fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
21位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
3位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム


ふりかけは、さくさくふわふわしていてとても美味しいですし、場合によってはこれさえあればおかずすら要らないと言っても
過言ではないのかもしれないと感じます。
私自身も学生時代とか、社会人になって間もない頃に当時に寮に入っていたものの
土日祝日はご飯が出ない時でしかもお給料前の際には、スーパーで白飯だけを買ってきて、
この白飯にふりかけを「これでもかっ!」と言うぐらいに掛けて
給料日まで持ちこたえていた・・みたいな事もあったような気がします。
現在、どこの家庭でも当たり前のようにご飯のお供として存在しているふりかけなのですけど、
これを考えた人はもしかしたら天才と言えるのかもしれないですね~♪

ちなみにですけど、「ふりかけ」を専門学的に述べると、
「ご飯などにふりかけて食べる粒子、あるいは粉末状の食品。ご飯にかけるものとしては、ごま塩、もみ海苔、削り鰹、
でんぶなどが古くから利用されている」と定義されるらしいですけど、
私が小さい頃のふりかけと言うと、ごま塩とかピンク色のでんぶだったようにも思えるのですけど、
ここに劇的な変革をもたらしたのは、丸美屋さんの「のりたま」だったと思います。
最初にあれを食べた時は、「えーー、これ一つだけでおかず要らないじゃん!」と感動したものですし、
給食で白飯に激マズおかずとか牛乳が出された時なんか、家からこっそりとこののりたまを持ってきて
白飯にのりたまをふりかけて、おかずの激マズをカヴァーしたものです・・
そうした際にクラスメイトにもこののりたまを分けてあげると、クラス中の人たちから
「おまえはエライ!」みたいな目で見られたこともあったような気もします。

ふりかけと言うと何となくですけど、丸美屋ののりたまがパイオニアであり王道というイメージも
私の中にあったりもするのですけど、最近のふりかけは格段の進化を見せてくれていますし、丸美屋さん以外でも
多くのメーカーが「こんなのありかっ・・!?」とすら感じさせてくれそうな素晴らしく多彩で斬新なふりかけの新商品を
次から次へと発売していく様子を見せ付けられると改めてですけど
「日本のモノづくりって本当に素晴らしいよねっ!」と感じずにはいられないです。
(特に最近ですと例えばぺヤングソース焼きそばふりかけや牛丼ふりかけや、はたまた不二家のミルキーの甘いふりかけと
いうモノも登場しています
これはスター☆トゥインクルプリキュアの宇宙人キュアの羽衣ララ=キュアミルキーも「おいしいルン!」と言われそうですルン~♪)

ちなみにですけど「のりたま」とは、ふりかけの最大手企業の丸美屋食品を代表する人気商品で、
1960年から販売を続けているロングセラー商品であったりもします。
海苔と卵は高級品で、魚が主原料のふりかけが主流とされていた当時、丸美屋の創業者・阿部末吉氏が
「旅館の朝食のような雰囲気を家庭でも手軽に味わえないものか・・」と「のりたま」を考案したのが商品誕生のきっかけと
なったそうです。

CIMG4111_convert_20210724210113.jpg

そうしたふりかけのパイオニアにして同時に日本のふりかけ界の最大の定番商品ともいえそうなこの丸美屋さんの
のりたまとカップ麺のうどんが見事にコラボされた商品が今年も期間限定でしたけど再販されていました~♪

「明星 のりたま 焼うどん だし醤油味」は、明星食品と丸美屋食品工業の共同開発商品でして、
丸美屋を代表する「のりたま」を実際に使用した湯切りタイプの汁なし和風カップ麺です。
ちなみにこの商品は2021年に初登場した商品ではなくて、2017年5月の最初の発売から定期的に再販を繰り返し、
今年・・2021年発売の商品はこのシリーズの5代目という位置付けにもなるそうです。

CIMG4112_convert_20210724210132.jpg

カップ麺に別添されている小袋は、後入れの液体ソースとのりたまの合計2種類で、のりたまについては
丸美屋さんの「のりたまミニパック」をそのまま使っているような感じでもありました。
なんとなくですけどこののりたまの袋を見てしまうと、うどんではなくてそのままいつも通り白いご飯にも掛けたくなって
しまいそうです。

麺に隠れて見えませんけど、具材としてキャベツも入っています。

どちらにしてものりたまをご飯の上ではなくてカップ麺としての焼うどんの上に掛けるという発想はかなり斬新で大胆であり、
最初にこれを考えて商品化まで持っていった開発担当の方はすごい・・としかいいようがないです。

CIMG4117_convert_20210724210151.jpg

上記画像は麺に熱湯を注ぎ5分程度待ち(うどんということで麺が太いので私的には5分ではなくて7分程度待った方が
柔らかくて麺がもっとりとした食感を味わえるような感じもします・・)
まずは液体ソースのみを掛けたものです。

液体ソースをかけてかき混ぜるとダシの効いた醤油の良い香りが漂いますし、この状態で食べるといかにも
一般的なおいしい醤油の和をベースにした焼うどんという印象です。
というか、この状態で普通においしいので、「別にのりたまをかけなくてもいいのかな・・?」と感じてしまいますけど、
のりたまをかけないとこの商品は全く無意味になってしまいますので、そのままでいい・・という誘惑?を振り切って
次にのりたまを掛けてみたいと思います。

CIMG4118_convert_20210724210213.jpg

のりたまを掛けると一気に香りが変化しますね~♪

そして見た目も普通の焼うどん→焼うどんの上にふりかけをかけた変化球カップ麺に変化していると感じられます。

うどんとしての太い麺にだし醤油風味の液体ソースはとてもよく絡み調和していてとても美味しいです。

これが焼きそばだと細い麺にソースとのりたまが絡みすぎてしまい、むしろ麺としての存在感が希薄になりかねないと
思えるだけとに、焼きそばとしてではなくて焼うどんとしてコラボしたのは大正解のように感じられます。

そしてふりかけとして定番であり私たちの食卓でもお馴染みのいつものあの「のりたま」が焼うどんの上に掛ってくると、
風味はのりたま、味は醤油という感じで麺の美味しさが更にマシマシになりそうです。
これ、面白い感覚でして、のりたまを掛けるとその時点で香り自体はだし醤油ベースからふりかけ風味に変化しますけど、
味覚はどちらかというとだし醤油の方が強く感じられるという事もあり、味覚と嗅覚においての微妙な感覚の違いも
楽しめると思います。

CIMG4119_convert_20210724210239.jpg

ただあのいつもののりたまの風味を感じ取ってしまうと、もちろんコラボカップ麺としての焼うどんという変化球としての
食べ方ももちろん申し分ないのですけど、あのいつもの食卓の味ののりたまの香りを堪能してしまうと、
どうしても日本人の血が騒ぐというのか白いご飯が欲しくなります。
そして白いご飯とふりかけに合うものってやっぱり「漬物」なのかもしれないですね~♪

そんな訳でおにぎり二つときゅうりの漬物を追加購入し、のりたま風味の焼うどんとおにぎりと漬物を交互に食べますと
気分はなんだか昭和の頃の日本の昼ごはんといった少しレトロな雰囲気も感じたものでした。

それにしてものりたまはご飯にも焼うどんにもどちらにもとてもよく合うものですね~♪



5f632cd7-s.jpg

小泉さんは原作漫画でもアニメ内でもひたすらラーメンばかり食べまくっていますけど、小泉さんが白いご飯といった
お米系を食べている事自体がもしかしたら貴重なシーンなのかもしれないです。

アニメ版「ラーメン大好き小泉さん」の記念すべき第1話のBパートにて、小泉さんが天下一品で食していた
とんこつラーメン+鶏のから揚げ+白のご飯は、典型的なラーメン定食といえそうですけど、
小泉さんにとってはご飯と言った炭水化物がセットされようがいなくても小泉さん的には
「ラーメンが食べられるのならば なんでもいい・・」という感じなのかもしれないですね~♪

小泉さんは「焼きそばも汁なし坦々うどんも麺類である事には変りはなく、広義の意味ではラーメンと同種」と
認識されているのはたぶん間違いないと思いますので、小泉さん的には上記でレビューした明星 のりたま 焼うどん だし醤油味と
白いご飯の組合せもラーメンセットみたいな感覚で食べられて、完食事にはふはーとされるのかもしれないです。

小泉さんは原作漫画内でも、極太麺のラーメンや麺が太い汁なし坦々麺や油そばをよく食べられていますので、
「広義的には焼うどんもラーメンの亜種」ということで、抵抗なく食べられて最後はふはーとされそうです。

lala_convert_20210723020626.jpg

lalar_convert_20210425203948.jpg

2019年放映の「スター☆トゥインクルプリキュア」の宇宙人プリキュアのララちゃんは、実は地球の食べ物では
おにぎりが大好きという事が判明していて、ひかるが作ったおにぎりを「絶妙の塩加減が効いていておいしいルン!」と
言われていましたけど、同じご飯ものということで、もしもララちゃんがおにぎりと漬物とのりたま風味の焼うどんのセットを
食べられたとしたら「なにこれ、おいしいルン~♪」と言われるのは間違いなさそうなのルン・・~♪

もしもララちゃんが地球のとあるラーメン店で黙々と超大盛りラーメンを一気に食べられている「ラーメン大好き小泉さん」の
無愛想美少女JKヒロインの小泉さんの様子を目の当たりにされたら、
「地球にはすごいJKさんがいるルン・・」と「オヨ~!」と感嘆しつつも言われそうですけど、
同時に「ヘンな人ルン・・」とも呟かれそうですね~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ふりかけ

ふりかけは私も大好きです。

そうしたふりかけをイメージさせたカップ麺としての
焼うどんもあるのですね。
そのふりかけが丸美屋さんというのも本格的なものを感じさせてくれていると思います。

仰る通りこのコラボ焼うどんはごはんにもとてもよく合うと思いますし、ララでなくても「おいしいルン」と
本当に言ってしまいそうです。

すてきなコラボ

ふにゃん 様

この丸美屋さんのふりかけと焼うどんは見事に融合していて、成功した組合せだと思います。

白いご飯との相性も断トツだと感じます。

ララちゃんだったら「おにぎりもおいしいけど、ふりかけご飯もふりかけとコラボした焼うどんもおいしいルン!」と
言われるのは確実だと思いますルン!

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |