fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


お風呂はいいものですよね~♪
自宅でゆったりとお湯につかるのもすてきな息抜きですし、はたまた銭湯やスーパー銭湯や温泉旅館等でのんびりまったりと
自宅のお風呂ではなかなかできない足をのばしてリラックスしてはいるお風呂も格別だと思います。

お風呂は体を清潔に保つのにも良いのですが、健康面でも効果が期待できます。
具体的なお風呂で期待できる健康効果としては

1.温熱作用でカラダが温まる
2.水圧による血行改善の効果
3.浮力作用で気分がリラックスする といった効果が期待できます。

お風呂が日本で広まったのは6世紀の仏教伝来とともに日本に入ってきたと言われています。
仏教においては、「汚れを落とすことは仏に仕える者の大切な仕事」、「入浴は七病を除き 七福を得る」と言われて
業の一つとして取り組まれていました。
この為、「体を洗い清める」ことを目的にあちこちの寺院に浴堂が作られました。
大仏で有名な観光地の興福寺や東大寺にも浴堂が残っています。
そうした背景により、当時からお風呂は良いという認識があったことから、全国各地で温泉施設の開拓が行われ、
そうした素晴らしき伝統が今日まで受け継がれてきたと思われます。

そうした日本のお風呂という素晴らしき伝統を継承した一つの表れが、本日・・11月26日は、いい風呂の日という記念日
なのかもしれないです。
どうしてこの日がいいお風呂の日なのかと言うと、11月の下旬になると涼しくなり、お風呂にゆっくりとつかって、
体の芯からぬくぬくとあたたまり疲れをとりたいという人が増えるだろうという予測と
11 = いい 2 = ふ 6 = ろという単なる言葉の語呂合わせで、11月26日が「いい風呂の日」として制定されたという
背景もあったりします。
語呂合せが記念日というのは東方で言うと例えばこいしちゃんの日が5月14日であるのと同じようなものなのかもしれないです。

ちなみにこのいいお風呂の日というのは入浴剤(浴用剤)メーカーによる業界団体である日本浴用剤工業会が
制定した記念日です。
また11月26日は、全国の銭湯や温泉などで、ポイント2倍 ポイント3倍 お得な回数券販売
イベント風呂(すだち湯、唐辛子湯など) 入浴料の割引などのような色々なイベントやキャンペーンが行われているところが
多くあります。
但し昨年と今年はコロナ禍ということもあり、そうしたイベントは中止となった事も多いそうです。

銭湯と言うと、今年・・、2021年8月より東京都は12歳以上)の銭湯の入浴料金を現行の470円から480円に引き上げることを
発表していましたけど、こうした値上げに踏み切らざるを得ない背景として、
①自宅でのお風呂の普及 ②風呂なしアパートの減少 ③石油など燃料費高騰 ④コロナ禍による入浴客数減少が
挙げられると思います。
銭湯は利用者の減少等により転廃業が続出し、著しく減少しているそうです。
具体的には、2006年には963軒あったものの、2020年には499軒まで減少しています。
東京都内の公衆浴場延べ利用者数は、2006年が約3,927万人に対して2020年が約2,194万人となっているそうです。

埼玉県の銭湯の入浴料は現行450円で東京都よりも30円安いです。
どうして東京都と埼玉で価格が異なるのかと言うと、銭湯など公衆浴場の入浴料金統制額は、
物価統制令に基づき、都道府県知事が最高限度額を指定する仕組みになっていて、そのため各都道府県によって
違いが生じたりしているそうです。
またスーパー銭湯や日帰り温泉棟は物価統制制令の対象外ということで、各運営者が自由に価格を定めてOKという事にも
なっているそうです。
そうそう・・、昨年の第一回目の緊急事態宣言の際にはサウナが営業自粛の対象となっていて、その煽りを受けて
サウナが併設されている銭湯が一時的に営業休止となったり、はたまた銭湯はやっていてもサウナは休止という少しヘンな
事態も生じていました。
都内においては大人用の都内共通入浴券の回数券(10枚)は、2020年時点では4400円(税込)で販売されていますので、
定期的に利用される方は回数券を購入した方がお得といえそうです。

私が東北の田舎から上京し昭和末期の頃の貧乏学生さんであった頃は、
当時住んでいた家賃23000円のおんぼろ木造築40年のアパートには、各自の部屋に風呂やシャワーはおろかトイレすら無い
「浴室無し・トイレ共同使用」という今現在ではありえないような環境下にありましたけど、
そうした環境は貧乏学生にはむしろぴったりだったと思います。
あの頃は、現代のように携帯もスマートフォンもパソコンもメールLINEも何もない時代でしたし、
お金は全然ないけど「ヒマと考える時間だけはある」という今にして思うと、「いい時間だったなぁ」としみじみ感じることは
あったりもしますね・ ・
当時は、私にとっては「浴室トイレ付アパート」という事自体が夢のまた夢という感じでもありました。
銭湯はあの当時の私にとっては「二日に一度行ければ上出来」という感じでもありましたし、
当時の入湯料はたしか230円だったと記憶しています。
最近の銭湯は上記で記したとおり、都内で480円、埼玉では450円ですので、30年近い歳月で銭湯の入湯料は
ほぼ倍近くなったという 事になるのだと思います。
当時の吉野家の牛丼の価格が400円であり、今現在と価格的にほぼ同じというのは、むしろ吉野家の立派な企業努力と
言えるのだと思います。

60a78bcb_convert_20151231201251.jpg

20130912203729.jpg

2013年に放映されていた「絶対防衛レヴィアタン」という深夜アニメがあったのですけど
第9~10話でも温泉宿でのお風呂での入浴シーンがありました。
このアニメの再放送時には「焚火劇場・ミニ」というショートコーナーも追加されていましたけど、
その中で「お風呂に入ってお湯に浸かると、はぁーー、なんて声がついつい出てしまうよね・・」みたいなシーンが
ありましたけど、それって気持ちはよく分かりますね・・・
別に何か感極まるとかそういう訳ではないのですけど
寒い時に温かいお風呂に浸かると何か第一声が「はぁーーーーっ」とか「うーーーーーん」みたいな
感嘆声になりがちですし、どうして人はお風呂に入ると自然とああいう声が出てしまうのですかね・・?

kawa_convert_20210731011146.jpg

kawaii_convert_20210731011221.jpg

銭湯がよく出てきた最近のアニメ作品と言うと2020年秋アニメの「トニカクカワイイ」の司ちゃんの可愛らしさが
抜群に光っていたと思います。

この作品は竹取物語の続編というか「かぐや姫を取り戻す物語」というのが連載漫画開始時の説明だったと思いますが、
司のミステリアスで謎的な要素も含めて、まだまだ「よくからない・・」みたいな要素も
かなり多いのですけど、私的には司が「トニカクカワイイ」以外の何物でもないですので、司の真の正体や目的とは何なのかは
一旦置いて、司とナサが真の夫婦の絆をどのように深めていくかは興味津々でありますし、
何よりも・・最近の原作漫画においては司の真の正体が描かれていて、あれを読んだ時はまさに青天の霹靂でした!
(ネタバレになりますのでとてもここではその概要は書けないです・・)

司ちゃんとナサがナサの両親宅に挨拶に行くために二人のアパートを不在にしていた時に、そのアパートが火事で焼失
してしまい、二人が住む家をなくした時にナサの後輩の女の子が自分の家で経営している銭湯に居候させて
もらう展開になった時には、先頭に居候という事で何度か司ちゃんの銭湯での入浴シーンをお目にかけることができましたけど、
あの時の司ちゃんは「トニカクカワイイ!」以外の何者でもなかったですね~♪

「トニカクカワイイ」は来年度のアニメ第二期の制作も既に決まっていますし、とても楽しみです。
そして「プリンセスコネクト」の続編の放映も既に決まっていますので、来年またまたペコリーヌやコロ助やキャロちゃんに
会えることもとっても楽しみです!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

おふろ

私は基本シャワー派ですが、たまにはゆっくりお湯につかりたくなります。
寒い時期はしっかり肩まで浸かって温まると
ほんと気持ちが良いですよね・・・。

アニメの水着回とお風呂回は鉄板ですねw
謎の光の出番です!

そう言えば、老体になってから長い事銭湯に行っていませんね。
理由は、若い頃銭湯で見た(ナニまでデレ~ンと垂れ下がった)老人の姿がトラウマになってしまって、
人前で老体をさらす事にひどい抵抗を感じるからです。
情けない話ですが、このまま一生温泉にも入れそうもないです(笑)

入浴シーン

まいさか 様

夏は汗を洗い流し、冬場は心身ともに温まるという事で、お風呂と日本人は切っても切り離せない関係性を
有していると思いますし、
そうした日本人の清潔好きとかキスやハグをしない慣習が
欧米よりもコロン感染拡大を抑制した要因の一つなのかもしれないです。

アニメでの入浴や水着シーンはお約束の鉄板ですね~♪

たいていポロリ・・となったところで謎の光線が発動というのもお約束と言えそうです。

最近のスーパー銭湯では・・

sado jo 様

銭湯ではさすがに丸裸状態で入浴しないとうるさいじいさんたちからクレームがはいりそうですけど、
スーパー銭湯や日帰り温泉施設では、最近では腰にタオルを巻く事や水着着用がOKという所もありますし、
千葉のホテル三日月系は、温泉も裸ゾーンと水着着用ゾーンに分かれていて、
そうしたところでは気兼ねなく入浴できそうなのかもしれないです。

温泉はリラックス効果もあるし冬場は温まるし、やはりいいなぁーと感じてしまいます。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |