材としては麺の下にキャベツが入っていました。
お好み焼きというとなんとなくですけど豚肉とキャベツと紅ショウガかかつお節は欠かせないのかな・・?と思いますが、
これらは残念ながら入っていませんでした。
別袋の「ふりかけ」はかつお粉、紅生姜、青のりの組み合わせとなっていますので、このふりかけでもってこれらを
代用したような感じでもあります。
キャベツの量もあまりにも少なすぎて正直しょぼい感じです。

CIMG4128_convert_20210802222031.jpg

お好み焼きをイメージしたような甘濃いソースにマヨネーズの組み合わせで、いつものUFOのソースに比べて甘みが強くて、
スパイシーさやコクはあまり感じなかったです。

味ですけど、正直言ってお好み焼き感はあまり感じなかったです。

というか・・いつものUFOに比べてソースが甘くてふりかけのかつお節風味によって多少はお好み焼きらしい香りは
感じるけど、「だからなんなの・・?」という印象です。
正直言っていつものUFOとたいして変わらず、パンチやスパイシーさに欠けて、マヨネーズまで入っているため、
どちらかというと一平ちゃんの辛子マヨネーズ入りの焼きそばとほとんど変わらないという印象すらありました。

うーーん、正直少し期待外れの商品で、味にパンチやインパクトが全く無いため他のメーカーの新商品に比べると
かなり見劣りするという評価にならざるを得ないのかもしれないです。

CIMG4127_convert_20210802222009.jpg

そんな訳で日清焼そば UFO お好み味焼き焼きそばはインパクトやパンチには欠ける印象で、
食べていても少し不満がありましたので、どうにかこの商品をもっと美味しく食べるにはなにかちょい足しが必要ではないかと
思い、この商品はスーパーの飲食コーナーで食べていた事もあり、そのスーパー内で
「なにかちょい足し出来るものはないかな・・?」と物色しました。

その時、総菜コーナーにて本家の?お好み焼きがうまい具合に割引販売されていましたので、このお好み焼きを購入し、
日清焼そば UFO お好み味焼き焼きそばの上に乗せてみることにしました。

このお好み焼きにはかつお節・紅ショウガ・具材として中にたっぷりのキャベツと卵と豚肉がはいり、甘辛ソースと
マヨネーズが上に掛っていました。

CIMG4129_convert_20210802222051.jpg

日清焼そば UFO お好み味焼き焼きそばの上にお好み焼きそのものを乗せて一緒に食べると味が激変しました~♪

かつお節と紅ショウガと豚肉のおいしさが加わり、お好み焼きの下に焼きそばがあるということで、結果的に
広島風お好み焼きに極めて近い食感と味となり、
日清焼そば UFO お好み味焼き焼きそば単体では決定的なパンチ力に欠けていた味と風味に、安心の美味しさが
加わって印象がありました。
結果的にお好み焼きと焼きそばのダブル炭水化物となりましたけど、しつこさや重さは全く無く、これをおかずにして白いご飯も
いけそうなくらいのおかずとしての魅力もあったように感じたものでした~♪

「ラーメン大好き小泉さん」の小泉さん的にはラーメンとつけ麺も広義には同じ麺類という事なのだと思われますし、
悠のように特段ラーメンとつけ麺を 区別化して考える必要もないし、
広義で考えるとつけ麺も冷やしラーメンも油そばも汁なし坦々麺も焼きラーメンもはたまた焼きそばだってラーメンの亜種
であるという事なのだと思いますし、
そこにあるのは素晴らしきラーメンの幅広さという事なのだと思います。

小泉さんの解釈的には日清焼そば UFO お好み味焼き焼きそばだって広義のラーメンの一種というかラーメンの一つの亜流
という解釈も出来そうです。

ラーメンの素晴らしい多様性について小泉さんが暑く語っていた時に一つのテキストにされていたのが
焼きそばの話であり、福岡や東京都内の焼きラーメンでもあったりします。
福岡の焼きラーメンは屋台発祥のご当地グルメの一つでもあるのですけど、これは焼いた細麺に後掛け豚骨スープを
掛けたものですが、これは都内のパリパリ焼き麺に豚骨ぺジボタスープを掛けたものですけど、ここまで来ると
焼きそばという名前はあるけど限りなくラーメンに近いとも言えると思われます。

焼きラーメンも広義の意味ではラーメンの一種だと思いますし、言うまでもなくまぜそば・油そば・汁なし坦々麺も
ラーメンの仲間だと思いますし、そうした意味では原作漫画で小泉さんが強調されていた通り
そもそも論として「どこまでがラーメンであるのかという事は厳密に定義づける必要もない」という事なのだと思いますし、
小泉さんの言われる通り、つけ麺・まぜそば等も普段何気なく口にする普通のいつものラーメンと違った味わいを
楽しむという事なのだと思います。

20190418-koizumisan-03_convert_20190418223735_convert_20190419022939.png

ここから先はdream fantasy2
アミグリさんが過去に描かれた美しい絵のご紹介コーナーです。

上記で小泉さんの話がでましたので、またまたアミグリさんが描かれた小泉さんをお披露目させて頂きたいと
思います~♪
というか・・今年に入ってもアミグリさんが描かれた小泉さんは既に何度か転載&ご紹介をさせて頂いておりますけど、
今回の小泉さんご紹介はおそらくは今年最後になりそうです。
もっとも来年以降もアミグリさんが描かれたこの小泉さんは定期的に当ブログでも引き続き転載&ご紹介はさせ続けさせて
頂きたいと思います。

今回転載させて頂く作品はこれで通算何回目の転載なのか管理人すらも把握していない程ご紹介させて頂いた作品でも
ありますけど、それだけ管理人の私がアミグリさんが描かれた小泉さんが大のお気に入りで、
この小泉さんは毎日でもうちのブログで転載したいと思っているほどでもあります~♪

どうしてこのアミグリさんが描かれた小泉さんが私が特にお気に入りなのかと言うと、絵の美しさもそうですけど、
この小泉さんが全然笑っていないからです。
小泉さんの最大の魅力はあのミステリアスさと美少女ヒロインとラーメンというそのギャップの落差の魅力でも
ありますので、小泉さんにはあまり笑って欲しくは無いですし、あのいつもの無表情で無愛想でミステリアスな所は
これからもずっと維持して欲しいです。
実写版の小泉さんが初代も二代目もどうして私自身があまりお気に召さないのかと言うと、あの実写版の小泉さんは
愛想よくニコニコしていたり笑ったりしている点は「ちょっと違うんだよね・・」と毎回感じています。

しかし、アミグリさんが描かれた小泉さんはその点はさすがに分かっていらっしゃっていて、あのミステリアスさと無愛想で
無表情な所がきちんと一枚の絵からも表現されていて、しかもそれがとても美しいと言う点は特筆に値すると思います。
全体から伝わってくる小泉さんの冷徹な女神様のようなクールビューティさが素晴らしいですし、
そこから感じ取れるのは無愛想というよりはむしろ「私は自分のラーメン道を歩むだけ」という小泉さんの
意思の強さといえるのかもしれないです。
アミグリさんが描かれた小泉さんもそうした全く動じずぶれない小泉さんの強さを立派に表現されていると言えると思います。

アミグリさんの描かれた小泉さんはまさにそうしたクールでミステリアスな美少女そのものだと思いますし、
クールビューティそのものなのだと感じられますね~♪

上記のアミグリさんが描かれた小泉さんは、小泉さんの絵師様であるアミグリさんに帰するものであり、
当ブログにおける転載とご紹介は事前に全てアミグリさんからご了解を頂いたものであり、
アミグリさんからのご厚意で転載をさせて頂いておりますので、
無断お持ち帰りや無断コピーは絶対NGですので くれぐれも宜しくお願い申し上げます。
アミグリさんのpixivの方も
ご覧いただけるととてもうれしいです!

ラーメンを生涯愛し続けるという点はこれからも小泉さんは不変だと思いますし、そうしたぶれない小泉さんは
本当にすてきですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

印象に残らない味

これ、うちでも食べましたけど、
仰る通り全然お好み焼きではないですし、
普段食べるUFOとほとんど変わりが無いし、
「これで新商品なの・・??」とすら感じたものでした。

後日この商品がロジャース等で安売りの叩き売り状態で山積みされていたのもわかる気がします。

どこがお好み焼き・・??

ひより~ 様

同意見で嬉しいです。

あのUFOは正直ハズレだと思いますし、少なくともお好み焼き風でもないし、それっぽい味もしないのは
大きなマイナスだと思います。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |