fc2ブログ

プロフィール

ぬくぬく先生 

Author:ぬくぬく先生 
開設当時は、1980年代吹奏楽コンクールの花輪・秋田南・就実・仁賀保・屋代等の素晴らしい演奏を後世に少しでも伝える事が出来ればいいなと思ってこのブログを始めたのですけど、いつのまにか「東方Project」がメインになってしまいました・・・
最近は「艦これ」も大好きです!!
吹奏楽も東方も自分が感じた事を少しでも後世の方に受け継がれるべきものが残せればいいかな・・と思っています。
ちなみに、「大好きプリキュア四天王」は、ドリーム・メロディ・ハッピー・ラブリーです。
ドリームとメロディは自分の中では既に殿堂入り状態ですけど、
現在はラブリー大好き!!のラブリー一辺倒です!!
リアル社会では、建築関係のクレーム&アフター責任者を専従し、毎日毎日クレーム対応に当たる日々です。
裏の顔は東方と吹奏楽とクラシック音楽一辺倒です・・・
特に特に大好きな作品は・・・プリキュア5とスイートとハピネスチャージです!!
ちなみに、奥様は・・・ミルキィローズとセーラームーン好きの管理人以上のおこちゃまです・・・
東方で大好きなキャラは、とにかく大好きキャラがてんこ盛りで、全員大好き!という感じなのですけど、特に、さとり様・ゆかりん(紫様)・早苗さん・こいしちゃん・アリスはお気に入りです!!
吹奏楽では・・ネリベルの「二つの交響的断章」と「アンティフォナーレ」、スパークの「ドラゴンの年」、リードの「オセロ」と第二組曲「ラティーノ・メキシカーナ」、パーシケッティーの「仮面舞踏会」、C・スミスの「ダンス・フォラトゥーラ」などが死ぬほど好きで、クラシック音楽では、ウォルトンの交響曲第1番と矢代秋雄の交響曲、プロコフィエフの交響曲第5番、アーノルドの交響曲第2番、第4番、ショスタコの交響曲第7番「レニングラード」、マーラーの交響曲第3番「夏の朝の夢」、ハンソンの交響曲第2番「ロマンティック」、ストラヴィンスキーの「火の鳥」、ベルクの「ヴァイオリン協奏曲」、ラフマニノフの「交響的舞曲」などが大好きです!!
クラシック音楽を吹奏楽にアレンジし、そのコンクールヴァージョンの演奏としては・・・
1982年の就実高校の「幻想舞曲集」と
1987年の習志野高校の「ダフニスとクロエ」第二組曲の演奏、そして、
1987年の雄新中の「エルザの大聖堂への厳かな行列」が
まさに私の「原点」です。
最後に・・・
私の吹奏楽との関わりの真の意味での「原点」は・・・
1979年の市立川口高校の神がかり名演としか言いようがない
「二つの交響的断章」に尽きると思います!!


アクセスランキング

[ジャンルランキング]
日記
37位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
会社員・OL
7位
アクセスランキングを見る>>

最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


カレンダー

08 | 2023/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム


一般的に「僕・ぼく・ボク」は男性が用いる一人称だと思うのですけど、
(私自身は、「僕」と自称した事は一度も無いと思います・・)
アニメ・ゲーム等の創作作品においては、一人称に「僕・ボク」を用いる女性キャラクターが一定数存在し、
萌え要素の一つとなっていると思われます。
リアル社会で、女の子が「ボク」と名乗ったら少しドン引きするのかもしれないです・・
それと日本の企業社会においてもなんとなくですけど50代から上の男性において、時折一人称において自らのことを
「私」ではなくて「僕は・・」という方がいますけど、私的にはとてつもなく違和感を感じたりもします。
(個人的には一人称での僕という表現が許されるのは小学生・・ギリギリ中学生ぐらいまでなのかな・・と感じたりもします。)

ボクっ娘とは、一人称に「ボク(ぼく、僕)」を用いる女性を言います。

リアルにおいて、思春期になっても「ボク」という一人称を使い続ける女の子は「創作にかぶれた痛い子」扱いされることが多く、
中学以降は激減の傾向があると思いますが、稀に成人でも使い続けている女性がいたりもします。
一部の地下アイドルなどがキャラ付けのためにあえてボクっ娘を演じている例もありますし、
「ボク」という特殊な一人称を使うようになった具体的な理由付けとして、例えば・・
「家の事情で男性として育てられた」・「男性と張り合うため」とか「昔の彼氏にそうした一人称を使うように強制された」など
その辺の複雑な事情もまたボクっ娘の魅力なのかもしれないです。

イメージとしてはボクっ娘は、ボーイッシュ・中性的なキャラクターという感じもするのですけど、
必ずしもそうとは限らず、むしろ幼さとしてのイメージを彷彿とさせるキャラもいるような気もします。
例えば、ハートキャッチプリキュアのいつきのように、登場当初何らかの理由により男装していた少女が
男装を解いた後も一人称はそのままでボクっ娘になる場合もありましたし、
元は男性だったキャラクターが、男性キャラクターと女性キャラクターの中身が入れ替わった結果
ボクっ娘となった場合もあったと思います。

アニメ・ゲーム等を見ていると、意外と言うか結構な数の僕っ子というかボク娘ががいたりしますけど、
現実社会では、こうした一人称が「ボク」という女の子はほとんど見た事がありませんし、
もしもリアルでそうしたボクっ娘を見ると、感覚としては「痛い子・・」と感じてしまうのかもしれないです。
アニメや漫画、美少女系ゲームで意外とボクっ娘が多いのは、
似たような可愛い女の子が多く、誰が誰だか見分けが付かない作品が多かったりもするので、
こうした第一人称の呼び方等で「差別化」・「区別化」を図っているのが原因なのかもしれないのかなと思う事もあります。

私が小学生の頃、そう言えば一人だけクラス内にボクっ娘」いました。
たしかあの娘も相当な漫画好きだったような記憶があります。
うちの奥様も初期の頃は確か「ボクっ娘」だったような記憶がありますけど、
結婚して一緒に住むようになってからは、自分の事を「ボク」と呼ぶことはさすがに無くなりましたけど、
それでは初期の頃のあれは何だったのかな・・・? もしかして演技の一つだったのかな・・??
アニメや漫画を極度に好む女の子の中にボクっ娘が稀に存在しているという事は知ってはいましたし、
確かにうちの奥様は昔も今も、結構な「アニメおたく」なのは間違いでは無かったのですけど、
結婚して以降は、第一人称は、「〇〇ちゃんは・・・」(〇〇は自分の本名から子を除去したもの・・・)に変化し、
第一人称は自分の名前という究極のナルシストみたいな感じに変容していました・・
というかこの年になっても第一人称が〇〇ちゃんというのも何か明らかにヘンだと思うのですけど、
ずっと言われ続けていると、今では全然ヘンとも感じなくなったのは
単なる「慣れ」なのかもしれないですね・・
第一人称を自分の名前で呼ぶキャラというと、「物語シリーズ」の千石撫子をすぐに思い出しますけど
考えてみると、千石撫子のあのウェットな感じ、おどおどした感じ、自己愛が強いところ、
自分の中に閉じこもってしまう所は、うちの奥様とよく似ている部分があるかもしれないです。
案外第一人称の呼び方と性格には相似関連性が多少はあるのかもしれません。

アニメの世界にえけるこうした「ボクっ娘キャラ」を挙げてみると・・

〇国広一 ~ 咲-Saki

〇安心院なじみ ~ めだかボックス

〇艦娘の最上・時雨・松風 ~ 艦隊これくしょん

〇ねこにゃー ~ ガールズ&パンツァー

〇バハムート ~ 絶対防衛レヴィアタン

〇東ひなた ~ かなめも

〇斧乃木 余接 ~ 物語シリーズ

〇明堂院いつき ~ ハートキャッチプリキュア

〇白鬼院凜々蝶 ~ 妖狐×僕SS

〇スナネコちゃん・かばんちゃん・キタキツネ ~ けものフレンズ

〇ココナツ ~ ネコぱら

〇輿水幸子・二宮飛鳥 ~ アイドルマスターシンデレラガールズ

〇本城香澄 ~ Re:ステージ!

〇ドロシー・ウェスト ~ プリパラ



「かなめも」は原作も既に連載終了となっていますし、アニメも正直あまり話題にならないで2009年に3ヶ月で
終了してしまいましたけど、かなめもに登場するボクっ娘の東ひなたはとても印象的なキャラだったと思います。

原作は「きらら MAX」に収録されている四コマ漫画ですけど
登場人物は、代理の天野以外は全員「ゆるくてヘン」というキャラばかりでしたけど
この東ひなたは、その中でもまだまともな方でした。

ひなたは、万年浪人生で、お金大好き!!キャラでした・・

原作版の主人公、中町かなは、段々と周囲の人間たちの悪影響が(?)ひどくなり
初期の頃の天使のような感じが段々と「黒化」していったような感じもしなくはないのですけど、
アニメ版は最後まで天使のように優しいゆるい頭の悪い女の子でしたね・・・

6745444.jpg

「物語シリーズ」の斧乃木 余接(おののき)は、ボクっ娘でも不思議なキャラだったと思います。
それは怪異みたいなものだから仕方が無いのかもしれません。

2013年暮れに放映された「物語シリーズ・セカンドシーズン」は「恋物語」の中での貝木との会話が実にシュールで
あのあたりはゾクゾクとしたものです。

そういえば斧乃木ちゃんは、八九寺の成仏の回でもも素敵な味を出していたと思います。

_convert_20200204113256.jpg

Re:ステージ!ドリームデイズ♪の6人のJCさんの中で、私が特に大好きだったキャラは2年生の本城香澄ですね~♪

「Re:ステージ!ドリームデイズ♪」はポニーキャニオン×コンプティークによるアイドルプロジェクト作品を
オリジナルアニメ展開した作品と言えます。
話の概要としては、早い話がスクールアイドルを目指している女の子たちが、中学生アイドルユニットNo.1を決める大会
「プリズムステージ」での優勝を目指して頑張っていくという王道的展開であり、
話としては「ラブライブ!」や「ラブライブ! サンシャイン!!」と大変よく似ている側面はあるのですけど、
Re:ステージ!ドリームデイズ♪は高校生を対象としたラブライブと異なり、中学生の大会を舞台にしていて、
ラブライブ!は各学年が3人ずつの9名構成であるのに対して、Reステージ!の方は1年生=3人、2年生=1人、3年生=2人と
構成が異なっている点が大きな違いと思われます。
ラブライブシリーズは本選では優勝を果たして大団円となるのですけど、Reステージのアニメ版では本選で残念ながら
優勝は逃してしまったことも違いでもあったりします。
共通点としては、ラブライブシリーズもReステージもどちらかというと「3年生にヘンな人が多いというのかハイテンションの
人が多い」という事も挙げられそうです。

本城香澄は6人の中で唯一の2年生で、クールなボクッ娘という設定がとても素晴らしかったです。
(上記画像では一番左端の最も背の高い子です)

クールな見た目&王子様的な性格に反し、女性的なメリハリのある抜群のプロポーションもアイドルの鑑だと思います。

本城香澄は元々はアイドル志望という事で、ボイスも歌唱力もプロポーションも大変優れた才覚を秘めていました。
ある時アイドルへの登竜門的な考えでボーカロイド的な人工音声のオーディションを受け、それに合格し
その人工ボイスの声と歌の元の声質を提供していたのですけど、あまりにもその人工ボイスとその架空キャラの人気が高く、
本城香澄は「それでは自分の存在意義はどこにある」とか「誰も私そのものを見てくれない・・見てくれるのは架空キャラの
声と架空の合成キャラの姿だけ・・」と思い悩み、結果的にアイドル活動そのものを諦めてしまったという経緯が
あったりもします。
第3話にて、本城香澄が菜と紗由・かえの説得を受け入れる形で再度一度は断念したアイドルの道をもう一度目指してみようと
決意する話はこのアニメの屈指の名場面の一つであったりもします。

456178e1-s_convert_20140909193704.jpg

「絶対防衛レヴィアタン」は知る人ぞ知る超ウルトラマイナーアニメですけど、2013年当時、私はこの作品は
大好きでした!
(レヴィアタンはうちのブログでも結構何度か登場していました・・)

このレヴィアタンの主要キャラのバハムートは、典型的な「ボクっ娘」でした!

わがままお嬢様で、すく゜に投げ出しちゃったり、寂しがり屋で、打たれ弱いところは、
「ハピネスチャージ」のひめそっくりですルン・・

hpvol23-sunshine04_convert_20140909194236.jpg

プリキュアシリーズ唯一の「ボクっ娘」キャラはハートキャッチの明堂院いつきです。

いつきの場合、「ボクっ娘」というよりは「男装の麗人」というイメージの方が強いのかもしれないです。

プリキュアに変身すると、いつのまにか第一人称が「ボク」から「私」に変わるのも面白いものがありましたルン~♪

蛇足ですが、僕っ娘に対して、
第一人称が「俺」・「オレ」というオレ娘もたまにいたりします・・・
パッと思いつくのは、ジャンプSQで連載していた「クレイモア」のレイチェルというゴリラ娘(?この「クレイモア」ですけど、
この作品は、第8巻の「北の戦乱」あたりまではとても好きな作品でしたけど、
その後のグダグダ展開は今一つでしたし、登場人物たちのインフレ的にやたら強くなっていく様子と
化け物ばかりの雰囲気は、私にとってはドン引き状態でした。
あの作品は、12巻以降は私の個人的な感想としてはクズ作品化していったと断罪せざるを得ないのですけど、
初期から中盤があまりにも素晴らしい神展開作品でしたので、そのギャップが惜しまれるものがありました・・

東方作品ではこうした「ボクっ娘」キャラは一人も存在しないのですけど、東方キャラでこうしたボクという第一人称が
お似合いそうなキャラってあまりいそうもないと思うのですけど、強いて言うと、にとり・ナズーリン・リグルあたりなのかな・・?
古明地姉妹はそういう「ボク」という人称は使用しそうにもないですけど、さとり様がもしも自分の事を「ボク」と呼んだら
それはそれで面白いのかもしれないです。
(さとり様というと、本日、3月10日は「さとり様の日」てせもあります~♪)
妖夢も少しだけ似合いそうなのかもしれないです・・
妖夢がもしもですけど「ゆゆ様はボクが最後まで御守りする!」と言ったら結構それはそれで似合うのかもしれないですけど、
実際には、ゆゆ様の力は底なしで無限大に強いのですから、
妖夢の力を借りる事はなさそうなのルン~♪
関連記事
スポンサーサイト



コメント

ボクッ娘

ボクっ娘とか僕娘というとなんとなくですけどアニメや漫画が好きな中学生当たりの女の子を連想させてくれそうだけど、なんとなく狙っているみたいな印象もあるのかもしれないですね。

昔ですけど、女の子だけどボーイッシュ風な子が自分の事を「オレ」と呼んでいましたが、
オレ娘に比べたらボク娘の方が全然可愛げが
ありそうなのかもですね~

ボク娘というと特にプリパラのドロシーの印象がとても強いです!

オレ娘・・

ふにゃん 様

そうそう、稀にですけど女子プロレスとか漫画でも見かけたりしますけど、古い漫画では
「クレイモア」のゴリラ娘とも揶揄されそうなレイチェルの「俺が・・」といった俺娘ぶりはとても印象的でも
ありました。

それに比べたらボクッ娘は中性的でどことなくのどかで平和な雰囲気もありますので、いうまでもなくこちらの方に
親しみは感じそうです。

プリパラのドロシーはやんちゃだけどとてもかわいいですね~♪

ドレッシングパフェは、ボクっ娘、男の娘、漢女と個性が揃っていて見ていてもとても楽しいです~♪

恐ろしいことに昔リアルの友人に腐女子のボクっ娘がいたのですがジェンダーレス化社会とはいえやっぱりボクっ娘は三次元でやるものじゃないですね。「腐女子界隈では普通なのかな」と当時なんとなく納得していましたが改めて考えるとキャラ付けにしてもなかなかアレだった気がします…w
二次元でいえばボクっ娘は王道的萌え要素ですし、ニチアサに生きてる大きな大友達としてはハトプリのいつきは忘れられない存在です。変身すると一人称が変わるのハートキャッチされちゃいますよね。

オレっ娘はボクっ娘に比べると少しばかりレアかもしれませんけどこっちも大好きです。強くて格好良くて時々乙女みたいなキャラ性がボクっ娘以上にくっきり描かれることが多くてドキドキします。うる星やつらの竜之介とかオオカミさんシリーズの大神さんがオレっ娘として強烈に記憶に残ってます。

ボク・・

schwert 様

リアルでは私より1~2廻り上の世代ですと男性の会話での第一人称で「ボク」を使用する方も
かなり多かったような印象もありますが、ボクというとなんとなく小学生の第一人称という感じがあり、
実は今でもボクという呼び方には抵抗を感じたりもしますし、私自身はこの第一人称を使用する事はまずないです。

そのせいもありリアルで稀にいる女性の「ボク」という第一人称はなんとなく「痛い子」みたいな感じもありますし、
ジェンダーに関係なくこの呼び方はリアルでは違和感をつい感じてしまいます。

だけどそれがアニメ等では違和感を感じないのは不思議なものですね~

特にハートキャッチのいつきの場合はそこに男装の麗人という事もあり、自分の本音を隠してのボク表現は
それはそれで共感するものはありそうです。
(最終回でのいつきのスカート姿はむしろとても新鮮でした)

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |